のぶごんの縁側日記

「ごんちゃん」は,2013年2月25日18歳で天に召されました。思い出を胸に,新たに始まった「じいじ」の日々を綴ります。

愛岐トンネル群秋の特別公開 での紅葉見物

2021年11月28日 19時34分25秒 | 日記

名古屋の最低気温は2.7℃と寒さが厳しい朝となった 西の空高くには月齢22.2の半月が残っていた 車のフロントガラスは今秋初めて氷が着いた 

   

今日は中央線に乗って 定光寺駅で大勢の人々と一緒に下車しました 玉野川沿いの道は大行列が出来ていた 愛岐トンネル群第27回秋の特別公開が27日{土)から9日間開催されているので出かけました 駅から廃線散策路入り口まで350mの大行列でした  

   

階段を上がって最初の関門は 入場料100円の支払いでした 3号トンネル前の広場はモミジの紅葉に囲まれていた

   

SL実物大の大幕が下がっている3号トンネルに入り 懐中電灯で足元を照らしながらバラスでゴロゴロの道を76m歩いてトンネルを抜けた そこには 古レール(1911年八幡製鉄製など)を再利用した落石防護棚が設置されていた

   

次の4号トンネルまでの遊歩道 モミジの紅葉のトンネルを歩いているようでした

   

遊歩道脇に もう実も落ちてしまったスルガテンナンショウの茎が残っていた 4号トンネルの入り口付近には 太く成長した木が立っていた 廃線(1966年)になってからの年月を象徴しているかのようです 4号トンネルを抜けたところには 大勢の人がカメラを構えていた

   

今日の目的はここモミジ広場の大モミジでした 三四五の大モミジと言われ高さ18mの県下最大級のモミジです 今年は赤・黄・緑色の綺麗なモミジの葉が残っていました

   

樹齢百年と言われ 見る方向によって三本にも四本にも見える雄大なモミジです いつまでも見飽きないモミジです

   

   

しかし この大モミジに見とれて見残してしまう人がほとんどなのは 大モミジの反対の山に素晴らしいモミジが自生していることです 真赤なモミジが良いですネ モミジ広場を後に散策を続けます

   

広場に出ました 愛岐トンネル群の大看板の下のマルシェ広場には 地元の商店による弁当や飲料などの販売が行われているのです ここで弁当を買うのに大行列 何とかゲットして昼食を取りながらゆっくり休みました 向こう岸の愛岐道路にはまだ日が当たっていないけれどモミジが綺麗です

   

風に舞うモミジの葉が キラキラ光って玉野川へ落ちて行きました お腹も膨れたので ここから引き返して帰ることにしました お昼過ぎになっても人出は後を絶ちません

   

玉野川両岸のモミジを見ながら 最後に4号トンネルを通ってから 川原に出てから定光寺駅へ戻りました

   

東京のくまちゃん 今朝も自転車で出勤です 早速仕事に着きましたヨ 子ども連れのお客さんにおやつを出しました くまちゃんも欲しそうだネ

   

散歩にも行きましたヨ 急げ急げで隅田川テラスへ 階段の上に寺田君達がいたゾ

   

天気が良くて気持ち良かった お店へ帰ったら寺田君達がハンバーガーを食べていた くまちゃんはなに食べてるのと 欲しそうだネ

   

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 東山植物園の紅葉② | トップ | 香流川の冬の風物詩の始まりか »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事