『 七十の手習い 』 奮闘記

●72からベンチプレス●74からスイミング ●78からブログ
●80から[ごゆるり人生]で如何でしょう!

2011-04-30 20:50:20 | 雑記帳

今日は晦日  神棚の を代える日なのでスーパーへ買いに行った女房殿  袋をみると
大きなが1本入っていた
  
「どうしたの 筍を買って来たの」 と聞くと 「坂道を登ってきたら 道端にニョキッと顔を出し
ていたから採ってきた」 ・・・ と言う
「おいおい大丈夫かよ 地主さんに怒られるよ」 と注意した
「金網の垣の外 道路側に出ていたからいいんじゃないの」 と平気な顔に首を傾げたが??

夕食のテーブルに 海老や椎茸 ニンジン他に混じってチャッカリと筍の天麩羅があった
柔らかくて旨かった 

しかし 大都市のほんの一郭で毎朝 の声を聞いたり 大空にクルリと輪を描く
見たり にまでお目にかかれるとは不思議な所である

高速道路の渋滞など何処吹く風  連休など他人事の日である 
今日も MLB & ゴルフだけを楽しむだけになりそうだ

高校野球(硬式)の県大会 準決勝 3日 決勝 4日 は横浜球場
軟式の県大会 準々・準決・決勝は 5日・14日・15日に保土ヶ谷球場で観戦するが
  ベスト8で決まっているのは 桐蔭・創学館・隼人・武相・Y高で 後は横浜・慶応か法政二・
  光明相模原又は修悠館を待つ状態である

イチローさん 今日も快調 松坂からクリーンヒットの他中継ぎからもで連日のマルチ屋さん
守備でも華麗にスライディングキャッチと 正に絵になる選手だ
  
  
  
  何れもBS1放映より 
ヒット数は 37本で目下 ア・リーグのトップである  
ナ・リーグはドジャースのイーシア  フィリーズのブランコ 39本でトップを走っている

 ゴルフは途中から昼寝をしてしまった でも男女双方のトーナメントは万全を期して録画
してある これからゆっくり見ようと思う

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大連休初日

2011-04-29 22:25:25 | ベースボール

大型連休が始まりました  皆さんどうぞ充分お楽しみくださいますように

私は ホワイトデー  夏用の白いもの  Tシャツ ・ ポロシャツ ・ パンツ2本・・・白いもの
を全部取り出し選択した
昨シーズン終了時に勿論洗濯したのだが 数ヶ月整理たんすの中だったので一応は洗った
方が気持ちが良いし 閑の所為もあっての ”出来心” であった

洗濯機で先ず漂白 15分 脱水 3分は手作動 その後は平常のオートに切り替え注水から
脱水まではお任せの洗濯であった

以上は機械任せでどうってことはないのだが  干すのが面倒な私である
一々パンパン叩いて しわのばしをし ハンガーにも一つ一つ袖を通しての作業がどうも・・・
干し上がったのを たたんで しまうのは更に苦手 上手にたためない のである
ジムから女房殿が帰る頃には乾いているだろうから 何時もの如くお任せだ

8時 MLB放送が始まった 先ずレッドソックスはご贔屓ペドロイアの活躍もあって 6 対 2
でオリオールズに勝ち 前日の雪辱を果たした

この対戦 今日より昨日の試合のほうが印象に残る 8回上原が 3ランを打たれ4対4の同点
上原ガックリで観ていられなかった  4対0とリードしていながら 大詰めの8回に同点では
「しまった」 とあの一球を悔やんだと思う ここで小さくなってベンチに戻るようではプロ選手を
やっていけない
どうなるかと観ていたら 9回オリオールズが 1点で勝利 一転上原が勝利投手・・・なんとも
忙しい試合であった 勝利投手になる筈の同僚は上原に権利を消された挙句にそれを上原
に攫われてしまった・・・これは長~いシーズンによくあること お互い様ですよね

11時からはお目当てイチローさんのマリナーズの放送 今日勝てばタイガースに3たて
我が道を往く名人は 今日もマルチの2安打 打点1のおまけ付き
開幕以来のヒット数は112打数 35 安打  打率 .313 である

  

