nojinoji鍼灸治療院

治療院のブログと言うより
フイルム&デジタルカメラの写真日記ですね。

影絵に見入る・藤城清治

2018-05-01 00:01:16 | うろうろ日記

「藤城清治 光と影のメルヘン展2018」を観に県立美術館へ行く。
藤城さんの作品はNHKの日曜美術館等で知っていました。

こびと達のメルヘンの作品世界は私には似合わないが、
風景作品は良い。もの凄く良い。

まず最初に、隅石で建っている戌亥櫓と宇土櫓、熊本城を描いた影絵作品が目に止まります。
写真で説明するとこんな感じですが、

影絵の作品は、不必要なモノが整理されて見事です。
一見の価値があります。

大判の「菊池白龍祭り」も迫力があります。博多の屋台や山笠も良かった。
200点近くの作品が観られます。

作品集の本も良いのですが、
やはり影絵ですから背後からLEDライトで照らされると立体感が増します。

様々な色のセロハンをカミソリで切り取って何枚も貼り合わせて、
微妙な色加減を造りだしています。
魚のウロコ、動物の毛並み、崩れた石垣の質感に見入ってしまいました。

遠出するよりも、美術館で2時間ゆっくり影絵を堪能するのもいいですよ。
月曜は休み、6月2日までです。

『熊本県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 解体が終わった | トップ | 春木坂、京町二丁目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

うろうろ日記」カテゴリの最新記事