『 七十の手習い 』 奮闘記

●72からベンチプレス●74からスイミング ●78からブログ
●80から[ごゆるり人生]で如何でしょう!

リンリンが死亡

2008-04-30 22:44:36 | 思い出
大森から上野まで省線で通学した 上野駅から学校までの通学路は
100%上野公園内であっただけに リンリンの死は特別の感慨がある

動物園の正門を毎日見やりながら登下校の昔が懐かしい
それでなくても静かな公園なのに 戦時中は空襲に備えて厳重な灯火管制で夜は真っ暗 何かで遅くなり暗い道を帰るときは怖かった
確か孔雀の檻が正門付近にあったと思う それがまた突然けたたましい鳴き方をして脅かすのだから閉口させられた
空襲が激しくなり 万一の危険に備え猛獣は悉く殺処分される悲しい歴史も見てきた

5才になったばかりの時母が病死 その事態すらおぼろげな私だったが 不憫に思ってくれたのか父は静岡の山の中から東京見物に連れてってくれた 先ず最初に幼児が喜ぶ上野動物園だったらしい かすかに象さんを見た記憶が残っている 手を引かれて東京のあちこちを歩いたらしいが 汽車の旅とともに何も覚えていない

そういう訳で幼・少年時代[上野]の二文字は私の心に悲しみ 苦しみ楽しさ 厳しさ 希望を与え 影響を及ぼした忘れ得ぬ杜であった
私の人生にとって特別な響きがあるのだ
 
リンリンはその[上野]で多くの人々の心に可愛さを焼き付け 和ませ 安らげてくれた 
上野の杜で生きてくれた 有難うと礼を言いたい 

昔の用語を使ってしまいました 国有鉄道の時代 東京市内と近隣を走る電車は省線(鉄道省管轄)と呼ばれていました

灯火管制は 建造物の室内灯は明るさを外にもらさぬ管制下にありました 街灯などは勿論無しの夜でした

今日は ちょっと暗い話ばかりでした


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏日とは言わないが!!!

2008-04-29 19:10:48 | 楽しむ
今日は気温が上がるらしい 久しぶりに街に行きたくなった
暫く保土ヶ谷村の緑の中で のんびり小鳥の囀りを聞く日々ばかりだったせいか
人恋しくなったのかも・・・ 

来月8日にウクレレが届くと連絡があったので ハワイアンのDVDを探しに行く心算で家を出たのだが・・・

急に横浜球場へ行ってみたくなり地下鉄へ乗った
準々決勝 残り二試合が行われている それが気になる野球好き
着いてみると1回表横浜高校2点先取 その裏横浜創学館3点返して逆転の状態だった

空を見上げると青い空は夏模様であった コーラ片手の観戦です
半袖のTシャツ1枚で来たのは大正解でした



中盤に横浜集中打で一挙5点 圧巻は9回のホームラン攻撃だった
3番がスリーラン 続く4番がソロを無人の右中間の深い同じ場所に打ち込んだ 
結局11対3で横浜高が圧勝
これで 東海大相模 桐蔭学園 横浜高校の三強が決まった

残り一校は第二試合の勝者ということで 準決勝は3日に行われる

湘南学院か

立花学園か


横浜駅西口のHMVへDVD購入の為立ち寄ったが お目当てのものはなかった 
取り寄せましょうかと言ってくれたがネットで買えるので今晩にでも発注する心算 
今日はCD2枚のみ買った



今夜は見たいテレビも無いので[ハワイアンの夕べ]です
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

備えあれば 憂いなし

2008-04-28 17:32:46 | 仕事

午前は家事に精を出しました パソコン脇 窓際に置いてある吸煙機が少し汚れてきたので ベランダに運んで分解 ユーカリエキス配合ミセス・クレンリーで清拭した



吸煙機横にヤニによる壁の汚れ防止の為 ビニールシートを貼り付け
これで安心して煙草が吸えます 60年のチェーンスモーカーです

所でガソリンが30円ぐらい高くなるとか 山口補選で敗れてもこれは
民意ではないと相変わらずのKYさんたちです 備えておきましょう

ガソリンスタンドへ行った 車道に3台の車が順番待ちで並んでいた
連休明けはもっと長い待ち時間で混雑だろうか
カードを差込み給油開始 満タンにして早々に引きあげた レシートも取らなかったので
一体幾らだったのか分からない 120円前後だと思う

