ノグリの穴

映画をのぞいたら、プイプイっときた。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フレンチなしあわせのみつけ方

2005-04-29 00:23:29 | Weblog
【フレンチなしあわせのみつけ方】2005.4.28.13:40~渋谷シネ・アミューズにてのぞく
 原題:ils se marient et eurent beaucoup enfants (2004) フランス
 監督・脚本:イヴァン・アタル 出演:シャルロット・ゲンズブール・アヌーク・エーメ

4月28日は渋谷で映画が入場料金1000円!
ノグリはシフト勤務の関係上、前倒しの黄金週間休みを昨日から。ヨウも夜までヒマだということで、久しぶりに2人で映画をのぞいてきました。
35スクリーンの中から自分が選んだのは【フレンチなしあわせのみつけ方】。(おフランスの夫婦もので、テーマが面白そうでした)

ヨウ「面白かったら、普通に千円を払って差し上げるわ。でも万が一、面白くなかったら、貴方が私の千円分を払うんですよぉー。うぅーおっほっほっほ。」
と、とてもやさしいヨウはノグリに映画の選択権を(強制的に)譲ってくれました。
さて、映画をのぞいた結果は。。。


               3・・・        
 
               2・・・        
 
               1・・・        
 
               0・・・


ノグリがヨウの5百円分払うことになりました(涙)←微妙に面白くなかったってことよ!

映画の中の中心夫婦のヴァンサン(イヴァン・アタル)とガブリエル(シャルロット・ゲンズブール)は実生活上も夫婦らしいけど。そういう事情がわかってる、ゴシップ好きのおフランスの人がみれば、面白いのかも。
全然、ダメってほどじゃないんだけど。
ヨウはヴァンサンとガブリエルが子どもを寝かせた後にケチャップの調味料とか、羽根枕をぶつけあって舞い上がらせたりとかのシーンが好きだって。
ノグリはヴァンサンの両親(アヌーク・エーメとクロード・ベリ)。二人のどうってことない、レストランでの食事シーンが印象的。長年連れ添うと、こういう空気を二人でだせるのかなーと(演技共々)感心してしまいました。

映画の後は新宿で某サークルの食事会に参加。
カレーを食べながらおしゃべり。話のなかで
参加者のポクタンに「お二人(ノグリ&ヨウ)似てきましたね~」といわれる。
へ。何で?似てくるもんなの?

食事会の後はヨウの友達によばれて、とびでて、一年ぶりくらいに某バーに。
隣のカップルの片方がすごい酔っ払ってて、相方を「ブサイク、ブサイク。」と言いながら、かなりバンバン殴っている。二言めには「別れよっか」とからんでいるんですよ。
いい加減、相手も怒るんだけど、怒るとすぐに「ごめんなさい」と謝り、猛烈に反省。(かわいい)でも、また、ほとぼりが冷めると、くり返し殴ってました。(笑)
(ちぃママの話によると、このカップル。まあまあ、うまくいってるらしい)

映画の最後
ヴァンサン、愛人と別れようとするんですが、別れられないまま。
ガブリエル、ジョニー・ディップ役の見知らぬ男への気持ち、高まったまま。
終わるんです。昔ながらの結婚観に縛られながらも。

しあわせのみつけ方は、たとえカップルでも違うんでしょう。
自分が知らないだけで、いろいろなカップルがいる。
そんなことを思った一日でした。
また今度。
コメント (5)

ひかりのまち

2005-04-27 16:04:05 | Weblog
【ひかりのまち】2005.4.27.13:00~ケーブルテレビ録画、自宅にてのぞく
 原題:WONDERLAND (1999) イギリス
 監督:マイケル・ウィンターボトム

連日、メールが届く。
画像をひらくと、自分の顔が春のような光で包まれるのがわかる。
一日、一日と、成長して行く。まるで桜の開花を待つような。
あたたかい、やわらかい、感情を引き出す。
笑顔の花は咲いている。満開に。満開に。

4月23日、朝8時20分。
ノグリは「オジチャン」になりました!←もとから、オジサンでしょ!しかも、タヌキオヤジ(笑)
弟に赤ちゃんが生まれたんです。女の子。2740グラム
(うちの両親にとっては初孫です)
弟本人からも、お知らせはきたけれど。詳細レポートは主に妹がしてくれています。
自分の両親は、妹と妹の婚約者と一緒に宮城に(いわゆるノグリの実家に)
弟夫婦。。あっ、弟家族は山形に住んでいます。

いやぁ~うれしい。自分でも何でこんなにうれしいのか、わからない。←としだから。。。いいとしだからよ!