4時まで昼寝 サイバーエージェント・レディース第1日目を観た
話題多き キンクミ-1で 19位 まあまあの出足か 有村選手 桃子選手はやや低調

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

躑躅の道

2011-04-28 16:30:00 | 雑記帳

5月の誕生月は年に一度の内視鏡による胃の検査 年2回の胸のレントゲン検査と採血に
よる血液チェックも実施する私の健康管理月間である
今日はクリニックで レントゲン撮影で肺癌チェック と 採血をしてもらった
徒歩4~5分のクリニック  陽気につられ半袖のTシャツ1枚で出かけた
帰り道 躑躅が綺麗に咲いている道を歩いた  レンガ道が土であったなら故郷でよく見る道と
なんら変りのない平凡で静かな道である  子供の頃よく見た景色のようで大好きだ
  

  
明日4月29日(金) ~ 5月8日(日)の10日間は サラリーマンにとっては正にゴールデン
ウイークであろう  現役を離れた世捨て人の私には ただの10日間にすぎないのだが
若しバリバリやっていた時代だったら どうしただろうか・・・と考えたりもしている

東北へ行こう との声も多い 若かったら何処へ行っただろうか
先ず 宮城蔵王青根温泉 湯元不忘閣 と福島 西郷村の白河高原カントリークラブ
真っ先に思い出される
不忘閣は由緒ある旅館であった それだけに被害の程を深く心配していた

伊達藩主御用達の「御殿湯」 周囲全山緑滴る 清冽な温泉郷に歴史を遺す 青根温泉・
不忘閣へ旅したのは40年ほど昔のことだった

あの茸料理よくマアこんなに種類があるものよと感心した事を思い出す

お楽しみの温泉風呂  これも愉快であった 男女6人(男性3・女性3)のグループ旅だった
男女別々の湯はこちらです・・・と案内された 入ってみると20mプールくらいの大風呂で
仕切り板は湯の中で見えず機能不全で 混浴 と全く同じ 翌日のゴルフはお察しあれ
今思い出せば 北海道 登別の東洋一を誇る 1500人の大混浴風呂九州 霧島温泉の
数百人規模も壮観だが があるのは青根温泉かな しっとり感のある陸奥の風情です 

福島 甲子温泉に程近い白河高原カントリークラブ も懐かしい
クラブハウスは伐採した材木を利用した木造建築で趣のあるゴルフ場である
ここも昭和47年頃から53年頃の夏休みはロッジに3~4泊してプレーするのが常だった
新甲子温泉から湯を引き24時間入浴できた 朝一番のスタートでアウト9ホールプレー
ロッジに戻って大浴場 ~ 昼食を摂って昼寝 ~涼しくなった頃 イン9ホールをプレーという
良き時代でもあった 

あの当時フロントで応対してくれたお嬢さんも 今はとうに50を越されたか・・・
静かなクラブハウスで涼しい夕風に吹かれながら生ビールと ジンギスカン楽しい夏休みだった
プレーを早く切り上げ 近くの牧場を巡り 搾りたての牛乳をご馳走になったりもしたっけ
西郷村の野菜が出荷禁止になったり 解除になった 風評被害を受けたりとお気の毒で
ならない 昔お世話になった人々の心配をしていた
幸いゴルフ場の被害は軽く営業再開されたようだし 西郷村の野菜出荷もOKになった
若ければ跳んで行くんだがなぁ~ 行きたいなぁ~と想う
                                                                 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春眠暁を覚えず!

2011-04-27 16:00:00 | 雑記帳

ウトウトとして目が覚めない  窓辺の木から爽やかな鶯の啼き声を聞きながらの朝である
夜も何となく気だるさで早く睡魔に襲われる 冬は夜半なのにこの頃は10時には寝付く
8時間はタップリの睡眠時間だが それで居て午後は眠くて昼寝 老化現象かな

近所のスーパーで買う 搾菜 は高い と女房殿が言う
ならばとブラリ中華街へ出かけた 市場通りの顔なじみの店で見ると 1袋 120円だった
「まけろよ」と言うと 「5袋 500円」 と言うので 1袋 100円か・・・安いなでOK

これを刻んだチャーハンが旨くて大好きなのである 塩抜きが簡単適当でも丁度良い塩味
で仕上がる

横浜公園を通って 支庁前バス停に向かった コーヒーでは定評の 大学院 で一休み
知る人ぞ知る名店 である そして何よりなのは落ち着いた静けさがある
白いブラウス と 細くて足首まであるロングスカート(なんと云うスカートか・・・?)  のシックな
お嬢様や 初老のマスターの手つきを眺めながら寛ぐことが出来る落ち着いた店です 

