中国不滞在記 in 神戸

行って見て聞いて考えた中国のこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

道頓堀で火鍋を食ったぜ

2016年09月06日 | 中国の食
今日は週一の日本語学校の日。

午前中は期末考査の監督。
自分が教えているクラスではあるが、試験は専任の先生が作ってくださったもの(らしい)

午後はあの悪魔のような総合科目。。。
先週の試験のフィードバックとて説明するが、学生から2か所ミスを指摘され、来週解答すると逃げる。8ページにわたる試験を3日かけて作ったのだぜ。3回見直してなおかつ間違いがあったとはこれは病気だ。昔からだが。。準備にかける時間を考えると日本語学校の教師の時給安すぎ。とはいえ自分が立派な日本語教師とはとても思えぬ。

授業を終えて控室で来週の準備してから、はるばる中国は福建省から師を慕ってこの日本語学校に留学した学生と食事。彼女が大学2年生のとき、その大学に日本語教師として赴任したのであるが、彼女は学習委員として何くれと世話をやいてくれたのであった。そのころから将来日本の大学院で経済を学びたいと言っていたのだが、家にお金がないので卒業してから企業に勤めてお金を貯めて日本に行きたいと。そしてそれを実現するため、せっかく入った日系企業を1年で辞め、あこがれの日本にやってきたというわけ。。素晴らしい。こんなアグレッシブで行動的な学生は、いまどきの中国でも珍しいだろう。
現在は日本語学校に在学しながらあちこちのブランド大学の教授にメールして打診をしている。来年の4月にはきっとどこかの大学院で学んでいることだろう。

今日の本題は火鍋だった。

晩御飯は彼女推奨の火鍋の店。
牛、羊、豚肉に野菜の食べ放題、時間制限なしで1980円。
各種タレもそろっていて、完全に中国の火鍋店の味やん。
肉は上質、店は清潔、中国でも上等の火鍋店並みとくりゃ言うことありまっせん。
そして中国と一番違うところは店員さんが無愛想でないところ。
そして静かなところ、客は中国人が大半だが、誰も大声で話してない。
やっぱり日本はいいなあ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「帰ってきたヒトラー」を観て | トップ | 結婚式の招待状 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (きのさん)
2016-09-07 05:59:59
久しぶりのブログ、読んでいてこちらまでほのぼのいたしました(^_^)
Unknown (ふらふらかもめ)
2016-09-08 11:50:52
コメントありがとうございます。
神戸にも火鍋の店があるのか、もしご存知でしたら教えてくださいませ。
Unknown (きのさん)
2016-09-09 13:30:35
「良友酒家」が火鍋で有名のようです。雑誌でよく見かけます。元町の北側の本店と三宮センター街近くの支店があります。といってもずいぶん昔の記憶で、小生自身日本でも香港でも火鍋を食べたことがありませんから、怪しい知識です(^^;) 小生もたまに若い方と食事を共にする幸運がありますが、お鍋は選択肢から外します。いっしょにお鍋を囲むなんてほほえましい光景です。
火鍋 (ふらふらかもめ)
2016-09-09 15:44:22
中国では火鍋は庶民の食べもんだけど、良友さんの火鍋ってきっと豪華な食材が入っていてすごく高いですよね。いちきゅうぱでは無理でしょう。調べてみたら新長田に一軒あるようですので、機会があれば試食に行ってみます。

コメントを投稿

中国の食」カテゴリの最新記事