昨年の年の瀬の忙しい時期。
「鳥が卵をあたためている」イメージが、辛い毎日の自分を引っ張っていることがありました。
あぁ~自分、辛いから、癒されたいのかな?とおもいながら、「・・卵を抱える 鳥のように・・・」と歌詞がある、槇原敬之の『ひまわり』とかをきいていました。でも、『ひまわり』はイメージと何かちがうなと感じながら、マッキーのアルバムをとっかえ、ひっかえ、していたんです。
すると『Wow』という歌にあったんです。

「僕の腕に抱かれながら 君は僕を抱きしめてくれるよ」

これだー。これこれ、このイメージ。と、エンドレスリピート。
ちょうど、年賀状を書く時期でもあったので、↑こういう歌詞の気持ちで来年、みんなが(自分も含め)あればいいなという願いを込め、新年のあいさつ文を書いたんです。(あと、年賀メールも同じに)酉年だし。かぶってて、いいかなぁ~と。ところが・・・
まぁ~これが、すこぶる、評判が悪かった、悪かった!(汗)←当然の結果ね。。。
ある方からは「新しい宗教か何かを創められたのでしょうか?」
と、心配のお返事をもらいました(苦笑)
この『Wow』と言う歌。「君(子ども)が生まれた時のこと」を歌っているんですけど、「鳥が卵をあたためている」イメージが、今のこんな気持ちを予期していたのかな?と感じます。
(そんな、わけのわからんことを考えるくらい、あの時は辛かったし、今はうれしいんです)
本当によかった!赤ちゃん、かわいい~
この歌の最後の部分にはこうあるんです。

「僕一人だけ 感じられるような 幸せなんて もう幸せと呼べない」

明日はヨウに付き合ってもらい、出産祝い品を選んでこようと思っています!


さて、【ひかりのまち】。
予告編の映像が【ブエノスアイレス】のクリストファー・ドイルの手持ちカメラ映像と似ていたので、いっちょ、のぞいとっかーと。のぞく。
話は伝言ダイヤル(なつかしー)で恋人探しをするナディアを中心とした4姉弟とその家族・周辺がでてきてすすみます。かといって、起伏にとんだ話でもなく、ロンドンの街で暮らす日常を半週描いているだけです。
でも、ここで暮らす人々。誰一人、幸せな顔をしてないんですねー。
なんか、どっか、みんな、辛そうなの。途中、なんでこれ、原題が『WONDERLAND』
で、どこがワンダーランドなんだ~と腹がたってきたんだけれど。。。
最後までみれば、わかります!(ひかりのまちという邦題の意味も何となくわかります)

すこしの笑顔やちいさな幸福が、出会いや生まれてくることの不思議さを感じさせるのです。

その他、印象に残っているのは
三女モリーの、かなり、リアルな出産シーン。無事女の子を出産するんですが、
その赤ちゃんの名前『ALICE』っていうんですよ。(もう、*□☆+▲♂※◎って意味を超えている~♪)
長女デビーが前夫に向かって言うんです。「親の資格ないわ」って。


自分には親の資格があるのかな?
また今度。
コメント (2)

ブエノスアイレス

2005-04-24 13:48:36 | Weblog
【ブエノスアイレス】2005.4.23.7:00~ケーブルテレビ録画、自宅にてのぞく
 原題:春光乍洩  英題:Happy Together (1997)

昨日は仕事の後に新人歓迎会に参加。

ホントのところ、こういうのは苦手なんだけどねー。
毎月、給料から親睦会費が(勝手に)天引きされてるし。「何とか¥モトをとらなっきゃー」と決意を固く、一次会だけは、仕事と割り切って、会があれば行ってます。けどけっど、飲み食い楽しいっし、ビンゴゲームとかで景品もらうのうれしいっし、(去年の忘年会では○万円の商品券もらったしー)行けば行ったで「苦手を克服したぞ」という達成感もあるしねー。(あるある)←普通、ねぇよ。

