nobutaと南の島生活in沖縄本島リターンズ

ブログ「のぶたと南の島生活」の写真容量がオーバーしそうなので、食べ歩き用に開設した新ブログになりますよ!!!

ランチ予約営業がスタートしたのでいざ出陣!!!人気ビストロのランチを楽しむ!!!・・・よっちゃん亭(栄町)

2021-10-09 06:39:00 | 那覇食べ歩き

栄町の安里交番通りは、お洒落な飲食店が立ち並ぶ人気スポットです。
勿論、夜の街なので「飲み歩く」ための飲食店なのですが、コロナ渦で緊急事態宣言下ということもあり、県の要請をガン無視して営業しているお店以外はひっそりとした状況にあります。
そんな通り沿いに居を構える人気ビストロ「よっちゃん亭」さんは、テイクアウトでオードブル販売などを中心に展開されている様子。コロナ渦が収まればすぐにでも飲みに行きたいと思っているので、Instagramは常にチェックしてたんです。
すると、旧盆頃に、突如ですがランチ営業を開始する告知が・・・ランチは3,000円コースと5,000円コースのみ(現金オンリー)です。
ランチを主戦場としているnobutaとしては、これはさっそく訪問して食べてみなければなりませんよね。
以前、まだ、コロナ渦ではない頃に、お店の前を通った時、通り沿いから見えるのは立ち飲みスペースだったんですが、Instagramでは、奥にカウンター席があると書かれており、気になっていたんですよね。

いざ、店内に入ると、手前はカウンターの立ち飲みなんですが、内扉があり、その奥は、コの字型のカウンター席になっていました。薄暗い店内は雰囲気も良くお洒落です。

店主さんがお一人で対応してくれたんですが、予約制だし、Instagramの告知は一度きりだったので、お客さんはnobuta夫婦のみ。店主さんは人気の料理人の方ですし、ケータリングもされているはずなので、なんか、お店貸切で私たちに料理を提供して頂いているような感じになりました(笑)
前菜2品(テリーヌ、パテ)、メインのお魚(おじさん)とお肉(鴨のロースト)、デザート(シークワーサーシャーベット)の5品。
見た目も見事、味も見事、店主のお話も上手とあり、とても居心地の良い1時間20分となりましたよ。
nobuta夫婦は食べるのが早いので、普通に食べると2時間コースって感じですね。
5,000円コースが気になるところですが、それは飲み解禁になった時期に気の置けない仲間と食べに行きたいと思います。
料理の写真を順序良く掲載していきますね。
まず、「野菜のテリーヌ」がこちらです。



野菜は11種類。ウンチェーバー、ツルムラサキ、キンピ人参、椎茸、紅芋、オクラ、うりずん豆、赤瓜、胡瓜、玉ねぎ、茄子が入っています。分厚いし、食べ応えありで、非常に美味しい。nobutaは野菜好きなのでこいつはビビッと来ましたね(笑)

次にパテ。こいつも非常に分厚く食べ応えがあります。そうそう、一応、すべて2人で取り分けて食べますので一人前ではありませんよ(笑)

で、魚が沖縄の方言では「おじさん」です。これ、前回、別のお店で説明したので省略しますね。
店主は、毎朝、浦添漁港に仕入れをしているので、要するに鮮魚というやつです。

そして、肉のメインがフランスの鴨です。もう、ホロホロ鳥状態でま~美味い味わいなんですよ。
周りを囲むお野菜も美味しんですけどね。鴨肉って美味しいですね~。

最後に、自家製というか、ご実家で取れたシークワーサーをこれでもかと絞り、苦み成分を残した状態ではちみつなどで整えたそうですが、完全なるシークワーサーを食べている感じ。もう、おこちゃまには無理な味です。nobutaにはスパークリング日本酒が必要なくらいですね。
いはやは、大満足でした。
ランチ営業(予約オンリー)を開始してくれてありがとうございまいた。

那覇市安里388-125
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする