真実一路くんのひとり言

だれがやっても同じやとあきらめず、一歩ずつ
長いものには巻かれず、真実を大切にして。

九条ネギ生産に励む若者たち 京都・久御山

2014-10-02 | 農業

 京都府南部の小さな町(人口約1万6000人)、久御山町で若者たちが九条ネギの生産に励んでいる。若きネギーマンたちだ。

応援よろしく

ラーメン人気で九条ねぎ生産増 京都・久御山 京都新聞2014年10月01日

ネギ農家の村田さん(右)。社員は20歳代が中心だ=久御山町北川顔
ネギ農家の村田さん(右)。社員は20歳代が中心だ=久御山町北川顔

 ラーメン人気の影響で、京野菜の九条ねぎの生産が増えている。京都府久御山町内の6農家は昨春、JA京都やましろ久御山支店にネギ部会を発足した。JA京都やましろによる府南部のネギの集出荷の拠点施設が来春、同町中島に完成する。おいしい九条ねぎを出荷しようと若手農家が張り切っている。

 ネギ部会長の村田和弘さん(47)=同町北川顔(きたかわづら)=は、ネギの栽培面積をこの2年ほどで3倍の300アールに増やした。ラーメンの刻みネギの需要が増えたためだ。伝統の野菜苗の淀苗がメーンだったが、「価格が安定している」とネギの周年栽培を始めた。昨年からネギが売り上げの主力になり、1月、株式会社を設立した。

 社員は20歳代を中心に8人。ネギ部会の農家はいずれも若手という。「ネギづくり名人」と言われる村田さんの畑は、名古屋市のラーメン店も見学に訪れたという。研修生の渡部聖也さん(19)=同町佐山=は「前は板金の仕事をしていたが、農業はいろいろ学べておもしろい。独立もできる」と夢見る。(記事全文はこちら

 久御山町・島田の葱畑 撮影2014年9月26日

コメント   この記事についてブログを書く
« 10月1日(水)のつぶやき | トップ | 新基地建設に「反対する方が... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

農業」カテゴリの最新記事