で、その新人歓迎会。
4月から入った新人を歓迎するものなんですけど、新人すでに2人辞めてるしー
中途採用された非常勤が本採用になった、新人らしからぬ新人が、かなり占めてる歓迎会なんでーす。(汗)新人、すぐ辞めるなんて。。。
近頃の若いもんは・・・
と説教たれるん、つもりはなく。それだけ、今の仕事はキツイってことなんだと思います。
(どういうふうにキツイか、人によって、いろいろ感じかたはあるけどね。)

今日は新人歓迎会の会場に来る前に新調したメガネを受け取りにいったんだけど、前のメガネどうしたかっていうと、お客様に頭突きをくらって、ぶっこわされたんでーす。
あと前回ブログに書いたけど、ノグリは坊主。何も坊主・短髪好きに、もてたいから坊主にしてるのではなく、気に入らないことがあると、ノグリの髪をひっぱるお得意様がいるからなんでーす。←うそうそ、下心がないわけないでしょ?あたしも騙されたんだからー(怒)

えーと。何をいいたいかというと。↑上記のように、お客様・お得意様との関わりがまず新人にはキツイ。かったのではないかということです。
(どんな仕事でもキツイ部分は、あるとおもうんだけどね。)
こういうキツイのは選べなかったと予想する。給料安いし!!!


だーん、た。だーん、た。たららーん。
たららら。
だーん、た。だーん、た。たららーん。
たららあん。

やっぱりいいわー。【ブエノスアイレス】のテーマ曲。タンゴの巨匠ピアソラ。のぞいた後でも、音楽が頭でなってるもん。あと三人の役者がかっこいいー。(好き)
特に今回、レスリー・チャンのメモリアル作品特集を録画してみたから(たとえ演技じゃなく地だといわれようと)若さがきわだってみえました。前回はトニー・レオンにおもいいれ、たっぷりでみてた。みたのは1997.11.8になってる。日記調べると。この年、201本の映画をみたけど、その中の『ベスト10』にもはいってる。あ、1998.8.20にもみてるよ。(好きなんだねー)

【ブエノスアイレス 摂氏零度】をみながら、思い出したことがあって。確か、映画評論家・タレントのお○ぎが「この映画〔男同士〕である必要性はない」みたいなことを、いってたのと。明治学院大学教授の四方○犬彦のコラムでファイが香港、ウィンが中国であり、その関係を表している。チャンの故郷は台湾なんだけど、こういうの、面白いでしょ?みたいなこと。
(全然つまんない見方してるなーと当時はおもったんだけど)
今回【ブエノスアイレス】のぞいて、字幕の背景があかだったり、小平が亡くなるニュースをはさんでいたり、ファイが香港、ウィンが中国、チャンが台湾にみえなくもないんだよねー。映画公開されたのが香港返還の年だし。ファイ(香港)がチャン(台湾)を似ているところがあると、ある意味うらやましがり、好意を抱いているところや、チャン(台湾)が世界をさまよって、世界の端にいくところとか。ま、自分は世界史、詳しくないから、適当なんだけど。でも、だからこそ、この映画、全員〔男同志〕である必要があったのかなぁ~とチラッと以上に、おもったりしました。

映画のその後、どうなるんだろー
原題、英題、邦題、意味バラバラだけど、最後のファイのセリフで、なんとなくつながりそうだなー

映画のぞいてたら、ヨウの仕事が決まって、仕事先によっては、バラバラに暮らさないといけなくなることもあるんだなと、おもった。。。
また今度。
ファイ「俺は確信した。会いたいとさえ思えば- いつでも、どこでも、会えることを」
コメント (2)

