nobutaと南の島生活in沖縄本島リターンズ

ブログ「のぶたと南の島生活」の写真容量がオーバーしそうなので、食べ歩き用に開設した新ブログになりますよ!!!

イタリアンで食べる沖縄そばが滅法美味い!肉の味が良いね~!!!・・・うちな~イタリアンSOLA(我如古)

2021-07-21 06:15:00 | 宜野湾食べ歩き

「ここの沖縄そばだったら、また食べに行ってもいいな~」
この言葉を帰りがけの車内で長男が語ったのだ。小さいころから、nobutaの食べ歩きに連れ歩き、ラーメンや沖縄そばには滅法厳しい評価を下す生意気な長男が、珍しくべた褒めしたのだ・・・これは、そんな言葉を発言させたイタリアンのお店が提供する「沖縄そば」ランチの話になる。

6月初旬、マイレビュの「あば」様の記事に、バイパス(国道330号)の西原トンネルを越えたところにあるイタリアンレストラン「SOLA」さんが、ランチだけ「沖縄そば」専門店になっているという情報が掲載された。
それを見てnobutaは大いに驚いたのだ・・なぜなら、あのお店は完全無欠のイタリアン専門のお店で、遠い昔には、nobutaも「パスタランチ」を食べに行ったことがあるからだ。
そんな情報が聞いた以上「行かねばならない」という使命感が芽生えるじゃないですか。
「あば」様のレビューにある写真をガン見したところ、三枚肉、軟骨ソーキなど数種類あることが分かった。これは、一撃で全ての沖縄そばを確認するためには、妻子を連れて行かねばならないと思い、行くならば週末土曜日だろうと思ったのだった。
そうなると、居ても立っても居られない!!!
nobutaのモードは、その日から週末土曜日の「沖縄そば」に傾いたのだった。
そして、やって来たのだ。
同じく6月初旬の土曜日のランチタイム。
自宅から45分くらいの場所にある国道330号線沿いの「うちな~イタリアンSOLA」さんの駐車場(下駄ばき)に車を乗り入れる。確かに道路沿いに「沖縄そば」の幟が掲げてある。



まさか、イタリアンのお店で沖縄そばとは・・・・と妻子を連れて階段を上る。
SOLAさんは、とても広い店内で、50名強の貸切パーティーができるくらいのキャパなのだ。



入口から正面が厨房。右に4卓16名、左に6卓以上・・・先客、後客が1組ずつ。
まだまだ、ランチタイムが「沖縄そば」専門店となっているのは知られていないような感じだな。
さて、メニューを確認する。

沖縄そばは、
 沖縄そば中 500円、大600円
 三枚肉そば中 600円、大700円
 軟骨ソーキそば中 600円、大700円
 炙り肉そば大 750円
となっている。
麺は、自家製麺でつるつるモチモチと書かれており、茹で上がりは、中で250g、大で410gあるというから、かなりの量である。しかも麺は2種類あり、卵なしの麺(普通の沖縄そば麺)と卵ありの麺(太めで噛み応えあり)と書かれている。
サイドメニューとして、
 牛すじ煮込み丼 250円
 ジューシー 150円
がある。
更に、その下に、
 肉全部のせそば 中850円、大950円
があり、それには+50円でジューシーをセットにできるというお得なサービスセットが存在するらしい。
トッピングは、
 軟骨ソーキ
 温泉卵
 三枚肉
がともに100円となっている。
これは、なかなか魅力的だ・・やはり妻子を連れてきて正解だった。
妻は、
 沖縄そば大、卵麺
を選択、長男は
 三枚肉そば中、卵なし麺、三枚肉トッピング、牛すじ煮込み丼
を選択した。
nobutaは、もちろん
 肉全部のせそば大、ジューシーセット
の1点しかないだろう(笑)
じっくりと沖縄そばの登場を待つ。自家製麺の記載内容から茹で上がりに時間を要すだろうと思ったが、その通りだった(長時間待つわけではないが、他の沖縄そば屋よりも待つ)。
まず、妻の沖縄そば大がこちらの写真になる。

長男の三枚肉そば+三枚肉は、こんなビジュアルだ!


なかなか凄いことになっている。これで700円は超絶お得じゃないか(笑)
しかも、三枚肉は明らかに分厚く美味そうだ!
そして、温泉卵が乗っかった牛すじ煮込み丼がこちらの写真だ。

長男は、この2皿を食べた帰り道に最初の発言をしたのだ。彼曰く、「久々に大ヒット沖縄そば」だったそうだ(笑)
そして、最後にnobutaの肉全部のせ大が最初の写真、角度を変えたのがこちらになる。

タマゴが邪魔なのでそれをよけて肉をお見せしよう(笑)

手前にあるのが「炙り肉」なのだが、こいつが頗る美味い。と言うか、沖縄そば屋では見ることがないであろうイタリアン料理店のお肉だよ。この美味しさは別格、格別で、純粋に「炙り肉そば」大を頼んで、じっくりと炙り肉の味を堪能しても良さそうだ(次回はそうしよう)。
そして、それ以外の三枚肉、軟骨ソーキも素晴らしい煮込み具合で、nobutaは、ホロホロとなるくらい絶妙に煮込まれた味くーたーな肉を好むので、最強に美味いと思ったよ(笑)
ちなみに出汁は、鰹出汁でこれまた濃厚だった。
自家製麺は、想像したとおり、かなり胃袋に貯まるもっちり感と弾力がある麺である。この麺は好みが分かれそうだ。次回は卵なし麺でチャレンジしようと思う。
いずれにせよ、イタリアンのお店が作る「沖縄そば」は、肉が美味すぎる!!!
そして、それはnobutaの沖縄そば食べ歩きの基準では、とても高い評価を生み出す理由になるのだ(笑)
そうそう、ジューシーについても触れなければならないね。

写真のジューシーだが、肉のゴロゴロ感が良くて、これまた味くーたーでnobuta好みだった。
で、レジで支払いをした時、そのレジの側に、
 グリッシーニ
が200円で販売してあったのだ。さすがはイタリアンだけある(笑)
nobutaは、グリッシーニが大好きなんだよね。沖縄そばを食べたお店でグリッシーニを買えるなんて冗談みたいな話だけど、お土産に購入したよ!

ちまにみ、今でも夜は、イタリアンなんだそうだが、なんとイタリアン居酒屋さんとなっているそうで、これまた冗談みたいな話だけど
 3時間食べ飲み放題 3,520円
なんだそうだ(汗)
nobutaの記憶では、普通のイタリアンフルコースを提供する(結構安い)お店だったような気がするのだが・・・これもコロナ渦が1年以上続くことが原因なのかな~。



とにかく、こちらの沖縄そばランチは、見事だった!
nobutaの家からは若干場所が遠いが、近い将来、再訪する機会が来るだろう。なにせ、長男が気に入った様子だからね(笑)
ご馳走様でした!!!!

宜野湾市我如古4-14-20

コメント   この記事についてブログを書く
« 本格始動とは行かないけど店頭販売再開... | トップ | ミルク食パン320円の柔らかくて甘くて味わい深い美味しさは罪... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