縁がわ便り

日々の生活の中で、フト心に留まった人やもの、そして風景を描きとめています。

梅雨も明けぬのに・・・

2009-06-29 | ペン画スケッチ
大雨が降ったかと思うと、スッキリと青空。 暑くなったり、梅雨冷えだったり・・・ べたべたと蒸したり・・・ このところの、目まぐるしく変わるお天気に、さすが元気印?の私も、ついていけません・・・ 梅雨が明けないうちから、もう夏バテ気分

東京36景のことを考えると、鬱陶しさは更に倍増  気分転換に傘をさして散歩に出てみると、公園に差し掛かったところでポトリと傘に何かが落ちてきてドキリ!! 見上げた先に、小さな濃赤色の実をびっしり付けたヤマモモの木が・・

そういえば、毎年、梅雨の頃にヤマモモが実をつけるのを楽しみにしていたのです。 例年、散歩の途中で実を一つ二つとって口に入れ、甘酸っぱい野生の味を楽しみながら、いつかジャムにしてやろう、と狙っていたのですが・・・ 公園内の木の実の収穫はどこに断ればいいのか?(それとも、みんなの公園なのですから欲しければ誰に遠慮がいるものか・・・でいいのでしょうか?) それでも、やはりチョッと億劫・・・まぁ、いいか・・・ で今年も終わりそうです・・・ 

それにしても、ヤマモモの実はあまり知られていないのでしょうか、実が道にたくさん落ちていて・・・もったいないなぁ(貧乏性・・・)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

みちのくの しのぶもじずり・・・

2009-06-24 | ペン画スケッチ
みちのくの しのぶもじずり たれゆえに
      みだれそめにし われならなくに・・ 

なんて恋の歌が小倉百人一首に載っている・・・とは、このねじばな(もじずり)の絵を見て夫がポツリ・・・なんでも中学時代の国語教師が、斎藤茂吉の弟子だったそうで、かなり熱く短歌について語られたそうな・・・

フ~ム、それは素敵な先生に出会って幸せだったこと・・・それに引き替えこの私は、小中高を通して、そういう熱い授業を受けた、という思い出は・・・ない(多分)・・・ 

悪戦苦闘中の「東京36景展」の全紙は、未だに先が見えない状態なのに、どこかで楽しんでいる自分がいます・・ 気が付けば、またもや、今まで描いたことがないようなモチーフに挑戦中・・・ 描きたいものを勝手に描いている(エッ、出来上がり?? そんなことは・・シラナイ・・・)とはいえ、なんともシンドイ・・・とにかく、なんとか6月中には目途をつけたい!・・・なにせ、失敗したらもう1枚ですので・・・・

で、今日も息抜きに、散歩の道すがら見つけた、ネジ花とヒメジオンを描きました。 らせん状に花をつけるネジ花は野生のランの一種とかで、小さいながらランの花の形をしています。 

そして、毎日観察している金魚の子供は体長が4ミリくらいになって、目玉が目立ってきました~~ 

 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨の晴れ間に

2009-06-17 | ペン画スケッチ
ここ何日か夕方になると決まって雷を伴う大雨・・・   散歩もできずにの~んびりしているうちに、何となく体が重い感じに・・・・マズイ  そこで、今朝は雨が降らないうちにたっぷり1時間のウォーキング。 行きは涼しい風の中を歩いていたのですが、そのうち8時前というのに太陽はすっかり真夏の日差しになってきて・・・汗だくだくのウォーキングに・・・

それでも、道すがら白い花をつけた野の花がたくさん目につき、ちょっと手折ってきて、久しぶりに描いてみました。 ドクダミの純白の十字の花は毎年、梅雨空のもとで周りを明るくしてくれますし、葉に細かく柔らかな毛をたくさん生やし、何本もの赤いランナーを地面に走らせているユキノシタは、ツンと延ばした茎の先にたくさんの小花をつけて揺れています。 秋に咲く十文字草と同じ花なので最初はちょっと驚きましたが、同じ仲間の花と知って納得したのは約10年ほど前のことでしょうか・・・

ササッと描きながら、2か月ぶりのスケッチと色塗りにやはり心が弾みます。 目下、東京36景展に向けて、悪戦苦闘中とあって、いい息抜きになりました~~

心弾むことがもう一つ。 我が家の金魚が今年初めてホテイ草に卵を産みつけたのを1週間ほど前に発見。 ワクワクしながらホテイ草をバケツに移して様子を見ていたところ、今朝体長2ミリほどの子供がスイスイバケツの中で泳ぎまわっていたのです 赤い金魚の色になるまでにどのくらいかかるのでしょう? しばらくはバケツを覗きこんではニヤニヤする日々が続きそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨入り

2009-06-13 | あれこれ
ついに、梅雨入りとなりました。 梅雨に入る前になんとか、東京36景のスケッチポイントだけでも決めなくては・・・と、このところこれでも真面目に歩きまわっておりました~~ で、ようやく2か所、ここなら、と思えるポイントに出合いましたが・・・・実は、ほんとうに大丈夫か??と内心思えるようなポイントなのです とにかく、描いてみないことには始まりませんが・・・(なんだか思わせぶりな言い方ですね・・・)

このところ、季刊「銀花」の2009年夏号の特集に組まれた詩人の加島祥造氏の、タオイズムに裏打ちされた、「受け容れる心」を考えています。

    ・・・・受け容れる
       あなたに起こった偶然を
       偶然に出会った人を
       偶然に行った場所を
       受け容れる
       その時君に閃くものがある
       それを
       大切にすることだ

       なぜって、
       偶然とはどこか高いところから来て
       何か大きな力で
       働きかけるものだからさ・・・・

受け容れて、求めない・・・都会を離れ、長野の伊那谷に住みつき、ここ数年は毎年1か月ほどバリ島で思索するという彼の深い思想を少しでも感じとりたいもの・・・ 偶然出会ったスケッチポイントを無心で描いてみたいと思うのですが・・・(なんてことを言いながら、実は2箇所のスケッチポイントのうち1つはどうやらお笑い系になるかもしれないのです・・・・・) いやはや、一体どうなる事やら・・・まだ2か月もある、とのんびり構えているうちに、早くも2週間が過ぎてしまっていますし・・・・ 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

遅ればせながら~~皇居の桜

2009-06-07 | ペン画スケッチ
皇居の桜スケッチにやっと手を入れました。 桜を雲のように・・・いやはやなんとも難しく手こずりました~~
桜を描くのは10年早い~~と思い知りました~~

F8  ストラスモア
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぐ~たら・・・脱出??

2009-06-01 | あれこれ
さて、さて、6月に入りました~~ 

ここらで、少しネジを巻かないと・・・後で困ることに・・・とは思いつつ・・・(最低限の家事だけは一応こなしてはおりますですが)・・・なんとも気合いが入らず、ぐ~たらしておりました・・・ 

しかし、しかし・・明日からはお天気も良くなりそう!! 鼻風邪もおさまったことでもあるし、なんとか梅雨に入らぬうちに、谷根千、上野界隈を探索するつもり・・・

パラパラめくっていた雑誌の中で見つけた、愉快な仙台の百想こけしに元気をもらったような気がしています。 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加