nobutaと南の島生活in沖縄本島リターンズ

ブログ「のぶたと南の島生活」の写真容量がオーバーしそうなので、食べ歩き用に開設した新ブログになりますよ!!!

5年ぶりの訪問は緊急事態宣言下の臨時ランチ営業で『夏麺』・・・つけ麺SAKURA(牧志)

2021-10-07 20:52:00 | 那覇食べ歩き

家系『武蔵家』の流れであるつけ麺SAKURAさん。平成28年頃、飲んだ帰りに〆ラーでよく立ち寄ったお店になります。外観に特徴のあるお店で、店内もお洒落。夜だけ営業の人気店ですが、昨春、沖縄に戻ってからは、コロナ渦でほとんど飲む機会がないため、こちらのお店は5年ぶりの再訪となりました。

さて、この日は、ランチタイム。水曜日だったこともあり、那覇市内の飲食店は結構お休みのお店が水曜日に偏りがちなので開いていないお店が目立ちました。ホロホロと歩き続けた結果、ハイアットリージェンシー近くまでやって来てしまい、仕方がないのでホテル前の十割蕎麦のお店にしようかと映画館前を壺屋通りに抜けると、懐かしの「SAKURA」の外壁が目に入りました。そして、何かお店の前に看板が立っているのが見えたのです。
もしや・・・夜だけ営業のお店だけど緊急事態宣言下にランチをやり始めているのかな~って思って近づきましたよ(笑)
するとやってますね!
いつも酔っぱらった状態でつけ麺(ゴーヤが乗っかっている)を食べていたお店なので、しらふで食べるいい機会ですよ(笑)

看板を見ると、
 緊急事態盛り
という名称の「つけ麺」をやっているようです。内容は、通常麺と唐辛子麺の二種類コーティングみたい。これは面白そうだと思いながら、懐かしのSAKURA店内へ突入しました。





カウンター席に座り、つけ麺を注文しようと思ったところ、「夏麺」なる商品が・・・何々
 SAKURAオリジナルの極太麺が、スパイシーでピリ辛なタレと相性抜群!
 暑苦しい夏を吹き飛ばせ!
 並盛850円、特盛950円
う~ん、これは「夏麺」を頼めということでしょうか・・思わず「大盛」サービスと書いてあるにも関わらず、夏麺の特盛を注文しちゃいました(笑)
出てきたのが最初の写真です。
アップがこちらになります。

あまり変わった特徴はないまぜ麺です。辛さは強くないのですが、野菜が・・・癖があり過ぎな味付け・・う~ん。これ、美味しいんかな~ちょっと微妙な感じです。ちょっと凝りすぎかもしれませんね。
麺は極太麺とありますが、太麺クラスです。
しっかりと混ぜ混ぜしてから卵を絡めて一気に食べ進めましたよ。
確かに特盛なので麺の量はありました。
やはり、初志貫徹で「つけ麺」がnobutaには合っていたのかもしれませんね。
ご馳走様でした!

那覇市牧志3-9-27
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

もっと刀削麺に慣れて訪問すべきだったかも・・・羊羊火鍋(牧志)

2021-10-07 05:20:00 | 那覇食べ歩き

春先からランチ営業をスタートさせている刀削麺のお店「羊羊火鍋」さん。サンライズ通りから沖映(ダイナハ)通りを横切って牧志二丁目のファミマに抜けた変則4差路のライオンズマンション1階にあるお店です(沖縄そばちょーでーぐぁ、喫茶ミンク、居酒屋八のやの軒連)。
通り沿いやお店の前に「刀削麺」のノボリが立っているので前々から気にはなっていたのですが、中国東北部の辛みが強い地域のお店だと聞いていたので、それならば夏の暑い時期に劇汗をかきながら食べてみようと思い、夏になるまで訪問を控えていました(と言うより、時期がくればランチメニューが増えるとマイレビュ「くまんちゅ」様が書いていたので・・・笑)。
さて、夏の炎天下の中、徒歩15分ほど歩いてお店に到着。

店外の看板には、「沖縄初刀削麺」と書かれています。
nobutaも県内で刀削麺を食べるのは初めて、県外に住んでいた時代に6店舗ほど訪問して食べたことがありますが、その程度なので、刀削麺の何たるかを知らない新参者みたいなものです(笑)
店内はほぼ各席にお客さんが座っていたので結構な人気のようです。



メニューを見ると
 豚三昧肉刀削麺 880円
 牛肉面刀削麺 990円
 蘭州和牛ラーメン 990円
 麻婆刀削麺 880円
 ジャージャー麺 780円
 冷麺(夏限定) 780円
 牛すじカレー 550円
 炒飯 580円
となっていました。
ランチタイムは、焼き餃子3個や半チャーハンが150円というサービスをやっているようです。
今、思えば、この時、炒飯と餃子3個、冷麺に半チャーハンor餃子3個という考えも過ったのです。そっちにすれば良かったのではないかと後悔しています(何せ冷麺は夏限定と書いてあって惹かれたのです)が、刀削麺を食べに訪問したのに刀削麺を食べるべきでしょとnobutaの悪魔が囁いかけたのです(苦笑)
昔、虎ノ門の味覚でも麻婆刀削麺を選択したのですから、ここは880円の麻婆刀削麵で味比べでも良かったはず。しかし、前夜が麻婆豆腐だったせいで、それも躊躇し、「牛肉面刀削麵」を選択。
お店のお姉さんのパクチー入れますかに「お願いします」と答え、やって来たのが最初の写真になります。
アップがこちらです。

もっちりしたぶっとい刀削麺。濃厚な出汁。牛肉の角切りは多く入っていません。当たり前ですがパクチーが効いています。
正直、「刀削麺」の経験値が浅いため、これが「本場」の刀削麺なのかよくわかりません。
今まで食べてきた「刀削麺」が日本人向けにアレンジされたものだったのかもしれません。
こっちの方が本格的なんだろうとお店のお姉さんたちの語源から感じとるnobuta。
nobutaにはちょっと苦手な麺類かな・・・特に出汁がね(申し訳ない)。

そうそう、メインが出てくる前に小鉢を頂いたのですが、それが2種類とも美味しかった!
それからすると他のメニューはnobutaの口に合うかもしれませんので、いつか、リターンマッチに訪問しようと決めてお店を後にしたのでした。
ご馳走様でした!

那覇市牧志2-22-1
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする