二重生活~ふたえぐらし

日々のこと、読んだ本や漫画、ライブの感想等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

20100620蔦Qツアー二日目[筋肉少女帯][ライブレポ]

2010-06-21 23:30:29 | 大槻ケンヂ関連
セトリなどネタバレ注意。
写真は“内田家のビワ”越しの赤坂BLITZ。
ビワを拾った方に写真撮らせてもらった。






新曲は昨日と同じ、昔の曲のみ入れ替えなセットリスト。

『アウェーインザライフ』
『レセプター』

・四十代半ばだと、二日目はじまるまでが辛いね!始まってしまえば大丈夫!

・鬼平犯科帳を見ろと宿題を出したが、オーケンは見なかった。
「ようこそ落ちこぼれカレッジ」という洋画を見た。落ちこぼれが集まっていい大学を作る、この場の空気に似てる。

・明日、6/21は筋肉少女帯デビュー記念日。仲直りしてよかった!

・昨日のワインライダーの横並びは笑点のようだった。

・「クランクアップ!」を「クラッカー!」と勘違いしているファン(私もクラッカーと思っていた…)

『仲直りのテーマ』
『ワインライダー・フォーエバー』今日もかっこいい!掛け合い好き!
掛け合いパートは内田橘高本城の三人とも楽器置いて、マイク持って前に煽りに来るのだけど、内田さんが煽りすぎて、演奏パートに入るのに慌ててベース取りに行ってたのに萌えた。

・「ウッ!ハー!」のお客さんの振り付け細かいね(ウでグー、ハでパーを出す感じ)。
内「教えられるねえ」

・二十年前の俺に説教したい。おっぱいを揉むパフォーマンスは恥ずかしいぞ!
橘「バンド名は変えとけよ」
大「えー?」
橘「(売れない理由は)バンド名かなー?バンド名かなー?って言ってたじゃん」
大「シーズン2に比べて蔦Qの売上が良かったのはジャケットかなー?とは言いましたが、筋肉少女帯は素晴らしいバンド名ですよ!未だに帯の字を間違えられる」

・おいちゃんは筋少やってなかったら何してたと思う?
本「んんー?」
大「深く考えてるようで何も考えてないでしょ!」
本「有頂天で芝居?」

・橘高さんの笑いのセンスは独特。枚方のセンス。
内田さんとiPhoneの銃のアプリでずーっと遊んでた。
内「バーン!」
橘「ううっ(撃たれたふり)死んでまうわ!」

・お客さんも二十年も筋少追っかけたりしてなきゃ、藁葺き屋根くらい作れるようになっていたかも。
大「そして地井さんが訪ねてくるんだよ!こんにちはー(ひとしきり「ちい散歩」の物まね)筋肉少女帯?存じませんなあ…止めろよー!橘高君もなんで突っ込んでくんないの!」
橘「だって基本、放置芸人じゃん」

・物販の湯飲みが完売。
夏フェス来てって言ったけど、もういいです。湯飲みが売れるんじゃ無理がある。
そのかわり夏フェスに行った気になれる曲!

『あの子は夏フェス焼け』
『暁の戦力外部隊』
『ロシアンルーレット・マイライフ』

・エディが相撲界を斬る?
三「(野球賭博)俺でもやっちゃうよ」
大「エディがパンクだ!」
エディは把瑠都が好き。
ウルマシスサシクという音楽家のファン。

・内田さんが枝付きのビワを持ってきた!
3-10chainファンには少しだけお馴染み、内田さんちにはえてて、実が車に落ちて蟻がきて塗装も剥げてしまうという恐るべきビワ。
エディが食べたいというので持ってきたが、エディはお店で買っちゃった。
大「ビワが引き裂いた友情ですね!」
内「ビワトーーク」
大「ビワの話はもういいよ!」
内「すごい重いんだよ」

大「おいちゃんはビワは?」
本「内田んちのビワだけは貰わない」

大「最近ギター始めたんだけど、おいちゃんのピックは使いやすいんだよねー。俺は弾き語りだからー」
と、オーケンが話してる後ろで、橘高さんのアンプにビワを飾る内田さん(そしてビワにスポットライト)。

・長谷川さんは元々アイドルでデビュー。
世が世なら少年隊のはずが筋肉少女帯。

・デビュー26年目の橘高さん。
橘高さんの記念ライブをやる!全バンド集合!
大「あ、その日のほほん学校入れちゃった」
本「その日はF1見に行く」
橘「もうブッキングしたからな!」

・橘高さんがオーケンにギターを教えるていで、様々なテクニックを盛り込んだギターソロ。
スッゲー!みたいな小芝居をする他三人かわいい。
橘高さんはなんか凄すぎて訳が分からん。

ギターソロからの『家なき子と打点王』
『爆殺少女人形舞一号』
『蓮華畑』
夕陽色の照明に照らされうつむく橘高さんが、妙に耽美。美しい。
あと内田さんがスクエアネックで鎖骨が!

・オーケンがギター弾けるようになったら一緒にアリスやろうよ、とか大槻橘高が話してる間。
ピックを口にくわえて腕組みしてる内田さんがセクシー!
最近視線がオーケンから若干、右にぶれてしまうわ…。

・アウェーインザライフのゲスト出演で、内田さんはダメ人間ジャンプを初めてやった。
大「あれキツいよね。サビ半分でよくない?」
客「ええー!」
内「じゃあ倍にしようか」
ちなみに「これでいいのだ」のフリも内田さんはやっている。

『踊るダメ人間』
『心の折れたエンジェル』
『イワンの馬鹿』

昨日同様、大槻三柴がいったんはけて、内田ボーカルでの『モコモコボンボン』
オーケンはリラックマ着ぐるみで登場。ビワ持ってうろうろ。
憧れのロックスターが着ぐるみ着てビワ食べるふりしながらステージを徘徊しても受け入れる愛はレセプター。

・着ぐるみが気に入った。
大「クマのくだりはツアーでもやるのかしら。このまま(着ぐるみのまま)次の曲やっていいのかしら。ツアーファイナルだけど」
やっぱり脱ごう!とオーケンがリラックマを脱ぎ出すと「タブー」演奏(ドリフのやつ)。
オーケンが脱ぎ捨てたクマをつまみあげて片づける内田さん。可愛い。

『ツアーファイナル』


アンコール

・夏フェス来てください思い出になりますよ、と橘高さん。

・水戸黄門の次の助さん格さんが誰になるか知ってる?
オーケンはテレビっ子。
本「俺は次の助さん格さんが誰になるか知ってたよ」←自慢気?

『香菜、頭を良くしてあげよう』
名画座のあった80年代から来た恋人の歌『若いコとドライブ~80'sから来た恋人』
『境目の無い世界』
『サンフランシスコ』
『アデイインザライフ』

境目からもう、わけわからないほど楽しくなって、「オールオブマイラヴ」で大団円。
本城さんがペットボトル、橘高さんが水を撒いて、内田さんのビワも客席に。
橘高さんがはけながら「おやすみっ!」って言ってた!

もー、いいライブすぎたよ!
多幸感が上限のリミットを越えたままになって、途中幸福がゲシュタルト崩壊を起こした。
新曲最高!旧曲パーフェクト!筋肉少女帯は奇跡!

強いて言えば『捨て曲のマリア』『ゴミ屋敷の王女』聞けなかったのが残念だけど、ツアーファイナルではやってくれるのだろうか…。
コメント   この記事についてブログを書く
« 20100619蔦Qツアー初日[筋肉... | トップ | まだ会場[雑][写真注意] »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大槻ケンヂ関連」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事