nojinoji鍼灸治療院

治療院のブログと言うより
フイルム&デジタルカメラの写真日記ですね。

床上浸水

2018-07-11 13:00:00 | 治療室の話

1980年 (昭和55年) 8月30日の熊本水害を思い出してしまう。

深夜の床上浸水だった。水は腰まできた。
周囲は停電だったが、うちは何故か電気が通っていた。

洪水が引き始めた時が肝心で、
家に流れ込んでいた汚物や泥を、引き始めた水に流してしまうのです。
蛇口につないだホースの先を少しつまんで、強い水で汚れを押し流します。

避難所にいると完全に水が引くまで家に戻ることが出来ず、
水が引いて家に戻ると家の中はベタベタの泥だらけのはず、
今回の「平成30年7月 西日本豪雨災害」では断水で泥を押し流して掃除することも出来ない。
これはつらい。
それにテレビでは絶対に伝わらないのが“泥の臭い”だよね。
配給された石灰や消毒液をまいても、臭いは残る。

『熊本県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 災害と紀行番組 | トップ | 人吉、鹿目の滝で涼を撮る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

治療室の話」カテゴリの最新記事