トグルスイッチ式青空

野村行央さんが、あることないこと、色々と報告します。

SideM・3rd・静岡・2日目

2018年04月30日 | 日記
「アイドルマスター・SideM」のライブビューイング(静岡公演・2日目)に参加。なるほど、「MOON NIGHTのせいにして」が、前半に披露されたのは、後半に「DRAMATIC STARS」によるソロ曲リレーが配置されていたからだったのか……。八代さんはにこやか、内田さんは情熱的、仲村さんは爽やか。「High×Joker」は、仙台公演に引き続き、バンド編成でのパフォーマンスを披露。永塚さんのショルダーキーボードが床に落ちてしまう(たぶんストラップが緩んでいた)というハプニングがあったのですが、他のメンバーが、これを茶化すような感じで乗り切るという、見事なリカバー。この機転は素晴らしいな、と感心しました。「S.E.M」による「Study Equal Magic!」のタケノコダンスは、相変わらずキレキレ。「FRAME」との秘密のデートは3回目(笑)ですが、毎回、演出が異なっていることに、驚かされます。ああいうシチュエーションって、一体、誰が考えるのかな……。初日は笑顔が目立った「Altessimo」ですが、お2人の真骨頂は、シリアスな「Never end 『Opus』」にあるのではないでしょうか。何度か見ているはずなのに、ミュージカル調の演出に、うーん、引き込まれましたね。「Legenders」の駒田さんは、古川さんに勝ると劣らない声量。中性的な汐谷さんには、他のキャスト陣にはない、独特の魅力がありますね。それでいて、中島さんのソロ曲では、バックダンサーとして、ドスケベなダンス(もっと他の表現はないのか)を披露と、何やら可能性を感じます。千秋楽ということもあって、この日はサプライズゲストが登場。益山さんも菊池さんも、良い笑顔でした。
コメント

SideM・3rd・静岡・初日

2018年04月29日 | 日記
「アイドルマスター・SideM」のライブビューイング(静岡公演・初日)に参加。「DRAMATIC STARS」は、「MOON NIGHTのせいにして」で大爆発。3人とも、「脂が乗っている」とでもいうのか、観客の心をつかむのが上手いですね。「W」のパフォーマンスは、相変わらず、目が離せません。オープニングのシュートは、ぜひ決めたいところでしたが、ああいうおっちょこちょいな感じも、個人的には、また良し。実際、盛り上がればOKなんじゃないかな、と思ってしまいますよね。真面目そうな菊池さんは、そうは考えられないかもしれませんが……。メンバー全員がヒーローボイスの「FRAME」ですが、「Swing Your Leaves」のようなラブソングも、なかなかいけますね。月9っぽいムードの漂うメロディーラインが、たまりません。「神速一魂」のお2人は、内田さんも言及されていましたが、ビジュアルが大層ハイスペック。益山さんの体の使い方の上手さには、感心しっぱなしでした。何をやっても様になるんですよね。天性のものなのか、後天的に習得したものなのか、どちらでしょう? 後者ならば、そのコツを聞いてみたいところ。ボーカルモンスター・古川さんを擁する「Café Parade」は、この日も圧巻の出来栄え。声量で観客の注目を集められる古川さんは、やはりセンターに配置したくなります。「Reversed Masquerade」は、間奏でのサイドキックが好き。「Altessimo」は、この日は明るめの曲が多かったですね。永野さんの弾けるような笑顔が印象に残っています。要の山下さんが不在でありながら、「彩」のパフォーマンスは、お2人とも、堂々としたもの。 お見事!
コメント

むしゃむしゃ

2018年04月28日 | 日記
「むしゃむしゃ」という擬音が最も似合うのは、サンドウィッチのレタスを口に入れているときだと思う(超個人的な感想)。
コメント

甥っ子と姪っ子

2018年04月27日 | 日記
甥っ子と姪っ子の使い分けがわからない、という話をしたら、びっくりされた。覚えていなくても問題がないことは、たとえ常識であったとしても、覚えないのが野村さんである。
コメント

あの話

2018年04月26日 | 日記
IさんもWさんも、野村さんの知人なのだが、Iさんが言うには、Wさんは話が長い人なのだという。それを聞いて、「あのWさんの話の長さを僕はまだ知らない」というフレーズを思いついた。略して「あの話」である。
コメント