いろはにぴあの(Ver.4)

大人になって再開したピアノ(中級レベル)を楽しんでいます。よろしくお願いします。自然大好き!

欲張りたくなる

2018-08-12 | ピアノ、音楽

 聴いた瞬間、この曲は大好きだ、弾けるのならなんとかして弾けるようになりたい、と思える曲に何曲か遭遇する。しかしタイミングや自分の演奏レベルを考え先延ばしにしている曲のほうがはるかに多いし、今後もただただ増えていくばかりのような気がする。しかしそのような選曲の先延ばしは永遠に出来るわけではないということに気づきはっとする。そこで人前演奏が前提でないのならこれはという曲はちょっと譜読みだけならありかなと思う。そしてレッスン日までの数日間、特に、間が空いたときなんかは、ちょっとありかなと思っていた譜読みをやってみる。そうしたら、なんとか音にだけはできる事に気づき高揚感でいっぱいになる。すっかり練習が楽しくなり、どちらがメインなのかわからなくなりそうな事態に。そして、レッスン日、本筋の曲の粗がいっぱい見つけ出され、脱線しているどころではないという現実を思い知る。(現在その段階)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 藤子・F・不二雄 ふるさとギ... | トップ | 練習 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ピアノ、音楽」カテゴリの最新記事