65歳以上の参加者は元気です

月1回のハイキングには、会員および家族の参加で40名程の会員が集います。ハイキングの計画ははがき等でお知らせしています。

開花1日早かったぁ~

2019-03-21 09:15:24 | Weblog

 千鳥ヶ淵のソメイヨシノの開花に期待した「平成にさよなら皇居ひとめぐり」ハイキングは3月20日行われました。

 残念ですが千鳥ヶ淵のさくらは一輪だけ、開花には1日早すぎました。

  東京駅丸の内中央広場には61名の参加がありました。

 天気は快晴、4~5月の陽気となり10時の気温は19度と絶好のハイキング日和となりました。

 東京駅もまぶしそうです。

  参加者を確認後、皇居めぐり散策に出発しました。丸の内のオフィスビルもなんとなく暖かさが伝わってきます。

  10分ほどで桔梗濠に到着します。濠の向こうには巽櫓が歴史を感じさせます。江戸城の隅角に造られた監視と

  防御を目的とした櫓です。

  蛤濠から坂下門を通り二重橋に向かいますが、暖かさで上着を脱いでも快調に歩めます。

  二重橋には外国人の観光客も多く、さかんにデジカメ・スマートホンのシャッターを切っていました。

  私たちも記念写真に納まりました。

  さらに歩みをすすめ桜田門をくぐり

    桜田門を出たところで小休憩をとりました。

 

  桜田濠から国会議事堂が望めますが、今国会では参議院で論戦が繰り広げられています。

  テレビでおなじみの警視庁の建物も目の前ですが建物だけでは・・・・

  内堀通から三宅坂に向かいます。

  濠の土手には土筆が背を競っていました。

  一行は三宅坂から半蔵門を経由して千鳥ヶ淵公園に向かいますが道路(内堀通)の向こうには国立劇場が

  望めます。

  出発してから約1時間、千鳥ヶ淵公園に到着し小休憩となりました。

  公園のさくらは蕾のまま、今日の暖かさでも無理ですね。

  私たちは一行は千鳥ヶ淵戦没者墓苑に到着し、36万9、166 柱のご遺骨がこの墓苑に埋葬されています。

  大東亜戦争では海外の戦場において、多くの方々が戦没されました。

  今でも世界を見わたせば紛争が続出し、多くの犠牲者が出ており耐え難い苦痛を感じます。

  平成の時代も間もなく終わりますが、天皇陛下のお言葉にあるように、平成の時代は戦争がなく幸せな時代

  でした。

 

  この後、私たちは靖国神社に向かいましたが、・・・・

  東京のサクラの開花の目安とされる標準木ソメイヨシノは1綸しか確認できず、気象庁の開花宣言は

  明日になるのではないでしょうか。

  靖国神社参拝後、北の丸公園に向かい昼食休憩となりました。

  そこここにシートを敷いてお昼を食べました。

  1時間の昼食休憩時、気温は20度を越え持参した飲み物も、あっという間に胃の中に納まってしまいました。

  休憩後、本日2度目の全員写真を。撮影が終わると午後のウォーキングに出発です。

  午後の行程は平川門から大手町まで歩きます。ゆっくり歩いて北の丸竹橋で休憩とりました。

  途中、気象庁に立ち寄り天気予報などの設備を見学しました。

  見学後、大手門に向かいましたが気だるさが襲ってきたようです。

  しばらくして大手門に到着し、全員の無事を確認したあと解散となりました。

  参加者のみなさんお疲れ様でした。

  次回のハイキングは4月9日、「相模川・新磯(あらいそ)シバザクラ見物です。集合場所JR下溝駅(相模線)

  <写真、文責 久保川>

  

  

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2019年ハイキングが開始... | トップ | 暖かさに誘われて芝ざくらの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事