のぶひさの日記

生きていくのはいろいろあるね。出会いを大切に。また会えるといいね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

14才の母(第5話)

2006年11月09日 | ドラマ感想
桐(三浦春馬)ちゃん、家に帰っちゃった!
母に反発したわりには、ポルシェに乗っておうちへGO
自分には何もできないと言って涙を流しただけ・・・。
う~ん、好意的に解釈すれば桐ちゃん混乱しちゃったのかな?
おろしたはずがお腹にいるって聞いて混乱の涙?

未希(志田未来)は母と医者を説得しちゃったけど、あの程度で納得するかなぁ?
学校の生徒も学校の名誉?を気にしすぎて不自然だよねー。

ともかく桐ちゃん、未希ともに親になるのは考えが子どもすぎるよね。
生瀬パパや室井ママに一本かな?

休日に未希が登校して最後のDJ。
なにやら担任の先生が決意した模様。まだ教えていないことって何?
わけありありダブり少女とのことがもうすぐ明らかになるのか?
来週は記事公開ってドロドロの模様。

きょうはこれくらいで。
まとまりがなくてすみません。

人気ブログランキング

コメント (4)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 東京・足立区教委、「学力で... | トップ | お買い物♪ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (まりりん)
2006-11-09 01:08:20
のぶひささん、こんばんは!
その後体調はいかがですか?急に寒くなってきたし、背中が痛いということですから、早めに電気敷き毛布とか使われるのが良いと思いますよ。私もおとといから使ってるの。でも今朝は冷え込みがきつかったから、明け方から腕の付け根とかうずいて辛かったわ。ぐすん。
お互い、身体をあっためてぼちぼちやりましょうね~!

>おろしたはずがお腹にいるって聞いて混乱の涙?
う~~~む、ともかくこの子、無表情というか、もっというなら目が死んでるんですよね~。相手の顔を見ながら、頭の中は「セリフ」を見ている みたいな感じっていうのでしょうか、ともかく心理がまったく読めません。いつもいつも。

>ともかく桐ちゃん、未希ともに親になるのは考えが子どもすぎるよね。
あんだけ、大人でも言えないようなしっかりしたことを言ってる割には肝心のところがね~。

でもまあ、ドラマとしては来週から更におもしろくなりそうな感じがします。
では、また~~!
>まりりんさん♪ (のぶひさ)
2006-11-09 07:22:18
おはようございます。
今回のレビューは手抜き気味ですみません
急に寒くなりましたよね~。大慌てで灯油と電気あんか買いました。手足がいつも冷えてしまうので、これから嫌な季節ですわ。

>ともかく心理がまったく読めません
同感です。桐ちゃんセリフだけでいっぱいいっぱいのようですね。ママに反発したときも、未希に会ったときも目が同じなんだもん!

ふたりとも肝心のところが「子ども」と思わせる部分がこのドラマのうまい部分なのかな。

来週すごそうですね。ただ子どもが産まれるだけなのに・・・なんであんな騒ぎになるのでしょうか?
ドラマ的には楽しみです。
では、また来週よろしくお願いしま~す。

今回は (しーな)
2006-11-12 02:09:28
どーもつなぎの1話って感じでしたかね??
微妙な回でした。
次回、未希ちゃんが世間の厳しさを実感して変わっていくのかなあ。

>しーなさん♪ (のぶひさ)
2006-11-12 14:13:15
こんにちは!
なんだか見損ねても影響なさそうな?回でしたね(笑)
もはや室井ママと一輝編集長のバトルが楽しみですわ。