ブエノスアイレス 摂氏零度

2005-04-22 23:19:38 | Weblog
タイトルと鑑賞記録がずれてる。さっさと【ドーベルマン刑事】の感想を。

これ、原作が漫画できちんと読んだことはないのですが、漫画はもっと、ハードボイルドな感じがしたんですよ。でも、映画の主役は沖縄なまりで、黒豚抱え「これお土産」みたいなこと言うやつになってんです。漫画と全然違うくね?っとおもったのが、主なカンソ。。。(ま、原作と違うのはよくあることですから)その他、印象に残ったのは
殺された焼死体の映像(監督、ヤバイですよ)
芸能界の新人賞争いとヤクザの関係(ヤクザは、あってる松方弘樹)
アメリカ帰りの新人歌手が歌う「マイメモリー」(新人歌手はジャネット八田)
特に「マイメモリー」は(後から知ったんだけど)口パクで弘田三枝子が歌ってて(すごくよい)あーミコちゃんだ、顔が出なくて安心ね。と、おもいました!

この映画「ノグリさんに是非、見てほしい映画があるんですよ」と同僚に渡されて、仕事中にのぞいたんです。明け方に。

そ、ノグリは夜勤のある仕事をしています。
そんで、サービス残業あたりまえ!の、職場環境です。
昨日も勤務から28時間後に帰宅。あまりにも可哀相に見えたのか、ヨウが近所のジョナ○ンでごはんを(食後のデザートのパフェも)奢ってくれました。

自分が休みの今日は、そのお返し。
つっても、金がない~。
んだ!前から使いたいとおもってた、不○家のギフト券を活用すっぺ!んだ、んだ。(ヨウ)
このギフト券、ユーミンの最新アルバムに入ってやつを応募したら当たったもの。(だからタダ)
新宿の『F デザートカフェ』に行ってきました。デザートのケーキがなつかしい味で、アイスコーヒーもうまかった~

ヨウ「西洋は甘いものに、苦いものだけど。東洋は甘いものに、塩っぱいものだよね。」
ノグリ「・・・・・?何それ、誰が言ったの?」
ヨウ「んーー。俺?あ、日本も抹茶あるか。」(自分で論破)
ノグリ「あぁ、でも、そうかもね。アジア人は塩分必要なんだよ。湿度高くて汗かくから。」(フォローのつもり)

↑そんな有意義な(?)会話をしつつ、こみこみの店内を見てみれば、三歳未満の子供を除くと、お客はみんな女性。(おばあちゃま、おばさま、負け犬、勝ち犬。ほんとに、みんな、甘いもの、好きね~)
ヨウはこのあと、就職活動で面接ある為スーツにネクタイ。自分は休みでヒゲぼうぼうで坊主。
きっと、どのテーブルよりも素敵な違和感があったことでしょう。(でも、本人たちは一体化してるつもりよ!)

【ブエノスアイレス 摂氏零度】2005.4.22.18:00~ケーブルテレビ録画、自宅にてのぞく
 監督:クアン・プンリョン 、アモス・リー (1999)
 出演:レスリー・チャン 、トニー・レオン 、チャン・チェン 、ウォン・カーウァイ

家に帰ってから【ブエノスアイレス 摂氏零度】をのぞく。
ウォン・カーウァイ監督の【ブエノスアイレス】は公開年にみたけど、こっちはまだ。
監督の「映画のクルーというのは旅回りのサーカス団に似てる」の発言があるように、この映画(かな?)は【ブエノスアイレス】の製作ドキュメンタリー的なもの。なんだけど。。。
あれ、こんな、はなし、あったっけ。
あれれ、こんなの、はなして、いいのか。
あれよ、なんか、【ハッシュ】とかの橋口亮輔映画監督の小説本、みたいだな。と、おもいました。より深まるというより、この「アナザーストーリー」つけたら、また、違った話になったんだ~と、考えていくうちに、気が重くなりました。←なぜ?

