ELLの足跡

人は最後は一人だと言う・・・でも、今は妻が傍にいる・・・

LINEの誤送信の取り消し方法ってご存知ですか?!

2018-07-22 | 日々のパソコン
昨日の結婚式出席は車で行って大正解でした。

タイムズ駐車場検索アプリ

先ず、スマホアプリが活躍してくれました・・・

出発前に、左記の駐車場アプリで

結婚式場近くの駐車場の空いてるところを調べておき

次は、その場所をY!カーナビの目的地に登録し出発!

炎天下の中を歩くこともなく無事式場へ到着できました。


しかし、今朝起きてから、寝冷えなのか熱中症気味なのか筋トレする元気すらありません・・・

頭は痛いし・・・肩は詰まっているし・・・兎に角、集中できません・・・

今日はゆっくりさせてもらいます。


ところで、LINEの誤送信を取り消す方法をご存知ですか?

間違って送信した時などに、この操作をやれば取り消すことができるといいますので、

今朝は、この紹介記事を転載してみようと思います。

~以下、7月22日読売新聞朝刊より抜粋~

「Digi Life」のロゴ
「e安全」のロゴ

LINE誤送信、消せる手段も

 無料通話アプリ「LINE(ライン)」を家族や友人などとの連絡に使っている人は多い。だが、間違って別の人にメッセージを送ってしまった経験はないだろうか。こうした誤送信は、早めに対処すれば取り消せるものもある。
 「仕事を『体調不良』と偽って(休んで)彼氏とデートに行き、デートの写真を会社のグループラインに誤送信した」「友達に送るはずの旦那の不満をそのまま旦那に送ってしまった」
 LINEの運営会社が利用者から募集した誤送信の実例には、思わず冷や汗がでそうなものが並ぶ。
 こうした事態を防ぐため、同社は昨年12月、24時間以内に送ったメッセージや画像などを、自分と相手の画面から消せる機能を導入した。消したいメッセージを長押しし、「送信取り消し」を選べばよい。「削除」を選ぶと自分のスマートフォンからは消えるが、相手側には残ったままなので注意が必要だ。また、受信時の通知にメッセージが表示される機種もあり、これは「送信取り消しでも消せない。
 対策として、相手ごとに画面の背景を変え、見分けやすくすることが効果的だ。「トーク設定」の「背景デザイン」から選べるので活用したい。
 このほか、Gmailなどのメールサービスでも送信の取り消しが可能なものがある。覚えておくと安心だ。
LINE送信取り消し法

ジャンル:
便利な使い方
コメント   この記事についてブログを書く
« 目的地を検索すると周辺駐車... | トップ | 癌の化学療法 循環器病のリス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々のパソコン」カテゴリの最新記事