  

それにしても感心するのは横浜公園の雀君たち ベンチに座ると靴の先までチュンチュンと
人なつっこく寄って来る  メロンパンを砕いてパラパラやると嬉しそうに食べている
それに引き換え我が家に来る雀は可愛げがない パンの みみ を一口大に鋏みで切って
食べ易くしてあげているのに 警戒心が強くて私の顔を見るとサッと飛んで逃げ去る
街中の雀は人ズレし 田舎の雀は??? それとも私の不徳の致すところかなと悩み甚大

 MLB レッドソックス   オリオールズ 

シーズン出足不調のレッドソックス やや復調し今日勝てば待望の勝率5割となる
大いに期待したのだが オリオールズに一方的に打ちのめされて敗戦
余裕のオリオールズは上原投手を温存 彼の出番はなかった

敗れたレッドソックスでは お好みのペドロイアが攻守にわたり大活躍で楽しませてもらった
打ってはセンター前ヒット ~ 3盗の大活躍
  
  

守っては得点チャンスのランナーが居るピンチの中で強烈な1・2塁間のゴロに飛びつき
倒れたままの1塁投球で 見事失点を防いだ美技が光った
 
     

      
  BS1さんの放映より

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勿体ない野球!

2011-04-25 20:55:00 | 高校野球

準々決勝の残り1試合を観戦 昨日は 横浜・塾高・桐蔭の3強登場で内野席満員 外野席
の開放があったが 今日は静かなスタンドであった
2回の表・裏互いにジャブの応酬で双方1点を取り合った 3回表 桜陽巧い攻撃で2点を
追加 う~んやるな 準決勝進出も夢ではないぞ 2点リードで前半5回を終わった
  
ここでグランド整備 地ならしタイムを挟んで 後半の6回に入った・・・途端に流れの変化
シートノックの時から桜陽の内野手のハンブルが気になっていたのだが 向上先頭バッター
のゴロをハンブル 1塁への投球を諦めた これが失点のタネになってしまった
上位打順に繋がったのが良くない 次は1番バッターである 中軸が当たっている向上は
直ぐ1点差に迫った
  
なお続く1死 1・2塁のピンチに内野ゴロ Wプレーでチェンジの筈がこれを又もハンブルし
1塁走者を2塁で封殺がやっと出来た・・・と思ったら ここで間に合いもしない1塁へゲッツー
狙いが悪投で 2塁走者がらくらく同点のホームインで の同点になってしまった
  
勢いは地力の向上に傾いたのであろうか 然し日大藤沢 鎌倉学園を
降してきた桜陽は澤田投手の好投が続き予断を許さない

最終9回裏 満塁策の桜陽は2死満塁サヨナラ負けのピンチとなった
1塁後方に凡フライが上がった時 「しめた」 と桜陽 「しまった」 の向上の筈だった

1塁手 2塁手 右翼手3人がぶつかりそうになるくらいボール落下点に集まった
お互い顔を見ている真ん中にポトンかどうかは知らないが あと1センチか2センチで
ファールになる際どいラインにボールが落ちた 運命の悪戯とはこの事かと思った

私は観衆の中でそこに一番近い席に居た その私でさえファールかと思ったくらいである
線審のジャッジで 「へ~ ヒットだったのか」 なのである

向上はこれで準決勝戦進出である 敗れた澤田投手が気の毒であり可愛そうだった
6回までヒット2本に抑えながら 失点3は残念だったでしょうね
  
横浜桜陽は立派でした 今大会は公立校の中でトップを行く実力では・・・を 感じました
エラーが実に惜しい 勿体無い事でした
  
今日の観戦はあるテーマを持って行きました それで1塁ベースと2塁ベースを結ぶ直線の
延長線上に陣取ったわけです 観衆は少なく私一人ポツンの状態でした

投手から1塁牽制球を投げられた時 ランナーのヘッドスライディングによる帰塁をよく見ます
ベースを結ぶ直線に乗った状態に体を位置させた状態でのベースタッチか


当然 高校野球では違う事をやっていると思し 「彼は流石だね」 と何時も感心させられる選手
は何人も居ます 

今日はリードの大きいランナーは居ないし 牽制球も少なく撮るチャンスはありませんでした



     


