野武士のわがままひとりごと

気ままに焦らずたゆまずのんびりと趣味を楽しんでいます
(中溝喜慶/滋賀県)

NVR養成講座(A1)

2006年01月09日 | NVR養成講座受講

 雪の残る8日、今年最初のNVR養成講座である。午前中は、「観察会の企画」についての講義である。冒頭、「ロゼット」について、説明がある。初めて聞く言葉だが大切な芽を守るのがロゼットらしい。草花は、地面すれすれに芽がでて、茎がほとんど伸びないままそこに葉が何枚も出てロゼット(バラの花のような模様)の形になるという。この葉の出方20060108_n81ns には一定の決まりがあってお互いに重なりあわないように出て放射状の奇麗な模様を作ると言うので実際に森にでてロゼットを確認する。さて、観察会の企画の説明の中で、驚いたことがあった。大人が、鶏を描いたという絵が紹介されたが「ニワトリ」が4本足とは・・・。考えられる要因は、子供の頃、「自然」の中で生活しなかった結果なのだというがちょっと首を傾げたくなる。子供の頃は、どこの家でも鶏を飼っていて世話をしていたのだか今では、鶏の鳴き声を聞くことすらなくなった「一年の計は元旦にあり、一日の計は鶏鳴にあり、一生の計は幼少にあり」という教わってきた親父の姿が思い浮かぶ。

 午後は、「里山」についの講義で、栗東自然の森の近くの里山の現状を観察に行く。池や田畑も手入れされることもなく荒れていて「昔の里山」遠くなり、という感じであった。生産性だけを考える時代から「環境保全」を考える時期に来ているという先生の言葉が何故かむなしく響くように聞こえてきた。自然を取り戻さないと人類の未来が・・・。


NVR養成講座(A12)

2005年12月26日 | NVR養成講座受講

 このところ雪に見舞われて震え上がっていたがこの寒さが幾分和らいで青空が広がった25日の日曜日に、200512_a255s_2 養成講座のメンバーは新旭水鳥観察センターに出掛けた。本来なら、11日に栗東市内の「上鈎池」での水鳥観察会のはずであったが、池には水が少なくて水鳥も極端に少ないということで、今日の琵琶湖の西岸高島市・新旭での観察会に変更されたのである。新旭水鳥観察センターは、平成元年12月に開館したそうだが私は初めての訪問となる。

 最初に、係員から水鳥についての概略説明があった。小学生に対して説明している内容との断りがあったが素人の私にとって分かり易い頷ける内容であった。水鳥を分類すると 1.植物性食物(水面採餌型、ヘリコブタ型) 2.主として動物性食物(潜水採餌型、飛行機型) の4種類に大別できるのだそうだ。言葉から用意に想像できる適した分類だと思う。いよいよ水鳥の観察だがセンターの観察室には望遠鏡や双眼鏡が常備されており、水鳥剥製標本・水鳥名前説明機等が設置されていた。現在の琵琶湖の水位がマイナス70cmということもあって、広がった水辺には雪が残り、そこにたむろする水鳥群、沖を合いに浮かぶ水鳥群を観察する。よく遊覧船についてくる可愛いユリカモメ程度はわかるが実物と剥製標本とを交互に見比べてみても名前がなかなかわからない。午後1時に係員の方が餌を撒かれると聞いていたが、この時間が近づくとどこからともなく餌場に集まってくる水鳥には、やはり学習能力や体内時計が備わっているのだるうか。水鳥センターのホームページに、水鳥の特徴を含めた写真入り説明がないのが寂しい。高島市に改善をお願いしたいものだ。


NVR養成講座(B11)

2005年11月25日 | NVR養成講座受講

200511_matuo-Sさにカルチャーショック!!

 通常なら午後に観察会であるが23日(水)は、午前中に受講生の有志による研究発表会が開催された。NVRの養成講座に参加する受講生ということもあって当然ながら自然に係わる発表内容であった。この中でも、一緒に受講しているご主人の研究テーマ『良寛詩集にみる動植物、その頃と今』で作成された「本」に、まさしくカルチャーショックを受けたのだ。一見して公に出版できそうな「本」の出来栄えに見とれてしまう。片面印刷ではあるが177ページに纏め上げられた大作である。
 “良寛詩集”に出てくる動植物にまつわる記事を調べたり、注釈や写真sを載せたりレイアウトを考えながら編集するのに大変な気力と労力が必要であったろうと容易に想像できる内容であった。一方、奥さんの研究テーマ『我が家の庭への闖入者達』で作成された「本」も立派だったが、発表とは別に極め細かい花のスケッチと花の木彫りが展示されていたが単に趣味の領域とは思えない出来栄えに驚いてしまう。
 ご夫婦で一緒に学び、夫婦間で共有化したテーマを持っていることの素晴らしさを暗に教えられた思いがする。カルチャーショックをうけた根気と努力の「本」を借りて帰ることにした。
     写真は、 上(製本された力作)  下(卷初のページ)     


