乃木坂のネコgoo

46・48だけがアイドルじゃない!

17日発売の雑誌のグラビアアイドルさんたち(追記)

2018-07-17 23:22:07 | 女子アイドル日記

立ち読み:
『アサヒ芸能』17日発売
巻頭グラビア6P『おっぱいアイドル15人極小ビキニ』
 徳江かな、緒方咲、水沢柚乃 など


『ヤングチャンピオン烈 8月号』17日発売
天使もえ:袋とじ巻中グラビア7P
出口亜梨沙:表紙と巻頭グラビア7P、記事1P

付録DVD(70分):
順に(各10分)
#出口亜梨沙、#桃月なしこ、#川崎あや、
#百瀬はる夏、#天使もえ、#高橋しょう子、#橋本ありな、
(橋本ありなは、6月号スチール撮影時の動画)

巻末の次号予告によると
9月号(08/21発売)には
紗倉まな:袋とじ巻中グラビア
別冊付録『ヌードグラビア写真集』36P
 橋本ありな、天使もえ、高橋しょう子


朗報:
『ヤングチャンピオン烈 8月号』の
巻末予告によると
24日発売の『ヤングチャンピオン16号』
 #SUPER☆GiRLS:表紙と巻頭・巻中グラビアに加え
 さらに『スペシャルフォトブック』16P


『実話ナックルズGOLD Vol.3』07/09発売に『乃木坂46に迫る危機!』

2018-07-17 16:51:10 | 乃木坂46日記

『実話ナックルズGOLD Vol.3』07/09発売
コンビニ雑誌。大洋図書・ミリオン出版、500円(税込)