GWとは無縁のリタイア人間   DVD & CD Wがいいかもね






 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野球漬け小休止

2008-04-27 22:16:57 | 楽しむ
東海大相模  桐光学園 桐蔭学園  武相高校の準々決勝戦ニ試合を以って保土ヶ谷球場での試合は総て終了しました

今日は東海大相模桐蔭学園が勝ち 準決勝進出が決定しました

南ブロックの準々決勝は29日横浜球場 準決勝戦は5月3日 決勝戦は5月4日に同じく横浜球場で行われます

南ブロックは多分横浜高校が決勝進出か 北ブロックはどちらでしょうか甲乙つけ難い気がしております

3日は港まつりでもあり野球観戦は今日で一区切りをつけ小休止です
夏の甲子園予選県大会を待つことになります

東海大相模と桐光学園は緊迫した投手戦 どちらにも勝たせたい 
どっちも負けるなという思いで 見ていて肩が凝ってしまいました

0 対 0 のまま延長戦に入りました 決着は10回表に東海大がチャンスをつくり決勝点をもぎ取りました  
応援は正にピークの状態 2時間以上大声で歌い続け 激しく踊り続けたチアガール全員のタフネスぶりには畏れ入りました
迫力がありますね チャラチャラしている女の子と思っていたが とんでもない大間違いであることを知らされました 感嘆の一語です
彼女達のパワーの凄さを思い知らされた 10回表必死の応援です

1点奪取 ガッツポーズの選手を迎え万歳の東海大応援団 



先週 今週の土日4回にわたり高校野球を楽しませてもらい球児たちに感謝しています 「どうも有難う」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お待ちになりますか?

2008-04-26 20:34:21 | 雑記帳
今日の保土ヶ谷球場は3試合 第一試合は9:30に始まる
慶応  桐光学園 勝敗はどうなるか強豪校どうしなので興味津々

桐光は ’00 ’01 ’03は選抜 ’02 ’05 ’07は夏の甲子園出場校である 慶応は150年の歴史を誇る名門であり伝統校である

9:00に家を出た 公園内に入ると駐車場は既に満車状態だった
球場の駐車場が満車になってから更に此処がこの有様なのである
大駐車場は既に満車状態

大駐車場を囲う此処も(更にもう一つも)満車

鯉のぼりを潜り サッカー場前を通って 球場へ急ぎ足


球場に着くと長い行列一瞬もう入場制限かとドキリ 入場券売り場に並ぶ列で一安心 ベスト16から有料ということであった
チケットは500円であった その値打ちは充分あるので納得×2だ

桐光先攻で火蓋は切られた 慶応は一塁側 両校の応援は整然としている 流石に場数を踏んでいると感心です


今までは太鼓だけの応援だったが今日は音が入った華やかさである
ブラスバンドの応援演奏が始まると もうネット裏に座ってられない
スタンド最上段に駆け上がってしまった そして音とリズムを楽しんだ



応援団長が大声を張り上げる 彼らも鍛えに鍛えられている
「桐光(トウコウ)を投降させるぞ 投降と書いたカードを高々と掲げ 応援団の鼓舞に懸命である
ところが魔の6回ミスもあって一挙3点を奪われてしまった
勝負あったと直感 コンコースへ出てケントに火をつけた
下を覗くと激しい車の渋滞 延々と続きピクリとも動かない

「お待ちになりますか?」とでも聞いて回っているのだろうか満車の状況を説明しているようだ まだ試合中だし60分待っても無理だろ



その後8回ダメ押しの4点を奪われ 予期せぬコールドゲームになった
桐光のどっしりと腰を下ろした厚みと重みを感じさせる攻守であった
慶応の一糸乱れぬ応援団の健闘に拍手を贈りたい
               最後の最後まで必死の応援ご苦労様
 

第二試合は東海大相模  横浜商大であった 何しろ風が冷たい
スタンドを昇ったり降りたり トレーニングで体を温めた
両校の応援振りを見て回っているようなものだ
東海大は女生徒がリーダーで応援団も女生徒中心 反対の三塁側にまで良く届く大声援である


