いろはにぴあの(Ver.4)

大人になって再開したピアノ(中級レベル)を楽しんでいます。よろしくお願いします。自然大好き!

奥井紫麻氏 ピアノリサイタル

2018-07-29 | ピアノ、音楽

 若くしてオーケストラと共演し、マツーエフ主催のコンクールで最年少受賞、キーシン氏に「これほどの年齢でこれほどまでに音楽を理解して感じる事ができ、楽器を自由に操ることができるとはただただ驚いた。」と評されたピアニスト、奥井紫麻氏のピアノリサイタルに行ってきた。

 曲目は

ピアノソナタ第11番 変ロ長調 Op.22   ベートーヴェン作曲

ウィーンの謝肉祭の道化 Op.26              シューマン作曲

休憩

24の前奏曲 Op.28 より 第1番~第12番 ショパン作曲

夜想曲第8番 変ニ長調 Op.27-2     ショパン作曲

夜想曲第10番 変イ長調 Op.32-2            ショパン作曲

スケルツォ第2番 変ロ短調 Op.31            ショパン作曲

アンコール

ひなぎく ラフマニノフ作曲

 ベートーヴェンの第11番、第1楽章のはつらつとした進行とともにピアノと耳とが楽曲になじんでいく。そして第2楽章のアリアでいきなり別世界へ、なんて美しいのだろう。まるで夢を見ているようなピアノの歌わせ方。第3楽章のメヌエットもデリケートなところまで心が行き届いていて、第4楽章、まるでかぐわしい花に包み込まれているよう。

 シューマン作曲ウィーンの謝肉祭の道化、私の大好きな曲。第1楽章のアレグロ、華やかな祭りの始まり、その後広がるロマンチックな世界、ラ・マルセイエーズ、そこまでの豊かなドラマ。ごまかして流すようなところが全くなく、音色の変化、間の取り方など、音楽の流れを噛みしめ自分のものとして消化させながら演奏しているのが感じられた。第2楽章ロマンツェ、今までは存在感あふれる前後の曲と比べてあまり注目して聴いてこなかったのだが、今日はこの曲の一音一音が実感をもって心に響いてきた。はかなくも忘れられない美しさ。第3楽章のスケルツィーノはユーモアをもって軽やかに舞っているように。そして大好きな第4楽章インテルメッツォ、情念の感じられる歌の背後の分散和音のレースのような細やかさが美しかった。曲の魅力がするめのように伝わってきた。どんなに激しい曲でも音楽の流れに伴い細やかな変化がある。勢いだけでやみくもにたたきつけるような演奏では何も伝わらないというのをあらためて実感することに。第5楽章フィナーレも同じく、勢いと華やかな出だしで印象付けながらも、その後のメリハリがしっかりしていて説得力が感じられた。楽譜に書かれている音はすべて有機的で無駄な音が一切ないのだということを演奏を通じて教えられたような気がした。

 休憩後、ショパンの前奏曲より前半。この前奏曲、どちらかといえば後半の曲に私の好きな曲が多く、今まで前半についてはあまり各曲の特徴をつかめて聴いてこなかったのだが、今回前半だけ聴いてそれぞれ個性的なキャラクターとエネルギーを持った曲だったのだと改めて感じた。第1番、第3番の軽やかで優美な雰囲気、第7番の静かでほっとする雰囲気、第11番ののびやかに歌うような雰囲気、それぞれの曲の放つ魅力が感じられた。しかし最も好きだったのは第4番と第6番のアウフタクトの部分だった。そこから哀愁のこもった歌へと流れゆく部分のせつなさ、忘れられない。音が減衰するピアノだが、弾き方によってはここまで自由に歌わせることができるのだ。

 ショパンの夜想曲より2曲。第8番Op.27-2と第10番Op.32-2。魅惑的な旋律にうっとり、憧れの世界へと連れてってくれた第8番、軽くてきらきらした装飾音がさらに魅力を引き出していた。一部抑制したように思えるところもありながら、その抑制されたところのおかげで音楽がしまりのあるものになっていた。夜想曲第10番Op.32-2、出だしとコーダののどかで温かい雰囲気と再登場による安堵感が心地よかった。そしてその間のドラマチックな部分から湧き出すほとばしるような情熱はまるで永遠の世界へと向かっているようだった。ちょっと感傷的だけどゆりかごのように温かく優しい世界。

 ショパンのスケルツォ第2番。印象的な出だし和音、そくぞくするすべり出し、その後しなやかな部分へと移行。音楽の移り変わりに伴い色彩も変わりこの曲の多様性を実感。曲の場面が移行する際に適度な間が感じられるのだが、その間の取り方が絶妙だった。音楽に決して流されず、音楽の流れを演奏を通して作っていく、そんな意思が、感じられた。後半盛り上がり部分のエネルギーは終結部に向けて保たれ推進力を持って力強くコーダへと向かっていった。最後の一音まで輝きとエネルギーのある音だった。小さな体いっぱいから出された豊かな音楽の世界も終結へ。

 盛大な拍手の後アンコール。ラフマニノフ作曲のひなぎく。さまようように幻想的で北方を感じさせる響き。心の奥底にある宝石箱のふたの一部をそっと開けてくれたような感じがした。かけがえのないプレゼント。

 それにしても聴きごたえたっぷりの演奏会だった。隅々まで心が行き届き音楽への愛情が溢れんばかりに感じられた。発するあらゆる音と間に魅力、意味と方向性が感じられ、この曲はこんなに素晴らしい曲だったかと発見しっぱなしの状態だった。楽曲の構造を確実に消化、納得し、音楽の中の物語が伝わってくるようだった。速い曲もゆっくりした曲も曲の流れはきちんと保ちながらも、適当に流されて弾いたところが全くなかったのもすごいと思った。動画にある演奏の説得力、生演奏で改めて実感した。これからのご活躍が楽しみ。

お守りにします!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 暑い季節に | トップ | 楽譜の意識化 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ピアノ、音楽」カテゴリの最新記事