コメントを投稿

ドラマ感想」カテゴリの最新記事

21 トラックバック

14才の母 第5話 評価“演出はGood! 星3.8” (ハマリもん)
もうちょっと父母のふんばりを見たかったんだけど、早くも陥落とは情けなし!
【14才の母】第5話 (見取り八段・実0段)
ここまで来ると、もうあまりイライラもしなくなってきます。産む事に決めてしまったならば、もう他人さまの家の事であり、私とは何の関わりもございません。あらあら~。。。大変ね~、14才なんかでママになっちゃって~。人生捨てたようなモンだね~。とか、ワ ...
14才の母 第5回 感想 (ぐ~たらにっき)
『バイバイ…初恋が死んだ日』
『14才の母』 第5回 「バイバイ…初恋が死んだ日」 感想? (つれづれなる・・・日記?)
桐ちゃんとお別れ・・・とそれでおわってほしくはないんですけどねぇ。
14才の母 第5話 「バイバイ…初恋が死んだ日」 (テレビお気楽日記)
「お腹の赤ちゃんに逢いたいから産みたいの。」学校からの帰り道、加奈子(田中美佐子)と手をつないで帰る未希(志田未来)。ちょっと照れた笑顔。無言だったけど、いいシーンでした。
14才の母 第5話 バイバイ・・・初恋が死んだ日 (レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ)
(━_━)ゝウーム  なんだか先週までと違って、違う展開になってきたような感じがしてきました(・へ・;;)うーむ・・・・ 14才で子供も産む・・・って事の大切さ・・・と感じなくなってきたような気がするんですが・・・。 正直、このドラマの始まる前に特番 ...
14才の母:第5話 (日常の穴)
タイトルは「14才の暴走」がいいと思えてきた(笑) いかん、ニュートラルな心で見れなくなってきた。 今回も未希の暴走は止まらない。 産婦人科では、忠彦必死の説得も空しく 「がんばらせてください!」 「どんなにつらいことがあっても赤ちゃんのために ...
14歳の母第5話 (doramazuki18~テレビマニア~のブログ)
「14歳の母」第5話を終えて doramazuki18のコメント 第5話終了しました。 未希は学校でみんなの前で自分は赤ちゃんに会いたい、産みたいと告げる。 そしてお母さんと手をつないで学校を後にする。 智志は旅行に行くはずだったが未希が傷つい ...
14才の母 第5話:バイバイ…初恋が死んだ日 (あるがまま・・・)
産むんだ…( ̄~ ̄;) う~ん 加奈子もよく覚悟決めたよな~{/face_gaan/} 出産や子育ては甘い言葉で片付けられるものではない。 未希と同じ年頃の子の多くが出産後に子育てしきれなくなり、親や施設に預けっぱなしに なったり、養子に出したりしてる例を出しても、 ...
14才の母 第5話「バイバイ・・初恋が死んだ日」 (Happy☆Lucky)
第5話「バイバイ・・初恋が死んだ日」
「十四歳の母」第五回 (トリ猫家族)
 未希(志田未来)が教室で出産宣言をしてる頃、 智志(三浦春馬)は空港から逃げ出そうとしていた。 「やっぱり逃げるのは嫌だ。俺だけやりなおせないよ!」 「だからってアンタに何ができる?! 生きてりゃいろんな事があるわよ。 いちいち立ち止まってど ...
14才の母 第五回 (The Glory Day)
未希は強情ですな。聞く耳を持っていないので説得は不可能。これが大人の 女性なら勝手にしな!で済むのですが。やはり父親は必要だと思う。だから桐 ちゃんもっとしっかりして欲しい。
14才の母 第5話 ~志田未来 心が元気でいたいから~ (くつろぎ日記)
本当にそんなことできる?それで未希が幸せになれる?
14才の母 5話~バイバイ…初恋が死んだ日~ (アンナdiary)
今回はなんか・・・むしょうに腹が立ったのは何でだろう。。。共感出来ない。未希にも母親にも。父親の罵声が、唯一の救い。
僕らの音(14才の母#5) (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
Hi! Everybody!みなさんごきげんいかがですかぁ?σ(●゜∇゜●)は、季節の変わり目で自律神経がやられて体調ワルギスです(爆)ところで、ツナってどう食べますかぁ?ツナサラダ? ツナサンド? ツナマヨおにぎり?志田ちゃんは、缶ごと食べちゃうそうです( ...
お邪魔します。自作ビデオ撮影支援の詩音魔です。 (映画館(こや)の木戸はあいている)
素人が自作映画を作るのは、自分の感じの表現。
《14才の母》 第5話 (まぁ、お茶でも)
一番可哀想なのが、健太。次が忠彦。春子先生に、出産のリスクを聞いているときの、忠彦が切なかったです。縛り付けてまで手術を受けさせろと叫ぶ父に、母はそんなことして未希が幸せになるかとの問いに、誰も答えられません。そんな葛藤が、家庭では起きているの ...
日本テレビ「14才の母」第2話/第3話/第4話/第5話 (伊達でございます!)
このドラマにおける音楽の力は大きさですね。ドラマ全体に渡ってたゆたう印象的なメロディーの数々は、ドラマのテンポとリズムを、映像や演出以上にコントロールしています。
14才の母・第5話 (あずスタ)
ストーリーの展開が滞っているように見えますが、
14才の母 第5話。 (だらだら感想日記の日々)
【僕の歩く道】は見逃したものの、こっちは録画してました。 いきなり、うおいっ! おかあさーん、そんなにあっさり産むの納得しちゃいかんだろ! 心が元気でいるためには産むしかないってもなー、 勉強も仕事もそんなに甘くないよ? やれる時にやっと ...
14歳の母 ~ちょっと演出ひどくないか!!~ (ドラマ!テレビ!言いたい放題)
キャストが力を最大限力を発揮している一方で、 脚本と演出が力不足さが鮮明な「14歳の母」 前週では設定のダメさを書いたが、今回は演出と5話の脚本について。 まずは、演出から。 とにもかくにも痛々しいほどの映像だ。なんかブチブチなんだよなぁ~ たとえば ...