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観戦やめて見物人

2011-04-24 19:40:00 | Weblog

今日は準々決勝戦 3試合 第1試合開始は午前9時であった 
30分前に家を出た 公園内の駐車場は既に満員 7時前に到着しないとマア???
球場までの数百㍍は入庫待ちの車でぎっしり 第2試合 塾高・桐蔭戦観戦可能か
第1試合の横浜高校の観客がどのくらい入れ替わってくれるかどうかにかかっている
  
球場コンコースから道路を見下ろすと 駐車場への車々々・・・うぅ~んである
  
南が 応援席前にに整列した途端ハッピーバスデートゥーユー の斉唱が球場いっぱいに
響き渡った 一瞬意表を衝かれたが大きな拍手が沸き起こった和みましたよ
横浜  南は立ち上がりから横浜が優勢一方的に打ちまくった それはそれこれはこれか
  
結局 5回 11 でコールド勝ちした これで横浜第1シード 南の第2シードが決定
  
さて第2試合はお目当て 塾高  桐蔭・・・横浜ブランドの激突である 両校の意気は盛ん
互いに応援スタンド前で イザ戦わん・・・と気合充分でスタンドは大拍手であった
  
1回裏 塾高3番打者 谷田が右中間外野芝生席に先制の大ホームランを放った
桐蔭の藤岡投手は有利なカウントに追い込んでいたのに 詰めの配球を誤ったような気が
する 然し失投であったとしても 打った方を褒めるべきだろう

5回表桐蔭は二死からランナーをレフト前ヒットで返し同点とした これも塾校の中継ミスか
然し同点となって俄然勝負は面白くなった
両校がぷりと四つに組んだ形 隙は見せぬし 「これは 後の1点で勝負が決まる」と予想した

縺れて直ぐにはチャンスは掴めまいの読みの間違いか 油断があってコンコースの売店
へコーラを買いに行ったその時大歓声が起きた
慌てて戻ると 塾高4番打者 沓掛がレフトオーバー芝生席最深の所にホームランを打ち込み
3塁を回ったところだった
  
3番・4番2人の2点で勝ちをもぎ取ってしまった ”塾高今年は強いぞ” を実感した
桐蔭も強豪に違いはない 投手がちょっとの隙を衝かれての敗戦と言う気がする
バッテングも長打性の鋭い何本ものライナーを背走の上好捕されたつきの無さがあった
桐蔭の応援席は残念であっただろう
  
塾高の応援席は諸手を挙げての大喜びであった
  

  
コンコースから下を見たら 塾高ナインが監督の話を聞いていた 今日のこと 次の準決勝戦
に備えての事であろうか
  
やがて第3試合 公立校同士の厚木北  戸塚の試合が始まった
相模を破った戸塚の水上投手とは・・・に強い関心・興味があったのでピッチングフォームを
見て帰ろうと思った ”何故 相模は負けたか” が判らずじまいを感じつつ球場を後にした
今ネットを見たら 戸塚は厚木北に 3 対 2 で惜敗したようである
   
明日は準々の残り1試合が 14時からである 7月まで暫くの間保土ヶ谷で高校野球はない
月曜だし球場は静かであろうからノンビリと観戦の予定である

今日は野球観戦の心算であったが 少々お疲れ気味 外野芝生に寝転んで 野球見物
変身してしまった 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雨で順延

2011-04-23 19:10:00 | 高校野球

高校野球 神奈川県大会準々決勝第1日目の天気予報は 保土ヶ谷午前8時は
だが薄日が明るく影もハッキリだ 然し球場行きは ギリギリの9時50分まで待つ事にした
 
  

午前9時30分薄日が射している ”やるかな”  髭でも剃って行ってみるか待てよ だ・・・
球場へ聞いて見た  「今日は中止で明日に順延です 明日の試合については未定です」だった

  

  