横浜商大はこれまた華やかなチアガールのお出ましである 今大会ではお初にお目にかかった 色・香が加わり春の大会に相応しい


試合は東海大の速攻で始まった 1回ノーアウトで4点奪取その後1点を加え結局5点の立ち上がりだった
寒さに耐えかね帰ることにした 商大の反攻を祈りつつ・・・



速報によると

東海大相模 7 - 6 横浜商大  武 相 6 - 4 日 大
桐 蔭 11 - 5 向 上  ・・・・・・・・・・という結果であった
 
27日(日曜日) 保土ヶ谷球場
 第一試合  10:00   桐 光 学 園    東海大相模
 第二試合  12:30   桐 蔭 学 園    武 相 高 校
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

人畜無害の男

2008-04-25 14:43:08 | 雑記帳

公園に誘うときは「コンビニでケーキを買ってあげる」と言うと女房殿は必ずついて来る

坂を下って街へ買物のときは「ソフトクリームを食べよう」と言うとこれまたついて来る

今日はソフトクリームの日です 夏になったら部屋の入り口に<のれん>をかけようと思う そして窓の外には洒落たブラインダーを吊るす予定  のれんは布でなく蔓状の物を編んだ品 ブラインダーは竹か木か樹脂か 色彩はを決めるため下見に行った
豊富に展示されていて迷ったが 今日は見るだけでおしまい

女房殿はスーパーで買物です 私は近くの花売り場を散歩して歩いた
例により野暮天の為名称は良く分からない 最初のは「日日草」と書いてあったが あとは読みながら撮ったが帰るときは総て忘却である





















写真を撮っている最中に お一人のご婦人が近づいてきて声をかけられた 
「お花がお好きなんですか」・・・と 「はぁ むにゃむにゃ・・・」と曖昧
「お優しいんですねぇ」の返事に窮していると・・・「上の 保土ヶ谷公園にいらっしゃると お花が一杯よ」と仰る 「そうなんですか」(嘘つきめ 毎日のように行っているくせに)・・・生まれて初めて女房殿以外の女性と会話を交わした  

買物を済ませ女房殿が来た 「今 あそこを歩いている女の人にナンパされそうになったよ」と言うと 「使用期限切れ 人畜無害で安全だと思ったから話しかけてきたのよ」のお言葉 「泣くな男よ 明日がある」と言いたいところだが「ご尤も ご尤も」で終わり

「そんな事より ケーズ電気の新規開店 入り口でこれ貰ってきたわよ貴方も行って来たら  」 と現実の世界の厳しさよ (ガクン ガクン)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひねもす のたり のたりかな

2008-04-23 17:24:19 | 雑記帳
毎週 水曜 木曜頃が何故か退屈 そうかと言って自由気ままな生活に馴染んでしまって 固定したスケジュールを求める気はとんとなく真っ平ご免なすってだから困りものだ

無理やりやる事を探した そうだ不要なファイルをまとめ ディスク クリーンアップの大掃除でもするかと考えた
ディスクデフラグを見たら これでは立ち上がりが重くなるのは無理ない 大量の赤線があっちこっちバラバラのばらで青に混じっている大汚れ 整理整頓を怠った 考えてみたら昨年12月以来ノータッチの不精をしていたからね

[最適化]をクリック後は機械任せ パソコンのそばにいてもどうなるものでもない 10分経過でも進捗状況は未だ1%だ 
60分もすれば綺麗になってくれるだろう・・・とリビングへ移った

窓をあけると30㍍もない梢で美声のウグイスが「春ですよ~ 春ですねえ~」と歌っている そうだ大事な仕事があったんだ

ベランダを掃き如雨露で水撒き 雀くん給食の開店準備だ
大気汚染のどこかのような 不衛生な環境にお客さんを招きたくない
陽を浴びて水も乾いたので雑穀と米粒を適当な密度で撒いた 
これにて準備OK 「我ときて 遊べや親の ない雀」待ってるよ