表紙に『乃木坂46に迫る危機!』

p.58-60の白黒記事
『相次ぐスキャンダルで秋元康の乃木坂離れが深刻化!?
~乃木坂46の憂鬱~』
前半は(写真集人気などのため)割愛。

2ページ目大見出し
『"本家・AKB超え"を成し遂げても漂う暗雲…』
<
『2年前のお泊り報道で西野七瀬に"枕営業"疑惑が!』
ある事件により、瞬く間に暗雲が立ち込めることとなる。
 5月に入り、西野七瀬が
「週刊文春」のネット版で2年前の
スキャンダルを報じられたのだ。
記事の内容は、西野が出演番組の某ディレクターを
複数回にわたって自宅に泊めたというもの。
芸能記者いわく、「某ディレクターは
これまでにも数々の有名番組に携わってきた人物」
だという。
実は、西野は2016年ごろから
ドラマや映画、CMの仕事を次々と獲得し、
他のメンバーと一線を画している。
当然、ネット上は西野の枕営業を疑う声と、
「いますぐ引退させろ!」といった怒号が溢れたのは
言うまでもない。
一方で、あるサイトには
「恋愛スキャンダルじゃないからセーフだろ」
「むしろ仕事熱心な西野を評価しろよ」との
投稿もあったのだが……。
 それにしても、なぜ文春は2年も
この記事を寝かせておいたのか。
「自宅に出入りするツーショットを撮ったわけでもなく、
相手が既婚かどうかも不明でした。
インパクトが小さいと思ったのではないでしょうか。
たとえば松村沙友理の不倫スキャンダルは、
路上ディープキス写真を激写していますからね。
逆にいえば、なぜいま出したのか?
西野に第2弾のスキャンダルがあるのかも
しれませんね」
(芸能記者)
>
<
『相次ぐ人気メンバーのスキャンダル
山下美月は驚愕の指舐め写真流出!』
 他にも、最近では渡辺みり愛と若手俳優との
交際疑惑、能條愛未と仮面ライダー俳優戸谷公人との
お泊りスクープが報道されている。
能條は、お泊り&パワースポットへの
ドライブデートという決定的な動画を撮られたため、
言い訳の余地なし。
2ヵ月後にブログで謝罪めいた発言をしているが、
行動が遅すぎたために炎上してしまった。
 だが、最もファンを憤慨させたのが、
3期生・山下美月のスキャンダルだろう。
主力メンバーがいつ卒業を発表しても
おかしくないといえる状況下、
乃木坂の次期エース候補として注目されているのが
「3期の3トップ」と呼ばれている山下、大園桃子、
与田祐希の3人だ。
中でも山下は、清純派路線の乃木坂全体で見ても
"ド真ん中"の清純派アイドル。
それにも関わらず、実は欅坂46とけやき坂46の
両方のオーディションを書類選考で落ちている。
ファンは秋元康を「見る目がない!」と
責めてきたようだが……なんと、
彼氏とのツーショットおよび"指舐め"写真が
流出してしまったのだ。
これまで山下を推してきたファンの気持ちは、
いかばかりか。
「運営は、乃木坂加入前の写真ということで
不問にするようですが、運営も本人も
ルーをきめこんでいるのはいただけない。
ファンのイライラは増すばかりでしょう。
何より、元カレであっても男の指を舐めていたという
シチュエーションは、完全にアウトです」(芸能記者)
「この一件で"やっぱり乃木坂はこんなヤツばかりだ!"
と言われるようになってしまった。
山下の罪は大きいですよ」(音楽ライター)
>
3ページ目大見出し
『早くも下り坂まっしぐら!どうなる!?』
<
『"AKB商法"を継承するCDセールスがクソすぎる!』
 人気メンバーのスキャンダルはファン離れの大きな要因だ。
だが、アイドルオタクの放送作家は、
乃木坂にはもっと大きな問題があると
指摘する。
「本家AKBを超えたと言われている乃木坂ですが、
肝心のCDセールスは悪名高い"AKB商法"を
継承しているのです」
 AKB商法とは、CDに握手券などの特典を付けて
複数購入させる手法のこと。
「(中略)握手券欲しさのCD大量購入は、
それと根本は同じ。売れているように見えますが、
オタクが大量購入しているだけ。そして、これは
男にだけ通用するやり方なんですよ」(放送作家)
 とはいえ、女性ファンは写真集を購入しているので、
いい具合にすみ分けができていると思うのだが、
「ファンをなめるのもいい加減にしろ!」
「新規ファンを獲得する気がないのか?」など、
怒りの声が上がっているのだ。
 原因は、複雑なCDの販売形態にある。
例えば、いま乃木坂のファンになった人がいるとしよう。
全曲を聴くべく全アルバムを購入しても、
そこに入っていない曲が多い。全曲をそろえるためには、
過去シングルの全パターンを購入しなければならないのだ、
「一般的に、ファン=握手会にむらがるオタクという
イメージが強いのでしょうが、そうではありません。
ファンの"特典なんてどうでもいいから、すべての曲を
聴けるタイプを用意してほしい"という
至極まっとうな意見が、なぜ通らないのでしょうか……」
(放送作家)
>
<
『吉本坂に日韓合同プロジェクト秋元康は乃木坂に興味ナシ?』
 坂道グループは、乃木坂46・欅坂46・けやき坂46の
3グループ合同による新メンバー募集オーディション
「坂道合同オーディション」を開催した。
ビッグプロジェクトであることが
繰り返しアナウンスされているが、
「秋元(康)さんがスキャンダルまみれの乃木坂に
注力するとは思えない」と声をひそめるのは、
グループに近い関係者だ。
「次から次にスキャンダルが露呈して、
乃木坂はすでに手の施しようがない状態です。
秋元さんは、とっくに乃木坂への興味を失っていると
聞いています」
 (中略 吉本坂、プロデュース48)
ファン離れと、育ての親である秋元康の愛を失い、
確実に坂道を下ろうとしている乃木坂46。
唯一、注目されるコンテンツが「白石麻衣の卒業」だとすれば、
なんとも世知辛いではないか……。
>

以下、引用者注:
記事中の放送作家はブレーメン大島か?
言ってることがズレてるが。

CDなど乃木坂だけの問題ではない
AKBのほうが複雑だろう。
"すべての曲を聴けるタイプを"という
のが、至極まっとうな意見なのかどうかは疑問だ。
「すべての曲を聴きたい」という要望が
それほどあるとも思えない。

全体として、新しいネタがあるわけではないが、
現時点で
 「スキャンダルまみれの乃木坂」
 「確実に坂道を下ろうとしている乃木坂46」
と書かれるのは、
やはり何か裏にあると考えるのがよさそうだ。