ELLの足跡

人は最後は一人だと言う・・・でも、今は妻が傍にいる・・・

連休初日!平等院へ行ってみたぁ~!

2020-01-11 | 雑記


連休初日~ 近隣
京都・宇治 世界遺産平等院


鳳凰堂
正面の少し右側から撮った鳳凰堂

側は通っても拝観したことがなかった…
 半世紀以上、京都に住んでいるのに平等院は訪れることがありませんでした・・・
 連休初日の今朝は、冷え込みはきつかったのですが、空は快晴!
 ならば・・・と、休日の妻に『一度、平等院へ行ってみよか』・・・と、9時には家を出発してみました。混んでいなかったら、30~40分程度のドライブなんですが、宇治川沿いも散策してみたいし・・・と早めの出発となった次第です。

平等院の案内図
 平等院周辺の駐車場はコインパーキングも含め日中は一律700円となっており、結構、安心して止めやすいかもですね。私達は南門近くのコインパーキングに止めて2分程度歩きましたが、早かったので、南門前の駐車場も、まだ空きが十分にありましたね。

 南門の受付で一人600円の拝観料を支払って、いざ中へ・・・
 鳳翔館を右手に見ながら順路を歩いていくと右手に鳳凰堂の背面(一番下の写真)が見えてきました。ただ、左前方に沢山の人のかたまりが見えるんですね・・・んっ?なんだろう?・・・と思っていたら、鳳凰堂の内部拝観を申し込まれた人が待機されていたんです。
 内部拝観は別途300円の志納金を払い、申し込みをしても、30分ごとに40名程度(?)しか入れないらしく、中に祭られている阿弥陀如来坐像も見たかったのですが、待ち時間が苦手な私は諦めてしまいました・・・(^-^;

 極楽浄土の宮殿をモデルにした『鳳凰堂』の動画や写真、さらに妻の写真を撮りながら順路を進んでいくと、平等院に伝わる様々な宝物を展示する博物館の『鳳翔館』の入り口があり内部へ・・・中には、太鼓をたたいている像など、一体一体がそれぞれ違った表情やポーズの雲中供養菩薩像26躯などは見ていても飽きませんでしたね。
 出る時は表門から出て、宇治川沿いの『あじろぎの道』を散策しながら南門方面へと周り、お土産を購入して帰路へ着きました。

 ただ、今回、期待が大き過ぎたのか・・・鳳凰堂も今まで写真で見るのと実際に見るのとの・・・何ていうのでしょうか・・・落差ではないのですが・・・「感動したぁ~!」って感じがなかったんですよね・・・鳳凰堂のイメージが、私の勝手な想像で・・・ものすごく壮大なイメージを描き過ぎていたのかも知れません。

背面左側から撮った鳳凰堂
背面左側から撮った鳳凰堂


コメント   この記事についてブログを書く
« 体重は何とか落とせた…が…体... | トップ | 日本語でプログラミングを覚... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事