部屋に行きパソコンを覗いたら掃除完了だった 40~50分で済んだ様子であった データを見て[閉じる]これでOK 次は7月頃実施だ

新聞の神奈川版ページを見ると 高校野球の今後の組み合わせ表と球場及び日時が発表されていた



我が家の庭 保土ヶ谷球場は赤丸で囲った26日(土)の27日(日)である 準決勝と決勝は横浜スタジアムで行われる

北ブロックは強豪がずらり 甲子園レベルのビッグネームが並んでいる

車の混雑渋滞は第一試合の慶応 第二試合の東海大相模などで先週以上に激しいと予想される 試合ごとに駐車場も車の入れ替え措置があるかもよ 相鉄で来て空を見上げる急坂を登るのがが賢明でしょう バスで来たときはバスが立ち往生の公算大 2つ3つ手前の停留所で降り歩いた方が早いかもしれない 
「坂ノウエノキミマロ」我輩は悠々たるもので申し訳ない
どなたか私のことを「保土ヶ谷公園のホームレス」のご発言が
??

雀くんが訪問してくれました 気まぐれなのでいつ来るのかわからない
曇りに近い状態で光量不足でしょうか 高速連写の為 200メガ ISO 200でやって見たのですがうまくいきませんでした
それに予期できぬ動きのあるものはどうも苦手です 試行錯誤を繰り返してみようと思っています 雀はよい教材になってくれるかも







穏やかな内に夕食の時間が迫りました 長野には右翼の街宣車出動
今夜のテレビメニューは ヘキサゴン いい旅夢気分 古事記誕生の謎 報道ステーション 我が家は今日も平和な一日のようです
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

静かな心で

2008-04-22 16:55:07 | Weblog
長い9年間でした 山口の母子殺害事件最高裁の判決が下されました
本村さんの記者会見は立派だなあと思いながら拝見しました
冷静に心中を語っておられました 一言一句が頷けるものでした

腑に落ちた判決で心静かに公園を歩くことがてきました
公園も静かでした また土曜 日曜そして昭和の日は お巡りさん出動のことでしょう


あちこちに点在して咲く躑躅を観賞しながらひと回り 五千歩です













躑躅だけでは? 隠し味にチュウリップを加えました


この頃は家の周辺ばかりの行動です GWです
古巣界隈を歩き回る事になりそうです 老骨に鞭打って

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

清清しい少年達

2008-04-21 17:14:20 | 社会
連日 高校野球や 高校サッカーに触れる機会を得てきました

スポーツ愛好者であると共に 自分も同じような道を歩んできただけに
親近感をもってゲームを観戦 大いに楽しませてもらっています

昨日触れた浦和東高サッカー部員の爽やかで清清しい態度は 今日になっても鮮明に快さを感じさせてくれます 

野球部員も全く同じです 礼儀正しさにスカーッとした清涼感 心地よさを感じさせてもらっています

先にシートノックを終えたチームが 泥を被ったホームベースを清拭し
次の相手チームに一礼しベンチへ引き上げる態度 いいですねえ

シートノックの後 トンボでグランド整備をしてくれた部員に対し両校のレギュラーが整列の上「有難うございました」と挨拶するのも 見ていて実に微笑ましく 美しい礼儀作法だ

部活はこのような教育効果がある だから社会の評価も高いのです



「子供は 大人になる事ができるが 大人は子供になる事はできない」
若人は二度と戻れぬ貴重な今を生きている 大切にして欲しい

立派な礼儀作法を 競技場内だけのもので終わらせては勿体無い
広がりです 広げる事が大切です どのような場にあっても実践し
好感に満ち溢れた青年に大人に  成長されますように
身近の存在 石川 遼君は 「いつでも」「どこでも」「だれにでも」がしっかりと身についているのではないでしょうか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二股かけて・・・あ~ぁ疲れた 

2008-04-20 20:32:24 | 楽しむ

待望の横浜高校の試合 公園に入るとお巡りさんがあちらこちらに立っていた  園内を通るバス道路の渋滞整理に当たるためである

サッカー場前に赤のユニホーム 見ると浦和東高校サッカー部員だ
「どことやるの」芝生に座っていた子に声をかけた 彼はすくっと直立
礼儀正しさに吃驚アンド恐縮してしまった
流石伝統の名門校生徒である きちっと教育を受けている 
「ハイ 日大です」 キックオフ時間の質問にもキチット答えてくれた
「野球を抜け出してその時間に来ますよ 頑張ってね どうも有り難う」と激励 取り敢えず競技場の写真を撮って野球場へ向かった

