縁がわ便り

日々の生活の中で、フト心に留まった人やもの、そして風景を描きとめています。

心から平和を!!

2017-08-06 | あれこれ
72回目の広島「原爆の日」を迎えました。 120か国を超える国によって、「核兵器禁止条約」が7月に採択されるなど、世界的に核廃絶への動きは高まっているものの、核保有国に加え日本も条約不参加という現実があります。 そして、現に核開発を進め、世界に恐怖を与えている国の存在もあります。 しかし、それでもなお、人類の英知を信じたいのです。 平和こそが地球上のすべての生物や自然の命なのだ、、、と。


今朝の毎日新聞の「季語刻々」に引用されている句にが胸に迫りました。  

「一瞬にしてみな遺品雲の峰」  櫂 未知子


そして、学徒動員先の広島で被爆した平山郁夫の「広島生変図」と共に、戦争の凄まじさを想い、平和への強い希求を新たにしています。 平山氏は広島の空を覆いつくした猛々しい炎と真っ黒に焼け落ちた広島の街を想い、「あの炎にも焼き尽くされず生き残ったもの、それを描かねばならない」との思いから被災者たちの絶叫と再生への願いを、炎に包まれながら立つ不動明王を天空に配して描いており、それは「生きよ!」と見守る不死の魂を捉えたと言われています・・・ 平和について真剣に考えることの大切さをあらためて胸に刻みながら、一方でもどかしい思いで一杯です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 足元に花(8) | トップ | インフォームド コンセント... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たにむらこうせつ)
2017-08-16 15:53:24
戦争の無い世界を望みたいです。
でも今の人間達は愚か!
おそらく戦争は続くでしょう。
悲しいですね。
祈りましょう、戦争が終わることを!
こんばんは (のり)
2017-08-16 22:10:41
コメントありがとうございます。
やはり、悲しい現実はなくならないのでしょうね・・・
せめて祈りの力を信じて生きていきたいものです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あれこれ」カテゴリの最新記事