真実一路くんのひとり言

だれがやっても同じやとあきらめず、一歩ずつ
長いものには巻かれず、真実を大切にして。

特別天然記念物コウノトリ 城陽市で越冬

2020-02-07 | 山背の路

 城陽市の水生植物栽培の沼地にコウノトリが昨年12月に飛来して以来、越冬をしている。市によって民間に売り飛ばされた「文化パルク城陽」の南側。あたりは新名神の工事中で騒々しい。壊されていく自然に僅かに残された沼地で捕食するコウノトリの姿を見た。
 個体識別用の足輪から、この個体は2018年に5月に福井県越前市にある同県の飼育施設で生まれ、同年9月に足環とGPSを設置され放たれたメスの「ひかり」だといいます。GPSの記録によると同年、三重県明知町、愛知県日進市から千葉県館山市に移動し長期滞在。昨年12月15日に城陽市に飛来。



←応援よろしく

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 興味深い共産党の挑戦  小林... | トップ | 改定特措法 私権の制限 「... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

山背の路」カテゴリの最新記事