喚声を聞き球場スタンドへ駆け上がった 1塁側横浜 2塁側藤嶺藤沢
父母の会が陣取り生徒と一体になって応援盛んである



5回に試合は動いた 一死満塁からスクイズで藤嶺藤沢1点先行
3塁側は太鼓を鳴らして大騒ぎであった
 
打順からすると横浜の反攻は6回以降と読んでサッカー場へ行く事に
コンコースから下を眺めて驚いた 車の渋滞が凄い
球場から300㍍ほど先の駐車場入り口まで続いている 後方には未だ球場にすら到達していない車が延々と連なっている
バスなどの通行車は片側1車線しか使えない 見ているとお巡りさんが上り下りを交互に走らせて処理していた

車列に同情しながらサッカー場へ移動 キックオフ寸前だった

ピンクの日大                  レッドの浦和東                 
 
20分ほど観戦 彼との約束を果たしたので 気になる野球場へ戻った
案の定6回に横浜が2得点で逆転 そのままゲーム終了となった
2対1 藤嶺藤沢は健闘むなしく惜敗となった

さてサッカーもゲーム終了の時間だ コンコースから下を見て又吃驚
今度はさっきの逆方向向きが大渋滞 球場の先に信号がある
横浜戦が終わり どっと駐車場から車が溢れ出たのである

再びサッカー場 両校は懸命のロスタイムのゲームを展開中だったが
前半に1点先制の浦和東高が勝利した 



またまた野球場 あ~あ忙しいことだ 今度は武相  横浜隼人戦
武相の速攻は見事1回2点 3回に1点 強風で外野は大変だ
3
回の1点はまさに風 気の毒だった

アゲンストのスタンドで体は冷え込んでしまった そろそろ女子ゴルフ
続いて遼くんも見なければならないので帰ることにした
公園を出る際駐車場の一部をパチり 第2試合でまたふさがったのだろうか
それにしても二股かけての観戦「参ったサン成田サン」でした







 


  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スポーツてんこ盛り 保土ヶ谷公園

2008-04-19 19:24:33 | 楽しむ
   春の高校野球神奈川大会 今日は三回戦です 

11:00から慶応藤沢  南高校 13:30から三浦高校  柏陽高校戦です 12時に保土ヶ谷球場に行ってみました

サッカー場の向こう 野球場のスコアーボード上に強風に煽られて激しくはためく県高野連旗が見えました


応援の喚声も聞こえます 急ぎ足で球場に入りましたが南高が慶応藤沢を2対0でリードしていました


更に1点を追加され慶応藤沢苦戦で後半に入りました
最終回はスリリング 二死一打同点のチャンス慶応はランナーを置いて左中間ど真ん中に痛烈なフライを放ちましたが 南高センターの超美技で惜敗しました 抜ければ三塁打だったでしょう
観客の惜しみない拍手を浴びた素晴らしいゲームでした


明日は四回戦 第一試合は待望のシード校 横浜高校が保土ヶ谷に登場です 相手は藤嶺藤沢という好カード
第二試合は武相  横浜隼人とこれまた実力伯仲で楽しみです

ところで公園内はスポーツ一色 草野球2面 少年野球2面 ラグビー  サッカーと賑やか賑やか 
 中・高校生混合の女子サッカーゲーム観戦 可愛いですねボールの色はピンクでした

  


東屋の傍らのチューリップが咲き誇っていました 花の命を奪って喜んでいる心貧しい人のニュースを聞くのは残念です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雀の給食時間

2008-04-18 11:17:19 | 雑記帳
部屋では大降りの雨 強い風も一向にその気配を感じない静寂そのものだが 南東側のリビングに移ると様相は一変する

大粒の雨は硝子戸を叩き 風はそれを吹き散らし吹き飛ばしている
鉢植えの水遣りを雨に託そうと 棚からベランダに並べて省力化を図った女房殿の企みは無残にも敗れ将棋倒れの惨状 後始末が大変です

