岩堀修明ブログ

ドクター岩堀の
「私設動物資料室」

イモリの肺

2019-01-17 | ドクター岩堀の「私設動物資料室」
 イモリは、いろいろな器官を使って呼吸をする。水中にいるときには、主に皮膚や口腔粘膜などを使って呼吸をしており、肺の呼吸器として役割は小さい。動物種によっては、肺内の空気量を増減することにより、浮力を調節する水力学的器官としての機能が、肺の主要なはたらきになっている。陸上にいるときには、肺が呼吸に占める比重は、大きくなる。
 肺は、縦長の嚢状をしている。左右で形態に違いがあり、左側の方が長い。左右の肺ともに、上半部は割に太いが、下方に行くに従って、次第に細くなっている。細くなっている部分は、「気嚢」と呼ばれる。
 肺の内表面は、背の低い隔壁で小区画に分けられていることもあるが、多くの動物では平坦で、表面を呼吸上皮が覆っている。呼吸上皮の下にある結合組織には、多数の毛細血管が分布している。呼吸上皮を介して、毛細血管内を流れる血液と、肺内にある空気の間でガス交換が行われる。ガス交換は、主に肺の太くなっている上半部で行われている。
 肺の下方部を占める気嚢は、空気の貯まり場になっている。気嚢は、平時には、殆ど機能していない。長時間にわたって換気ができず、肺の上半部に入っている空気の酸素含有量が少なくなると、気嚢は活動を開始する。気嚢は積極的に収縮と拡張を繰り返し、気嚢内の空気と肺の上半部の空気を混合し、上半部の空気を刷新して、新たなガス交換が行われることに寄与するのである。つまり気嚢は、空気貯蔵庫としての役割と、「鞴(ふいご)」としての機能を秘めている。気嚢は、爬虫類や鳥類の肺で大きく発展していくのである。
 有尾両棲類類の肺は、呼吸器としての意義はそれほど大きくはないが、爬虫類や鳥類の肺で発展するいくつかの要素を含んでおり、肺の進化を知る上で、重要な位置を占めているのである。

『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« カメの呼吸器と呼吸運動 | トップ | カエルの肺 »

コメントを投稿

ドクター岩堀の「私設動物資料室」」カテゴリの最新記事