何れ日曜日に予定の試合はネットで判るだろう 29日の休日に順延かな???
女房殿 「あらっ 中止なの・・・ じゃぁコーヒーにしなくっちゃぁー」と点て始めた

8時からのヤンキース戦は放送中止・・・雨なのかなぁ 11時からマリナーズ  アスレチックス
イチローさんと 松井選手の勝負を楽しむか

午後は女子ゴルフ川奈で悪戦苦闘の美女達を応援しよう 何しろ不調の桃子ちゃんが気になる

男子ゴルフは久し振りに近藤プロが飛び出した 日替わり優勝が面白い  このまま突っ走れよ
遼くん相変わらずだね 確かにバーディーはよく取るが ボギーへの拘りはどうなんだろう

近藤プロの2日目は 8バーディー・ノーボギー-8  遼くん 4バーディー・3ボギー-1
最悪でもパーセーブ・・・の術を発揮してくれないと折角の貯金がパー 苦労も水の泡が気になる
不沈艦 石川 遼プロの一面トップ記事が早く見たいよ
ホームラン狙いでブンブン振り回して三振も量産してしまう打者を連想してしまうのだが

以上は 午前中のラクガキ? 

マリナーズ  アスレチックス は 4-0 でマリナーズ連勝 イチロー選手 4打数 2安打 累計は25本
カプスの福留選手は打ち捲くっている ドジャース戦で 4打数 安打3 通算打率 4割 1分 7厘と凄い

川奈の女子ゴルフ アン・ソンジュの強さ 巧さ 安定感が目立つ 初登場の川奈で優勝の可能性大
ディフェンディングチャンピオン 服部を始め 古閑美保 上田桃子選手は予選通過ならずであった

男子ゴルフは雨で長時間中断 16
時 50分頃再開  17時 30分頃のニュースで ホールNo.は
確認しなかったが 遼くん ー 9 のようだった トップに接近明日が面白くなりそうである




   高校野球 準々決勝の日程変更 (球場は変更なし・・・保土ヶ谷球場である) 

        24日  第1試合:  9:00   横   浜       南
                 第2試合: 11:30   慶応義塾    桐蔭学園
                第3試合: 14:00   戸   塚    厚 木 北

        25日  (1試合) 14:00   横浜桜陽    向  上



夏のシード校
 (第3シードは 決定済み)
第3シード 桐光学園 川崎工科 藤嶺藤沢 横浜創学館 東海大相模 弥  栄 鎌倉学園 
           平塚学園
第2シード 下記の対戦で 敗れた4校
第1シード     〃    準決勝に進出の4校
 横 浜  南    慶應義塾 桐蔭学園    戸 塚 厚 木 北    横浜桜陽 向 上       
            

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その昔

2011-04-22 19:15:00 | 思い出

本日は 乗光寺よりご丁寧なご挨拶状などを頂戴し恐縮仕った
七七忌の法要も執り行われ 宗順和尚のご永眠を思うと感慨ひとしおです



田中 好子さんが55歳と言う若さでお亡くなりになった  円熟の女優さんとして活躍
なされる筈であったのに残念です  ご冥福をお祈りしております

55年の昔 小達 一雄氏のお父さんと私はよくゴルフをご一緒しました 共に20歳代
の若者同士でした

知り合ったのは 私と同じ六郷ゴルフクラブのメンバーA学院大学野球部出身友人の
紹介によるものでした 

プレーの多かったのは 当時私のホームコース六郷ゴルフ倶楽部でした
また故郷の 富士小山ゴルフ倶楽部へも度々ご一緒したものです

その後 彼のホームコース茨城の霞台カントリークラブなどにもご一緒し共に楽しさを
分かちあったのですが 残念ながら彼は癌を患い 早くして逝かれてしまわれました 

スタート時刻に遅刻されるのではないかと やきもきして待っていた時 私の名を連呼
しながら1番ティーグランドにハアハア言いながら駆けつけた彼の声を思い出します

私は霞台カントリークラブがオープンする前に試打の招待を受け コースをプレーしたこと
があります  「良いコースだよ」 と彼に話しました 

動機は詳らかでないが彼はメンバーになった 彼は以前にも増してゴルフ三昧
ハンデ11の私はあっという間に追い越され シングルになった彼に 「教えてください」
と立場は逆転してしまった

雅子さんの弟はご存知のように飛ばしやでも有名なプロゴルファーである
中学生の頃には 霞台のクラチャンとなり名を轟かせたと聞いていた

あの小達氏が イケメンのプロゴルファーや類まれなる美女の父になるとは 当時夢想
だにしなかったことであった

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”豪快・豪放” MLB

2011-04-21 18:30:00 | ベースボール

今日は涼しいというか 少々寒い感じで終日家に籠もりっきりであった

実は午後横浜球場へ行って見ようか・・・折角 好調なカープがトップに位置している事だしと
昔は 「何  広島かい あそこは5月の鯉のぼりまでよ」と広島を応援する私は友人達に
冷やかされたものだった

