野武士のわがままひとりごと

気ままに焦らずたゆまずのんびりと趣味を楽しんでいます
(中溝喜慶/滋賀県)

感動の瞬間!!

2007年08月23日 | ふるさと

 第89回の高校野球決勝戦をテレ観戦した。我がふるさと佐賀が決勝戦に残ったからだ。しかも、佐賀北高の前身は1957年(昭和32年)新築されたばかりで私が高校1年生の時に自宅から1時間かかって自転車通学した佐賀高校の北校舎でもある。卒業後の1963年(昭和38年)に、佐賀西校(母校)・佐賀北高・佐賀東高に分離されたこともあってある意味で“母校”とも言える。当時、北校舎の1期生であって2年生になると現佐賀西高校に通学することになる。

 その佐賀北高校が、あれよあれよと思ううちに決勝戦に進んだのだから興奮してしまう。準々決勝で帝京高校に勝った時に、もしかしたら優勝するのでは?という予感がした。そして、今日の決勝戦は、4対0でリードされた時は、1安打で打てなかったこともあって素直に負けたと思っていた。ところが8回裏の奇跡が起きた。テレビの前で大興奮、思わず拍手する。13年前に優勝した佐賀商業高校の時の興奮以上であった。いづてにしても公立高校の優勝に大拍手喝さいだ、

 この感動を忘れないように、インターネットの記事を転記しておく。

■【戦評】佐賀北、8回に大逆転  佐賀北が8回に4点差をひっくり返した。副島の満塁本塁打で大逆転し、初めて夏の全国制覇を果たした。
 0-4で迎えた8回1死から2連打と四球で満塁とし、押し出し四球でまず1点を返した。なお満塁で続く3番の副島は好球を逃さずに強振し、逆転弾を左翼席に放り込んだ。劣勢の中、ようやく巡ってきたチャンスをものにした。
 先発の馬場が2回途中で降板は誤算。しかし2番手の久保が2失点で粘り強く投げ切った。
 広陵の野村にとっては痛恨の8回となった。力まずに左右、高低を幅広く使った投球がさえ、6回は3者三振など7回までは1安打しか許さなかった。2-0の7回の打席では2点二塁打も放っていた。それだけに悔やみきれない副島への1球となった。

    日程    回 戦         対    戦    試合結果

  8月  8日  1回戦      福井商(福井)       2-0 
  8月14日  2回戦       宇治山田商(三重)   4-4 
  8月16日  2回戦       宇治山田商(三重)  9-1 (引き分け再試合)
  8月17日  3回戦        前橋商(群馬)         5-2 
     8月19日 準々決勝    帝京(東東京)         4-3 
    8月21日  準決勝     長崎日大(長崎)      3-0 
     8月22日 決勝          広陵(広島)             5-4

 


3世代ふれあい夏祭り

2007年08月20日 | 地域活動

 19日(日)、自治会活動の一環として年間行事のひとつ「3世代ふれあい夏祭り」を開催する。恒例となった行事であるが「3世代」という名前が寂しく聞こえてくる。おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさん、ぼく、わたし、という日本語のやさしい響きが大好きな私だが「ふれあい夏祭り」に3世代で参加してくれた組がいなかったことが寂しかった。「地域社会」としてのあり方が問われる昨今だが当事者としての悩みが生まれてくる。打算的に考えればよいかも知れないが昔流の面影が消えた今、人情味のある社会・地域社会になんとか復活の兆しを見つけたいものだ、と願っている。

20070819_757cs  でも、早朝から準備に取り掛かってくれた自治会の役員達に素直に感謝だ。買出しに行く人、会場を準備してくれる人という具合に役割分担のもと一日がスタートした。真夏日の中、汗だくでバーベキューを担当する人、かき氷を振舞う人、配膳する人等々少人数で手際よくこなしてくれる面々の額には汗が流れ落ちていた。 とゆで作った流し台での「そうめん流し」は、子供だけでなく大人からも歓声があがって人気上々だ。花火や、スイカ割りのあとはビンゴゲームで〆となった。写真は、そうめん流しに歓声をあげる子供達だがかわいいお嬢ちゃんの笑顔が素敵だった。この3歳児に記憶に残ってくれるのだろうか。大きくなって写真を見たらこの光景が甦ってくれるかも知れない(クリックで拡大)。

 子供や大人の笑い声があちこちで生まれた 「3世代ふれあい夏祭り」が無事に終わると、この夏初めての夕立となり雷鳴が轟く。この夕立でちょっとは涼しくなることを願いたい。


シャンプー台

2007年08月12日 | 日曜大工

 愛犬用シャンプー台を作成する。もともと愛犬「クッキー君は肌が弱いようだ」と獣医に言われていたが、このところ無性に掻く行動が多くなってきた。獣医の勧めでシャンプーの回数を増やせと指示があったこともあってシャンプー台を作ることになる。
20070811_726ns_1  従来は、浴槽に蓋をしてその上に愛犬を乗せて中腰の格好でシャンプーしていたが腰が痛くなることもあってシャンプー
回数が減っていたことも事実であった。そこで、ホームセンターに行って「簡易流し台」を物色したがいずれも「帯に短しタスキに長し」である。価格も結構高いこともあって自分で作ることを決心して店内をブラブラ歩き回る。瞬間的に「これだ!!」と手に取ったのが「水切りセット」である。この水切りセットを載せる台を作ればよいのではないかと貧弱な頭脳が回転しはじめる。頭で図面を描きながら足はアルミコーナーに向かっていた。アルミアングルとネジやホースを買い込み帰宅してL型アルミを切ったり穴を開けたり加工を開始してやがてシャンプー台の形が完成する。
 早速、愛犬をシャンプーしたが愛犬が身震いするたびにシャンプー台が横揺れして不安定になることが判明する。そこで、筋交いを四方に入れ横ぶれ対策をして写真に示すシャンプー台が完成する。大きさは、水切りセットがキチンと嵌るようにアングルを組み上げたことから横47cm×奥行38cm×高100cmとなり直立のままシャンプーが可能となってシャンプーする作業性も抜群だ。もちろん腰痛の心配もない。材料費は、約5500円となる。

 水切りセットの特徴ともいうべきだが槽内にお湯を貯めて洗いやすくなったり、槽の底に穴をあけて水抜きホースを取り付けたりアイディアも活きた。行き当たりばったりの日曜大工となったが出来栄えから自分を褒めておこう。通常の日曜大工は、あらかじめ簡単な図面を描いてから材料を買うが今回は、店内でモノを物色しながら頭の中で図面を描いたり、現物を加工するなど極めて異例づくめとなる。(写真をクリックすること拡大表示)