NVR養成講座(B06)

2005年06月27日 | NVR養成講座受講

 26日、NVR養成講座(B)を受講した。12日の講義の時に、モリアオガエルの産卵風景を写真撮影していたこともあって、この空梅雨でどうなっているかが気になっていた。IMG_2032S 講義が始まる前に、現場を確認に行くと心配していた通り、池の水は干上がっており、どうみても新しい生命は誕生しなかったようだ。梅雨の時期には、梅雨らしく雨が降ることを願いたいものだ。自然の摂理を乱しているのは間違いなく人間であるということだ。

 今日のテーマは、「植物(花)と虫」で森内をゆっくり散策する。アジサイもそろそろ「終焉」を迎える頃だが、シチダンカもヤマアジサイも受粉すると、花の方向は、下向きに変わるという。今まで知らなかった事実に植物の本能の凄さを知る。写真では、わかりにくいかも知れませんがよくよく眺めると裏返しになっているのがわかりますよ。受粉後は、もう「虫」の必要性が無く、むしろ迷惑にすら感じているというのだ。面白くもあり、自己防衛策の素晴らしさを感じる。

  


NVR養成講座(A06)

2005年06月15日 | NVR養成講座受講

 12日、養成講座のテーマ「森の構造と役割」を受講した。植物の集団は、気温によって決まるのだという。「日200506-N931NS本の植生の垂直分布図」は、垂直軸に高度、水平軸に緯度(北緯)をとった平面図だが、照葉樹林帯-落葉広葉樹林帯(ブナ帯)-亜高山針葉樹林帯等々を表示してあるわかり易い分布図である。私自身は、高い山に登ることは無いが旅行等で経験的に、 また体験的に何となくわかっているのが垂直分布図であろう。

 写真は、今、学んでいる「栗東自然の森」の中に、冷温帯の植物コーナーがあって、アスナロやブナが植林されているが気候環境が違う為、大きくは育たないという。当たり前の話だろうが植生の神秘さを感じ取るものだ。また、森の端には、マント群落があるという。今では、寒さをしのぐ「マント」を着る人は見かけなくなったが森には、森を守る役目を担う植物・ツタ類が存在し、森の環境を維持・管理しているという。どこの森にも見られる光景だけに、私は、今までは、「スッキリ伐採すればよいのに」というぐらいしか考えていなかっただけにびっくりする。もっともっと、自然の営みを知っておく必要がありそうだ。


NVR養成講座(B05)

2005年05月23日 | NVR養成講座受講

 4時過ぎに目が覚めたが、この時刻にはまだ雨は降っていなかった。5時過ぎ頃から雨音が聞こえてきたが幸IMG_1738NSいにも自然の森を観察する頃には小雨になっていた。まだ、名前を覚えられないのだが森の木々、草花の変化を見るのが楽しくなってきた。時系列的に確実に変化していく森の姿が自然の恩恵によるものだと思うと、事件や事故で生臭い世の中がおそろしくなってくる。

 植物と昆虫との不思議な関係を知らされる。左の写真ではわかりにくいのだが、植物「うまのすずくさ」には、「じゃこうあげは蝶」のみが寄ってくるのだという。指導の先生は、ここ数年、じゃこうあげは蝶を見ていないので絶滅したのではないかと心配しているというのだ。「うまのすずくさ」と「じゃこうあげは蝶」は一対の関係で、どちらが欠けても生きていけないらしい。蝶や蜂の種に関係なく受粉の媒体となりうると思っていただけに驚きである。

 蜂は、赤い色が見えないらしい。鳥は、赤い色が見えるらしい。虫は、紫外線が見えるらしい。犬・猫は、世の中を「白・黒」の世界として認識しているらしいことを聞いたことはあるが、何の疑問も抱かずに不思議な現象を見過ごしてきたかと言うことだ。これからだって知らずして生活していくのであろう。


NVR養成講座開講式(A04)

2005年04月11日 | NVR養成講座受講

 10日、「栗東自然観察の森」が主催する第9期NVR(ネイチャー・ボランティア・レンジャー)養成講座の開講式 200504-N11S であった。受講日は月2回(日曜日)、期間は1年間である。初日ということもあって、午前中にオリエンテーションと班編成があり、昼食時に準備されていた「山野草」を調理し試食する。山野草を意識して食べるのは初めての経験となる。生で食べる、ゆがいて食べる、揚げて食べるなど食材によって調理方法が違うようだが独特の苦味があったりするがおいしくいただくことが出来た。午後は、「春の森の観察」で樹木や草花の説明を聞く。呼称の謂われを聞くとなかなか面白く、なるほどと思わずうなづいてしまう。

 3つの班に班編成され、さらに各班に3つの委員会(企画運営・記録広報・研究)が設置されて、いずれかの委員会に所属せねばならないことから私自身は記録広報委員会に所属することにした。これらの委員会は、全て自主活動だという。

 自然との接触は、我が人生にとって、どのような形であれプラスとなって還元されるはずだ。