横浜も昨年までとは違った野球を見せているから 多少期待感もあるのだが矢張り躊躇して
結局外出は取り止めてしまった 気温20℃だったら観に行ったかもしれない

その代わりと言ってはなんだが MLBを楽しんだ
私はゲレーロとレッドソックスのペドロイアが大好きなのである
オリオールズの対ツインズ戦 ゲレーロの豪快・豪放なスイングを見て胸がすーっとした
レフトオ-バーのホームランは見事だった
  
11時からは レッドソックス 対 アスレチックスを観た
お気に入りのペドロイア選手は相変わらずの火の玉ぶり 渾身の力をドバーッと発散させる
あのバットスイングはたまらない魅力である 戦う男の姿がある 今日も大活躍だった
  
それに較べると松井は静かだ 闘志を内に秘めてプレーしているのだろうが アメリカ人の
ファン向きではない 受けが弱くて損をしているような気がする

もう一人関心を寄せるのは ヤンキースのカノー選手 彼は豪放で何かをする選手だ
平凡なプレーをミスするかと思うと 唸らせるような凄いプレーを平然と遣って退ける
個性の強さに惹かれてしまうのである   

昨日はイチローさん 4の4の大暴れ 今日は4-1だった チーム成績など度外視で関心は
専らイチローさんの個人成績のみである

オリオールズの上原投手も好調 昨日までは無失点 防御率も0.00であった
今日は惜しくも 1失点 これで防御率は1.76ぐらいだろうか・・・それにしても好調だ

福留選手も 昨日今日は大活躍 打ち捲くっている

心配なのはドジャース球団 どうなるのであろうか 黒田投手はどう思っているのであろうか
オーナー夫妻が球団所有権を巡って係争中だとか・・・日本とは大分違う経営形態である
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦国!神奈川・高校野球

2011-04-20 15:20:00 | ベースボール

   春の高校野球神奈川大会 準々決勝戦が迫ってきた

 

推薦出場の 東海大相模は敗れたが 横浜高校はベスト8に残った

シード校は 第1 ・ 第2 共に全滅し準々決勝戦出場校無しである

ベスト8 には 県立校 2 市立校 2 が勝ち進んだ 正に戦国神奈川を彷彿とさせる快挙

組み合わせ抽選会の結果 この取り組み となった訳だが準々4 試合総てが公 ・ 私
対決の対戦だったら 更に騒がれた春季大会になったかなぁ・・・の余計な考えも

公立校の活躍はご立派 もう一踏ん張りと幸運とを祈っている

公立校サイドから見ると 向上と対戦する桜陽が鍵を握る  桜陽がこの一戦に勝つと
公立高校3校の内1校が 関東大会出場確定となる 

保土ヶ谷区と隣接の戸塚区から 県立と市立2校が登場だから近所の誼で応援する 

その一方で私は保土ヶ谷公園の運動施設で 向上の生徒と会話を交わす事が多い
野球場で 或いはサッカー場で喋るのだが 何処の生徒も高校生は皆同じで礼儀正しく
対応してくれる それで直ぐファンになってしまうのである 

23日: 横浜は意地でも決勝に進むべく先ず準々に力を注ぐだろう
     塾高と桐蔭は好カード 歯ごたえのある試合を展開すると思う

24日: 戸塚  厚木北 両校は本年度は初の観戦 何ともコメントの仕様がないのである
     桜陽  向上は前述の通りであって 興味と関心の高まる試合である
     向上にとっても決勝進出 関東大会出場チャンスを求め まずこの一戦を戦うこと
     であろう 両校共に大きな意味を持つ試合である

   M L B(ア・リーグ)   アスレチックス   レッドソックス

投手戦の様相で 7回を終わりアスレチックス 1点リード 8回裏アスレチックスのチャンスに
メジャー復帰のレッドソックス 岡島がリリーフで今季初登板し 松井との対決があった

