石原延啓 ブログ

seeking deer man

nobuhiro ishihara blog 

岡田監督インタビュー記事

2012-03-02 14:12:56 | Weblog


日経新聞記事

サッカー日本代表前監督の日経新聞インタビュー記事が面白かった。
サッカーというスポーツはそれぞれの国のお国柄を如実に表すところが競技そのものとはまた別に興味深いところ。
試合のベンチに「領隊」という言論を統制する共産党員を一人座らせることが義務づけられていたり、ユースから有望選手7人引き上げて面談したら、岡田監督はコネとは関係なしで実力で選んでくれるから感謝されたとか、面白い。
コネを基本に選手が選ばれるあたりは覇権が代わるたびに「生き残る」為には人脈に頼るしかなかった中国の歴史を垣間みることができる。
スカウトなどがおらず、どうやって選手を集めるのかといえば、コーチや関係者が同郷の選手を使ってやってくれと連れて来るというのだから、
そんな人脈尊重主義も現代に於いては八百長などの温床になりやすいという問題があるだろう。
実際に昨年、中国プロサッカーリーグは八百長問題で大揺れに揺れた。なんとなく日本の大相撲を思い出させられる話だ。
意外にも中国では日本サッカーが尊敬されていてやりやすいとのことだが、今後岡田監督がどのような活躍をされるのか楽しみだ。
色々なところで学ぶところが多い記事であった。

最新の画像もっと見る

コメントを投稿