縁がわ便り

日々の生活の中で、フト心に留まった人やもの、そして風景を描きとめています。

小春日和に・・・o(^▽^)o

2012-11-27 | オットト!美大生
一昨日、私にとっては今年度の最後の試験(??追試なんてことは・・ナイ!と勝手に信じて??)が終わりました。 「絵画空間論」でした。 平安絵巻の中の一場面について絵画空間を中心に論ずる・・・というもの・・・ 一応日本画専攻の身ですので、そう間違ったことは書かなかったつもり・・・? しかし・・・昨日、しまった・・あれも書くべきだった・・・なんてかなり大事な技法について書き落とした~~と、フイに頭に浮かんだものの・・・後の祭り・・・ 試験開始後30分くらいで解答用紙を提出し、大急ぎで乃木坂の国立新美術館の「日展」会場へ。

先輩から我らが師の一人のH先生が審査員の一人として参加され、そのH先生から聞いた話として『今年はいい作品が揃っているのでぜひ見たほうがいい』と伝えられていたのです。 試験は午後でしたので、急いでも4時近くになりましたが、4時からトワイライト券で入場でき、一般は1200円が300円に、学生はなんと200円!!で入場でき、ほんとに得した気分

作品は、さすがにお~~と驚くような大作ばかり・・・胡粉を見事に使いこなしている作品が何点もあり、参考になりました。 モチーフも多岐にわたりしみじみ心に響くもの、元気をいただけるもの、(メ・ん・)?と理解に苦しむものもあって、大いに楽しむことができました。 中に滝かと思われる一筋の流れが真っ赤に燃える炎の中に落ち、両脇に杉木立と思われる深い林・・・という作品があり・・・これが我らが師のH先生の作と知って驚きました・・・それでは滝と思ったものは光の束だったのか~~?? 不思議なパワーを感じる作品でした。 

H先生には11月16日~18日の間日本画Ⅳの前半スクーリングでお世話になりました。 日本画の先生達は一人一人の学生のことをよく把握されていて驚くことがありますが、スクーリングも楽しく(そのうちそんな悠長なことは言ってられなくなるらしい・・・?)、特に何でもはっきりズバズバ話されるJ先生は楽しいのです。 年配の学生が多いせいで、『「これから先何枚絵が描けるか~~」なんて言う学生が多いので、「すぐ後に続くからあの世で膠を溶いて待ってなさい」って言ってるのよ 』なんて、優しい??お言葉 あの世で先生を歓迎して待てるくらい日本画にのめり込めたら幸せですが・・・ 後半スクーリングは12月7日から始まります。

美術館では、前回のスクーリングで友人が人体デッサンで使っていたお洒落な、ドット・フラーワーズ・クレヨンをゲットして大満足。 H先生も持っていらっしゃるとかで『でも、一生懸命試したけど、それぞれのクレヨンは見かけほどはっきり使い分けられない・・・』そうですが・・・

日本画Ⅳの後半スクーリングの1週間後に日本画Ⅴのスクーリングを受ければ、今年度のスクーリングは全て終わりとなります。 目下作品課題に取り組み中・・・なんとかスクーリング前に提出したいものですが・・・ 


鷹の台校への玉川上水沿いの通学路では紅葉が始まっていました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

無事終了~~♪

2012-11-02 | ペン画スケッチ
ほんの軽いノリで参加申し込みをした、「21世紀オール青山美術展」が10月31日に無事終了いたしました。 今回は自分でもどんな感じの美術展なのかよく分からないままでの参加ということもあって、ほんの親しい方だけにDMを送らせていただいたにもかかわらず、ブログで知ったとムサビの先輩をはじめ何人かの友人・知人が大崎に足を運んで下さり、本当にびっくり、と同時に心から感激いたしました。 ご来場いただいた方々、本当に本当に有難うございました

美術展の運営は、美術展代表の平岡久治氏はじめ先輩たちがすべて、組織的に運営して下さり、ほんとうにスッキリとしていて、これまた感心するばかり!! 最終日には全員の作品の写真集まで配られるという手際の良さ。 これには本当に参りました~~ 有難うございました。 

これまで描いてきたペンスケッチが、油彩や日本画などの作品の中でどんなふうに見えるのか、知りたいと思ったのが、そもそもの出品の動機でした。 その意味では、皆さんこれまでにない描法ということで、新鮮な気持ちで見てくださったようでした。 ひたすら根気の紅葉風景が、その細かさゆえに、目を引いたとも言えるのかもしれないという印象をもちました。 透明水彩本来のさわやかなうす塗りではなく、今回は一部ガッシュも使った、油絵風の作品になっているのも、個性的という言葉で評されたのかもしれません。

今後は、できれば日本画で参加したいと思いますが、こうした美術展では今回のようなペンスケッチの方がインパクトがある絵になるのかも、かも??な~んて思ったりしています 今回はお気軽参加ではありましたが、色々な方々とも知り合うこともでき、参加して良かったと思っております。


冒頭の写真は、美術展参加者の写真集の一部。 右ページ上が私の「渓谷の秋」です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加