二人を見つめる松坂の前で ライトオーバー・フェンス上段直撃の2塁打を放った松井に
軍配が上がった 松井は 打点2 を稼ぎ 5 対 0 でレ軍を破った

  

  

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山下公園のパンダ

2011-04-19 13:30:00 | 楽しむ

山下公園も綺麗に 花壇 が並びました 毎年恒例の催しを楽しんでいます
大桟橋側から公園に入ると 先ずパンダ君が居ました
  
船は 満艦飾
              

   

      

   

   

   

   

   

     

     

   

5月は 港まつり で盛り上がる横浜なのですが 今年は自粛で中止の行事が多いです
せっせとジムに通い 体力づくりに専念しょうかな     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宗順さんと会って来た

2011-04-18 21:40:00 | 故郷

やっと今日 故・福山 宗順和尚のもとへお伺いしお線香を上げる事ができた
住職は外へ出ておられて留守  裏庭を通って宗順さんの奥様のお住まいへご挨拶に行った

お悔やみやお慰めを申し上げた そしてお茶を頂戴しながら話を伺った
亡くなられた前日も葬儀を勤められ 当日も何等異常なくお元気であったそうである

その日の夕食後「この料理は美味しかったよ」 と奥様に云われたそうである
「そうですか では又作りましょうね」 と言ってキッチンで食器洗いをしていたら「う~ん」 と
声が聞こえた 大急ぎで駆け寄った時はすでに心拍停止の状態であったと涙をこぼされた
心臓の病などした事もなく 健康そのものだったのに・・・と仰っておられた

「私は 宗順さんに送っていただけるものと信じていました それを先に逝かれてしまい
 残念でなりません」 と本心を申し上げ 共に涙をこぼした

琢翁 → 宗勤 → 宗順 → 宗完(現・住職) → 宗琢(宗完さんの長男・中学1年生) と続くで
あろう菩提寺である

琢翁和尚には 若くして亡くなった母を弔っていただき(私の幼児時代) 宗勤和尚には父が
私の少年・青年・壮年初期)  そして宗順和尚には妹 義弟3人 義妹が弔っていただいた
と言う事で 最も接触のあった住職であった

宗順さんの葬儀は 禅宗・臨済宗の総本山 鎌倉の円覚寺の管長 前・管長 更に加えて
16人の僧侶が本堂に居並ぶ読経の裡に執り行われたそうである
小山町各山の僧侶も宗派を超えて盛大な葬儀 檀家衆は庭にて参列だったとのことだ

本堂の別室に安置された ”お骨”と”遺影”にお線香を上げ 宗順さんにあれやこれや語り
かけお礼を申し上げ 口惜しさと悲しみをを伝え ご冥福を心からお祈りして合掌した
気丈に振舞われていらっしてた奥様も耐えられず涙を拭っておられた

   

             

新示寂は 新たに鬼籍に入ったことを意味する 七七忌(四十九日忌)までの間
 のみに記されるものであり やがては消える文言である
 (我々の葬儀の折には 別の文言で記されていると思う)
 

更に 「前住円覚当山廿五世天応順和尚大禅師」とあるが 廿五世までは位を示して
おり  戒名は 天応順 と言う事である (たった今 宗完さんに電話し説明をいただいた

今は肩の荷が下りてホッとしている 毎日の懸念が多少は軽くなった 

実家に寄った 妹を誘って富士霊園へ 「お花見に行こう」 と誘った  運転役の弟も呼んだ
庭の ”ぼけ” が咲き誇っていた

 

曇天そして月曜日とあって 満開桜の富士霊園の人出は一杯ながら 何とか駐車できた

 

 

 

 
 
 

 

 

 

帰りに兄弟揃って中華料理で昼食 弟が朝一番で ”蕨” を採りに行ったと土産に呉れた
妹には ”水菜の漬物” を貰って帰った

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

吃驚!仰天

2011-04-17 22:00:00 | 高校野球

今日は 驚き の一日でした
その最たる出来事は全国制覇の 東海大相模 が 戸塚高校(公立)に敗れたこと
その2は 昨日に続き 横浜桜陽が私立の強力校 鎌倉学園を破り準々に進出のこと
その3は 藤嶺と横浜創学館が予想を上回る点差で敗退したこと・・・等です
横浜 - 桐光戦 と 向上 - 平学は看板通りの熱戦接戦でした

  