昨日は室内から硝子戸越しに若緑の木々 八重桜などをジッと眺めて
あるものをじっと待つ忍耐の時間を過ごした






若葉の茂みの中から10羽ぐらいのグループ雀が あちらからこちらへというように忙しく飛び交っている

女房殿の部屋から窓越しの八重桜にも飛んでいくグループもある



実は 時々グループを離れ我がベランダを訪問してくれる何羽かの
雀君がいる 返礼に一度おもてなしをしなくては失礼と思っていた

それで先日来雑穀類を撒いていた 撒餌成功なのだが 啄ばんでいるのを見に行くとパッと飛び去ってしまう 警戒心が甚だ強い
近寄る気配を敏感に察知されてしまう

そこで夕べ寝ないで作戦を練った  レースのカーテンで室内を見えないようにした  観葉樹を室内窓際に並べ人の姿が見えぬようにした
 三脚にカメラをセット  座椅子にて忍耐強く何分でも待つ・・・だ

後期高齢者は暢気なものだと苦笑してしまう 20分ぐらい経過
お客さん来ました 来ました  
雑穀だけでなく 朝炊き立ての白米ご飯の効果だろうか
私にも カメラにもお気づきではない ただフラッシュは禁物だ


面白い写真は撮れなかった まあその内を許して色々なポーズを見せてくれるようになってくれるかもしれない

雀君が雑食であることはよく知っている パンも うどんも 蕎麦も食べてくれるだろう 目先を変えて「今日は何かな」と期待されるレシピも考えようと思う
それに「チイチイパッパ」で咽喉も渇く筈だ水分補給に甘い紅茶なんか用意してあげたら声帯の保護にもなるしね
うんと親しくなったら最初はみりん 徐々に日本酒に切り替える・・・・・
なんてよからぬことを考えたりしているチョイ悪爺です
だが絶対にメタボにはさせない心算です 責任を持ちます
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

[楽しい]!!!を求めて!!!

2008-04-17 09:00:02 | 雑記帳

【4月16日】

ハタチ代
の頃は確かに楽しかった よく学びよく遊びよく遊んだ 
1950年頃の大学周辺には 雀荘 ビリヤード場は付きものだった
それと社交ダンスが大流行 フロリダ オアシス パラマウント 美松など大きなダンスホールは大盛況 土曜の午後は学生や若いサラリーマンで超満員 前半はラバーソールにリーゼント達が プリーツスカートのガールフレンドをくるくる回してジルバの競演 
後半は水を打ったような静けさお決まり恍惚&情熱のチークタイムだったと友人が回顧していました 

今思えば有名なスイングバンド タンゴバンド ハワイアンバンドの生演奏によくも毎週恵まれて過ごしたものよと感じ入っています

ハワイアンでは何といってもバッキー白片さんだったですね 
日本ハワイアン音楽の育ての親 時代が終戦直後で時流に乗ったというラッキーさもありましたが第一の功労者でしょう
ハワイ大学医学部の学生は音楽という異学部で後世に名を残しました

大橋節夫とハニーアイランダース 甘い甘い演奏でした チークに誘導された諸兄姉の賛同を求めます ・・・と友人が申しておりました

山口銀次さん エセル中田さんも懐かしい人たちです

横浜駅西口 ヨドバシカメラ 7Fへ寄ってCDを買ってきました 
フラソングコンピレーションものを探しました 
伝統的なフラソングに特別の意識をもったことがなく 知識にも欠けていた ポピュラーなハワイアンミュージックとの違い発見目的です

 県高野連の発表: 13日の雨で日程の変更が少しあった
20日(日曜日)の4回戦・保土ヶ谷球場は好カードで満員の予感
横浜高校  藤沢藤嶺×湘南工大付の勝者が  10:00から~
武相  横浜隼人×川崎工の勝者が 12:30から~の予定です



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二兎を追うもの一兎をも得ず

2008-04-15 17:01:41 | 故郷
本日の行動は 富士霊園の観賞 富士山太郎坊までのドライブである 9:00駐車場出発 16号が渋滞で東名に入るのが遅れた

