岩堀修明ブログ

ドクター岩堀の
「私設動物資料室」

「図解・感覚器の進化~原始動物からヒトへ 水中から陸上へ~」 講談社 ブルーバックス 

2012-09-12 | 著書

図解・感覚器の進化~原始動物からヒトへ 水中から陸上へ~

著者: 岩堀修明

発行年月日:2011/01/20
サイズ:新書判
ページ数:286
シリーズ通巻番号:1712
ISBN:978-4-06-257712-0

動物たちは水の中で生まれ、水の中て進化してきた。やがて一部の動物は陸に上がり、陸上で大きく進化した。視覚器、味覚器、嗅覚器、平衡・聴覚器、体性感覚器などは、水の中でどの様に進化し、陸に上がるに際してどの様な変化をしたのか。さらに、陸に上がった動物の中にはクジラのように、もう一度水に帰っていった動物がいる。この様な動物の感覚器は、どの様な改造をしなければならなかったのだろうか。

目次

1 感覚器とは何か。

2 視覚器

3 味覚器

4 嗅覚器

5 平衡・聴覚器

6 体性感覚器

7 クジラの感覚器

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« プロフィール | トップ | 「管理栄養士を目指す学生の... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この本のファンです (sato yoshiharu)
2014-06-17 19:39:31
先生のこの本、自分が求めていたものでした。生物が発達させた感覚器官の特性を歴史的に理解して、特性をさらにいかせるような技術を作りたいと考えています。

コメントを投稿

著書」カテゴリの最新記事