真実一路くんのひとり言

だれがやっても同じやとあきらめず、一歩ずつ
長いものには巻かれず、真実を大切にして。

大企業内部留保 1000企業1年で23兆円増

2014-06-10 | 経済

  トヨタ15兆円、三菱UFG9兆円、本田技研6兆円、日産自動車4兆円…ためこんだ内部留保金。誰のおかげなんだろう。日本経済のまともな成長のために、ほんの、ほんの一部でいいんだから賃上げにまわせば。

応援よろしく

大企業内部留保 1000企業1年で23兆円増
トヨタ・三菱・3メガ銀…
1~4%使うだけで1万円賃上げ可能   しんぶん赤旗2014年6月8日

2013年度に大企業1000社の合計で、内部留保が前年度より23兆円以上増えていることが本紙の調べでわかりました。

 この調査は経常利益(連結)上位1000社を対象に集計したもの。12年度は16兆円程度の増加でした。13年度は、増加のペースが大きく上がっています。

 このうち、内部留保を1年間で2000億円以上増やした企業は22社にのぼります(12年度は16社)。内部留保の増加額が最も多いのはトヨタ自動車で、1年で1・4兆円も増えました。消費税増税前の駆け込み需要や円安の影響などで、利益が大幅に増えたためです。

 三菱自動車も利益を大幅に増やし、累積赤字を抱えた状況を脱出しました。内部留保は6872億円増えました。ホンダや日産などの自動車会社も同様に内部留保を増やしています。三菱UFJ、三井住友、みずほの三大銀行グループの内部留保は合計1兆8609億円増。ソフトバンク、KDDIといった通信産業や、総合商社なども増やしています。

 これらの大企業では、この1年間に増えた内部留保額の1~4%程度を使うだけで、月額1万円の賃上げが可能です。

 安倍晋三政権は、国民に消費税大増税をおしつける一方で、来年度から法人税率を引き下げることを狙っています。法人税率を引き下げた分、内部留保が積み上がるだけの結果になりかねません。

表
表
コメント