4回戦が終わった時点で今大会の優勝 相模 準優勝桐光の予想はは脆くも崩れ去りました
横 ・ 桐戦は凄い戦いでした 興奮しました
         
1回表:桐光キャッチャー田中がファールフライ落球→命拾いの横高トップバッターはその
直後の球をヒットし出塁→送りバント→3番乙坂のライト前ヒット→で1点先取
  
乙坂2打席目 2本目のタイムリーヒットと思った瞬間 センターからの好返球で2塁からの
走者本塁で憤死 得点ならず
   
その後は両校ともチャンス ・ ピンチの連続で緊迫の試合となった
記録はエラーとならなかったが 1回表の捕手落球が桐光に重くのしかかってみえた
  
次の1点は横浜のものとなった 2・3塁のチャンスに果敢なスクイズ成功 勝負あったか?
  

  
桐光遂に万事窮すか・・・のときその裏に思わぬ事が起きた
1塁にランナーを置き 次打者が2塁打?を放った 私は1塁走者をカメラで追い 2塁→
3塁を回って・・・が何故かホーム側から必至に3塁にヘッドスライディング?を追っていた

打者走者が絡んだプレーがあったらしい気がしたが カメラ以外の何ものにも目がいって
居らず全然事情が分からない 桐光は走者2・3のチャンスを残す事になった 
打者は左の4番 強打者 久保田である 

横高が動いた 今まで好投の投手 柳 を左腕のワンポイントリリーフ11番に替えた
柳は1塁の守備についた 替わったところに打球はよく行く・・・と言われている

スラッガー 久保田のグラウンダーは強烈だった 投手 柳が守る1塁にである
桐光はこれで負けた・・・と観念したかもしれない ところが柳は弾いてしまった
ピンチでの硬さもあったであろう 弾いたボールを追ってキャッチャー近藤が1塁自軍
ベンチ前へ走った ホームベースは空き家となってしまった
桐光が見放す筈がない 2人の走者があっという間に雪崩れ込み あっという間の同点
  
大詰めの8回表・裏の攻防は球場を熱風で吹きまくったようである
  
こういう場面が一番困ってしまうのだ どちらにも勝ってもらいたいと身の置き所が無くなって
しまうのである 年とともにその傾向が強くなってきたように思える

結着は直ぐ訪れてしまった 当たりに当たる横高 乙坂のバットが又〃火を噴いた
一発である ライトオーバー芝生席に飛び込む2ランホームラン 参りました であった
  

  

今日の試合で先が分からなくなるほど読めなくなった 金曜日まで寝ないで考えよう

幸いな事に 選抜優勝で東海大相模は関東大会に推薦出場である そちらで優勝してよ
  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

神奈川県高校野球春季大会

2011-04-16 17:35:00 | 高校野球

  神奈川県高校野球春季大会 32校による3回戦 16試合が各地で行われました
  
やや風が強く 得点に影響を与えたシーンも見られた試合でした
   
外野からのバックホームも難しかったと思います
   
    
3回戦の結果です 横浜商大 ・ 横浜商 ・ 武相 ・ 日藤が敗れました
  横浜桜陽には驚きました 祝・健闘です

 

4回戦です注目は 横浜ー桐光 ・ 平学ー向上 ・ 藤嶺ー塾高 ・ 創学館ー桐蔭でしょうか
 
 
ベランダへ出した ”姫りんご” が満開になりました   
  
  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

桜が終わっちゃうよ~

2011-04-15 15:00:00 | 散歩

相手は大自然 時の流れと共に悠久の動きに乱れは無い 保土ヶ谷公園の桜も峠越え
これは大変  ベイエリアのお化粧も落ちてしまうと それで汽車道の桜見物に出かけた
  
      
時刻も早く 観光客の人影は未だ無い 朝の空気は美味かった みなとみらい方向は順光
  
赤煉瓦方向を向けば 逆光の時間帯である
  

  
汽車道が終われば 向こうに赤煉瓦倉庫が見える
  
12日オープンの 赤煉瓦広場は が綺麗であった
  

  
人影無しで「シメ・シメ」・・・だが 未だ お茶休憩 は出来ない 居るのは水遣りの人だけ
  

  

  

  
さて帰るとするか 途中で散髪をして行かないと頭も大分長くなってしまった 洒落っ気なし
の昨今である



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加