映画が終わるころ、就職活動から、ヨウが帰ってきました。
(知らない人の為に)ノグリはヨウと一緒に暮らしています。
この後、本編の【ブエノスアイレス】も再度、のぞきたかったんだけど。。。
また今度。
「映画は人生から生まれる、だが人生のすべてではない」
コメント

ドーベルマン刑事

2005-04-20 03:53:00 | Weblog
【アナライフ】2005.4.7.21:00~渋谷シアター・イメージフォーラムでのぞく
 監督・脚本:合田健二 音楽:レイ・ハラカミ

今年一番というくらいに面白かったです。って、前回書いたけど。今年、映画館で映画を見たのは、これが最初。(汗)

へぇ~それで趣味が映画鑑賞・映画大好きってよくも言えたもんだわね~はっ(ヨウ)
我ながら、どうしてこんなにも、映画をみなくなったのかなぁ~?と、立ち止まる。
以前は「一日一映画」てな感じで、映画をみてたのにさ。
今、自分は映画をみる必要がない人生を生きてるのかしら?←また疑問符だよ・・・

そんなの何かイヤ、映画ミルゾー!
という気持ちも働いて、このブログは自分が見た映画の鑑賞記録になっています。

だったら、このブログもミ○シィにつながってるし、レビューでも書けば?
イヤです!
もっと、こう、映画をとおして、映画をのぞくように、自分の生活、自分語りをしたいんです!(?)

さて、【アナライフ】。
ホントは某、試写会に行きたかったんデスが、見事にハズレて、その応募先で取り上げられて、タマタマみて、音楽がレイ・ハラカミで、レイ・ハラカミは矢野顕子の最新アルバムに参加してたし、休みだし、イットクカ~となったんです。(一言で言えば、もともと行く気はなかったのね)
でも、見て正解。
モノローグが渇いてよくて、それだけでも、プイプイっときて、情報多寡な映像(?)と音楽にひきこまれました。
これをみて、思い出した映画は

クロード・ルルーシュ【男と女】
ジャン=リュック・ゴダール【彼女について私が知っている二、三の事柄】
スタンリー・キューブリック【2001年宇宙の旅】
の三本でした。何でだろ?

ケツ(最後)の部分がいろいろ言われているけど、自分はOK!
あれがあるから映画的なしまりがあるんだとおもいます。(ケツがしまるのね)
♪ある日森の中熊さんに出会った~
森の中から拓けた公園みたいなところにきちゃうのが、印象に残りました。

今年はその他に、あと一本しか映画をみていません。その映画は【ドーベルマン刑事】

【ドーベルマン刑事】2005.2.13.4:00~仕事場のビデオでのぞく
 監督:深作欣二 主演:千葉真一 (1977)

さて、感想を書くぞーとおもったけど眠いや。明日(今日)は仕事だし。
また今度。
ところでヨウって誰でしょう? 
♪白い貝殻の小さなイヤリング~
コメント

アナライフ

2005-04-19 03:18:20 | Weblog
あなって、ことばに、どんな想像をします?

あな
アナ
ANA

←この字もあなって読むようで、突き抜けたあなの場合に使うらしいよ。

あな、落とし穴。あな、のぞき穴。
アナならアナウンサーやら、ANAなら全日本空輸やら。飛んじゃう人はこれくらいは簡単に飛べますよね。
(あと、いやらしい部分の想像とか。。。)

このブログのタイトルは『ノグリの穴』とつけました。なかなか、気に入ってます。
ノグリは自分のハンドルネームとして、何で穴なのか?
んんんん。。。、自分でもわかりません!
いろいろ構想してはいたんです。
ホームページを作るなら、ああしよう、こうしよう、(でも作らず)ブログするなら、こうしたい、ああしたい、と。(でもしない)
穴にこもりたかったのでしょうか?穴で冬眠したかったのでしょうか?
ちょいと隠微な【肉体の門】や宮崎アニメの【~の~】みたいなタイトルにあこがれてたのでしょうか?(案外そうかもしれません)
ん、まぁ、故事つけるなら、

こけつにいらずんばこしをえず〔虎穴に入らずば虎子を得ず〕
危険を冒さなければ功名は立てられないことのたとえ。(広辞苑)

あな、アナ、虎の穴!功名心!!!
という気持ちが強く働いたのではないかとおもいます。(?)

じゃー何で「虎」はつけなかったの?
それには理由があるんですよ。でもその理由はおいおいね。(虎の話になっちゃうからね)

さて今日のタイトル、
アナライフという映画をみたことを記しておきたかったんだけど、ここまで書くのにも疲れちゃて、せっかく、アナってつくのにね。
また今度。
映画は今年一番というくらい面白かったです。

コメント