新年会報告Ⅰ

2018年02月22日 | 日誌

   



一期一会です。

2月18日、予定通り挙行いたしました。出席者5名(
欠席者
4名)。谷口三平さんが久しぶりに出席されまし
た。出席者全
員元気でした。ところで、今年2月14日
のバレンタインディ
で谷口さんが米寿を迎えられたとの
報告があり、急遽、「米寿
祝賀」の酒宴に切り替え、一
同祝杯を挙げることとなりました
(不手際申し訳ござい
ませ)。


また、近況報告で、幹事の方から、非営利組織の「環境
工学
研究所の8年間の活動報告と提案(※脚注、2、3)
。これに
対し、①具体的な代替事業案はでなかった。か
わりに、佐々
木さんから、「彦根・愛知・犬上 原発
のない社会をつくる会」への協賛の提案がありました(
下添付ファイル参照)。

※ 「彦根・愛知・犬上 「彦根・愛知・犬上 原発のな
   い社会をつくる会」入会へのお誘い
(依頼) 
※ 「3/24 同上総会と映画『知事抹殺の事実』」
  広報



以上、17:30~20:00の総会兼新年会(祝賀会)
を無事挙行できましたこと、心より感謝申し上げます。

                     幹事敬白



当日、家庭菜園の我が家の『檸檬』(いちごいちえ檸檬)
を一個づつお配りさせて頂きました。

♞ 幹事からのお願い

当会の皆様方のこれまでの活動についての、個人的な感
想とご提案や参考意見をお寄せ頂ければ幸甚に至る次第
です。

【エピソード】  

  

今後の活動(事業)の話では、例えば辻覚さん(株式会
社水都施工社長)の仕事と吉田敏夫さん(環境計量士)
と提携すればと自称クリエータ(幹事)が誘ってみまし
たが、会社を解散させるにもエネルギーがいるよネと辻
さんが満更でもない感触の答えが戻ってきました。「
ロ廃棄物事業」の構想イメージがあることを以心伝心し
たつもりです。

また、幹事としては「守る会」の新年会は今年で解散し
たかったのですが、茶話会(早い話が酒宴)はつづけて
いきたいという意思表示を手渡されたように感じました
が、翌々朝届いた谷口さんの礼状にもその旨が綴られて
いました。幹事としては、総括通り、「百パーセント再
生可能エネルギー社会」は実現できる(あるいは実現さ
せる)核心を持っていますので、具体的な事業展開フレ
ーズを迎えることになります。最低でも一人の同志が登
場すれば新境地を開拓できるものと考えています(年齢
ととは単なるナンバー,
"Age is just a number.“, Samuel
Ullman
)まるで、我が家の檸檬のごとく青臭い話であ
りま
すが。 

    

連載中
 『ごくとうごくらく』(環境工学研究所 WEEFブログ

 

【脚注及びリンク】
------------------------------------------------

  1. GPN スタッフ日記:「再生可能エネルギー連続講
    座」第2回(2/4)
  2. 『2018年度版:エネルギーフリー社会を語ろう!』
    ヤーコンを大集成 極東極楽 2018年01月30日 
  3. エネルギーフリー社会を語ろう!環境工学研
    究所 WEEFの活動概要と提案(当日のブリーフ)
  4. 琵琶湖の水質評価に新指標 県が導入検討、中日
    新聞 2018.01.19
  5. なぜ、かまぼこ屋がエネルギーのことを考えたの
    か❦
    No.1 極東極楽 2018年02月07日
  6. ぜ、かまぼこ屋がエネルギーのことを考えたの
    か❦ No.2 極東極楽 2018年02月08日
  7. なぜ、かまぼこ屋がエネルギーのことを考えたの
    か❦ No.3 極東極楽 2018年02月09日
  8. なぜ、かまぼこ屋がエネルギーのことを考えたの
    か❦ No.4 極東極楽 2018年02月10日
  9. なぜ、かまぼこ屋がエネルギーのことを考えたの
    か❦ No.5 極東極楽 2018年02月11日 
  10. なぜ、かまぼこ屋がエネルギーのことを考えたの
    か❦ No.6 極東極楽 2018年02月12日
  11. なぜ、かまぼこ屋がエネルギーのことを考えたの
    か❦ No.7 極東極楽 2018年02月18日
  12. 日本料理 水幸亭
  13. 滋賀県出身の人物一覧 Wikipedia  

-------------------------;----------------------

    

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日、新年会です。 | TOP | 新年会報告Ⅱ »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 日誌