中国不滞在記 in 神戸

行って見て聞いて考えた中国のこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ナッツ姫リターン

2015年01月21日 | 日記

昨日、「ナッツ姫」の初公判が開かれました。

裁判のなりゆきはともかく、興味深い事件でした。彼女の自己中心的なふるまい、非は社員にあるときめかかって自分のミスを認めない傲慢さ、相手への非寛容、さらに入社4年で専務になった「復讐姫」の妹には笑えます。韓国ドラマによく出てくる品性下等な大企業一家の話は事実なのでありました。それにもかかわらず品行方正で謙遜な息子が美しい貧乏な娘に惚れるなんてこと・・・ ありえな~い。だからウケるのでありましょう。

日本では、国を代表する大企業にこのような創業者の子弟はいないだろう。むしろ、ほとんどの経営者は社員をリスペクトせよと子どもたちに教えるのではないだろうか。

この事件で財閥は韓国社会で猛烈な批判にさらされているが、だが、彼女のようなメンタリティーは個人的なものなのか。財閥の子弟どころか創業者本人にも同様の不祥事が数々指摘されている。私には「ナッツ姫」の横暴が慰安婦問題に対する韓国の居丈高な姿勢とダブるのであります。何が何でも日本がわるい、最大限わるい。ベトナムで韓国軍が慰安所を設立したことも米軍に慰安婦を提供したことも関係ない。吉田証言の虚偽が暴露されても相変わらず慰安婦20万人強制連行のデマを世界中に広め続けている。

強制連行とは、相手の意志に反して無理やり暴力で連れ去ることだ。慰安婦の場合には日本軍が強制連行した事実は、インドネシアの白馬事件など例外を除いては、戦後の米軍の調査でも、さらに2007年にまとめられた「ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)米国議会あて最終報告」でも発見されなかった。IWAの委員長は「残念だ」と述べたそうである。これだけでもアメリカ人の慰安婦問題に対する見方が歪曲されていることがわかる。

河野談話で、強制性についてどう語っているか。長いが引用する。

『今次調査の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。』 

慰安婦募集の段階において、虚偽や強制、人身売買があり、移送や管理において日本軍が関与し、植民地朝鮮においてそれが顕著にみられたということだ。

従軍慰安婦の多くは日本人であり、日本でも同じように人身売買が当たり前のように行われていた。当時の日本は「美しい国」でもなんでもなく、そんな非人道的なことが行われていた国でもあったということを認めなければならない。

日本政府は河野談話で謝罪し、アジア女性基金を設立して個人的補償を行った。それで和解できるはずだったが、態度を豹変させて、ゴールを動かしたのは韓国だった。その事実をすべて無視して謝罪を要求し続け、友好関係をぶち壊したパク大統領のメンタリティーはまるで「ナッツ姫」である。結局、パク大統領が言明した「(日本と韓国の)加害者と被害者という歴史的立場は、千年の歴史が流れても変わることがない。」し、その関係を変えたくないというのが本音だろう。そうであれば、謝罪しても何も生まれない。新たな要求が出てくる基盤になるだけである。

安倍政権が河野談話を継承すると言っているのは正しい。新たに安倍談話を出してもいいが、侵略の定義は定まっていないなんてよけいなことを言わないでほしいのであります。

21日付けRecord Chinaによると、またまた韓国系団体が米作家の慰安婦小説を売り出すキャンペーンを展開するそうである。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150121-00000021-rcdc-cn

※世宗大学の日本文学教授、朴裕河(パク・ユハ)さんは河野談話を正確かつ客観的に評価しているように思われます。興味のある方は下記から。彼女は世論から叩かれるのを覚悟で「帝国の慰安婦ーー植民地支配と記憶の闘い」を2013年に出版した勇気ある方です。韓国でも真っ当な意見を言う方がたくさんいるが、のきなみ反韓、親日のレッテルを押され社会的圧力にさらされるのが実情。こと日本に関しては国民総ナッツ姫(笑)

https://www.facebook.com/notes/%E6%9C%B4-%E8%A3%95%E6%B2%B3/%E6%B2%B3%E9%87%8E%E8%AB%87%E8%A9%B1%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%81%BF%E7%9B%B4%E3%81%99/731939260166324

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ホビットの冒険 | トップ | 首相に覚悟はあったか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事