野武士のわがままひとりごと

気ままに焦らずたゆまずのんびりと趣味を楽しんでいます
(中溝喜慶/滋賀県)

我が家の菊花展2014 オープン

2014年10月28日 | インポート

 昨年より3日間早く「我が家の菊花展2014」をオープンする。
2014_3 9月の手術・入院という事態が発生し、菊まで病を罹って心配したが何とか開催するまで辿りつけたことが非常に嬉しい。菊づくり9年目となった今年は例年と違った育て方に挑戦してきた。自分で腐葉土を作り、この腐葉土と新しい土(田土が得られない為、赤玉201411_5 土大粒)を配合して培養土を作って菊を育ててきた。この挑戦は一応“成功”と評価している。
 今年も、隣に住む孫娘から別添写真のように「菊をみながらの食事会」の招待状が郵送された。孫の双方のじぃじ・ばぁばが招待され一緒に食事をする。有難たく嬉しいことだ。
 写真は招待状とオープニングポスター(写真をクリックで拡大)


菊育成と再手術のハザマで・・・

2014年10月23日 | インポート

 「我が家の菊花展2014」のオープンを間近にしているが大事な時期の9月に入院する羽目となった。6年前の膀胱癌が再発して入院・手術することになったが気掛かりは「菊」だった。入院中の水遣りだけは妻にお願いしていたので枯死する菊は無かったが残念なことに害虫とさび病で相当数の菊が痛みもがいていたのが現実であった。退院後に殺菌剤と殺虫剤を散布したものの快復するまでには至らず諦めざるを得ない状況となる。
 人間も植物も同じで病気になってからは「時すでに遅く」で快復さすのは至難の業であることが今回はっきりと認識させられた。何にも増して予防することが必須条件ということだ。さび病に侵された菊は葉っぱをボロボロになるまで摘み取られたこともあって菊本来の姿からは程遠い姿となってしまったが驚くことに葉をもがれても菊は開花始めて美しさを競いだしてきた。あと1週間足らずで「我が家の菊花展2014」はオープンする。