松田通過9:35 そのまま次の御殿場Ⅰ.Cへ向かった 予定は松田から246号を走り富士霊園が先だったのだが 遠くのほうから回ってこようと順序変更富士山を先にと変更した

陸上自衛隊東富士演習場 米軍キャンプ富士に到着は10:00だった
 

少し行くと射撃演習地点に到達 久しぶりに身近に聞く音は腹に響く
監視の隊員が座ったままだが時々こちらに目を配っていた
 

この辺り正月休みに洋凧を揚げに来た思い出がある
もう峠を越えた桜 その合間の富士が身近に感じられた この辺から引き返す人もチラホラ見えたが一様に写真を撮っていた
 

更に山を登る 富士が覆いかぶさるように大きく迫ってきた
 

正対する金時山が同レベルに見えるようになった 太郎坊はもうすぐである 今まで車を走らせてラクに到達のこの地点 毎年の富士山頂往復駅伝のランナーは大変だなあと思う これから先は急勾配そして砂場や岩石の道で争うのだから・・・太郎坊までは行けると思ったのだが
ところが看板が並べられ 道はロープが張られ通行禁止になっていた

登ってくる時凍結注意の看板を頻繁に見た また現在の気温表示の数字も見た 未だ早いに決まっている 大体が例年五月の連休ぐらいまで除雪はしない筈だったような気がする
Uターンして富士霊園へ行く事に相成りました
 

246号へ出たら気持ちよく走れない 山を下らぬ内に田舎道 林の中 ゴルフ場ぎわの道を走る事にした 勝手知ったる富士山 西丹沢山塊 箱根外輪山の山容を眺めれば どう走れば目的地に近づくかは即察知できる

霊園から1km手前 車が流れなくなった 全車花見客のようです
富士山よりこっちを先にすれば良かった 後悔先に立たずであった
霊園敷地内はもっと酷い混雑 駐車場は満杯だしその他のスペースも大型観光バスの臨時駐車場でお手上げだった
車を停めれば渋滞ノロノロ動くしかない 整理員も汗だくだった
以下の写真は運転しながらのものばかり 手振れの名人も今日ばかりはピンボケの言い訳無用で幸せで~す
 
 
 
 

今日は諦めの境地 五月の躑躅を待ちましょう 
 

霊園からの帰路も大変な混雑 踏んだり蹴ったりです 246号へまたまた2km近い渋滞 246の信号青は長いが 枝道の青は甚だ短い
信号20回待ちだったら30分以上イライラか だが再び勝手知ったる田舎道 一本左の工業団地側をスイスイのス~イで246号の人に
30分後には松田I.Cから東名に入っていました

[本日の総括]予期した結果を得る事なき一日でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒い日曜日でした

2008-04-13 20:51:23 | 雑記帳
 雨がしとしとと降る寒い朝でした 今日はおとなしく家に閉じこもって居るしかないのかなと思うと一瞬憂鬱

昼前 雨が降っているのか 止んでいるのかはっきりしない天気なので果たして高校野球はあるのかなあ~と公園管理事務所へ電話してみました 
「正午頃 決行か中止か電話がある約束なのに未だないんですよ」
のんびりしてる高野連だなあ~と思いながらニヤニヤ

13:30に再度電話 応対の女子事務員さんが 「やるようですよ あっ 応援の太鼓の音が聞こえるから始まったようです」のご返事
早速出かけました 何しろ1日最低でも5000歩ぐらい歩かないと体調がおかしくなりそうな習慣がついてしまった私です

座っての観戦は矢張り寒い 本日は神奈川工業  多摩高校です
天候のせいで空いていました 大変なのは昨日といい 今日といい
父母の方々の応援です 親の有り難さをつくづく感じさせられますね

2対0で神奈工がリードの後半7回だか8回でしたか 多摩高が1点返したあと本塁でタッチアウトの憤死もあり球場を後にしました

歩いていても誰ともすれ違いの無い歩道 寒い道を帰りました

選手と応援団はとても元気!!!お母さん達もお元気でした

こんな静かな事!!!信じられない

MM21も今夕は静かでしょうか







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加