日々是好日~nobsun3のポタポタ日記~

どんな日でも良い日であったと感謝し、自転車の記録を中心に気ままに書き込んでます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ZWIFT始めました。(^_^)

2018年02月03日 | ポタリング、自転車

自転車乗りの巷で話題のZWIFT。自分も始めました。

そもそものきっかけは昨年11月の怪我です。
この年末年始は怪我のため自転車に乗れずじまいでした。
怪我も治りかけて自転車に乗ってもいいかなという時期になると、今度は大寒波の来襲で寒い日が続き、とても自転車で出る気力が出ませんでした。

そんな自転車に乗れない日々が続く中で、何となく脚がウズウズしていたのですが、家の中でなら寒さもないし、落車して再び怪我を悪化させることもないなと考えたのです。

 

ただ単に家の中でローラー台を回してもつまらないし、すぐに飽きてしまいます。という前科もあるので、どうかなと思っていました。
そんな時にネットでZWIFTのことを知り、興味を惹かれたのです。

いろいろと調べてみると、なんだかとても面白そう。そんな時に、いつもお世話になっているSTRAVAでぐりさんがZWIFTを利用し始めたのを知り、早速ぐりさんのブログをチェックしました。

 

やはり、面白そうなことがわかったら、後は実行に向けて動くだけです。

 

まずはローラー台をどうするか。
あれこれ迷いました。

 

どうせならコースの傾斜に応じて負荷が変わるスマートトレーナーと呼ばれるものが良いなと思い、あれこれと調べて、使っている時の騒音とかも考えるとダイレクトドライブ方式のものが良さそうというのもわかりましたが、どれもとても高いものです。最低のものでも10万はします。

 

思い切ってポチってしまうか、という直前まで行ったのですが、さすがにそこで踏みとどまり、結局、ぐりさんと同じ、エリートのQUBO DIGITAL SMART B+にしました。ちなみにどこで買うか、あちらこちらを探し回り、YHOOショップ内のお店で32kでゲットしました。(ポイント引き込みですが・・・)

固定ローラーなのでそれなりに騒音はあるようですが、諸先輩のブログなどを見てみると、皆さん、騒音対策などをいろいろとやっているようなので、自分も騒音振動対策をすれば家人に白い目で見られることが少なくなるだろうという甘い見通しを持って、ポチりました。

ZWIFTを動かすのはiPadにしました。

PCだとANT+の信号を拾うためにドングルという通信アダプターを付けなければならないようなのが面倒(*)なのと、いちいちPCをローラー台の近くに持っていって立ち上げてという操作が面倒そうなので、Bluetoothで信号を受け取るiPadなら立ち上げも簡単です。

(*)ローラー台を使ってわかったことですが、我が家のPCはMacbookですが、Bluetooth信号でちゃんとローラー台のコントロールができることがわかりました。わざわざANT+信号を受けるためのドングルは必要ないのです。が、必要だと思ってローラー台と一緒に買ってしまいました。(T_T)

 

後は心拍計です。Bluetoothで心拍数のデータを通信するためのものをゲットしました。
これはBluetoothだけでなくANT+でも使えることからGARMINとも通信ができるので、普段走る時も使えます。
バッテリーの持ち時間が8時間と短めですが、普段昼間走る分には十分でしょう。

ローラー台が届いてから自転車をセットしますが、最近はご無沙汰でほぼオブジェ化しつつあるダホンのビテス君をローラー台用にセットしました。

 

ロードバイクは、当然ながら実際に走る際にメインで乗るわけですが、ローラー用にいちいちリアホイールを履き替えるのが面倒なのと、ロードバイクもミニベロもペダルを回すだけのことであれば同じだろうと考えました。
きっちりとトレーニングとしてローラーを回すのであれば、ポジションも違うミニベロではなくロードバイクにすべきでしょうが、あくまでもZWIFTでノンビリとバーチャルなコースを走るのが目的ですから、自転車は何でも良いんです。


ということで、セッティングを終えて、いざ出走!

 

バーチャルなコースを走っていると世界中の自転車乗りがリアルタイムで同じ場所を走っています。皆さん、ものすごい勢いで走っていく人もいればノンビリと走っている人もいたりして、それぞれのペースで楽しんでいるようです。

自分も適当なスピードでコースの景色を楽しんだり、前を走っている人の後ろに付いたり、追い越したり、追い越されたりしながら走っていると、単にローラー台を回しているのとは違う、実際に自転車で走っているような感覚になれました。

さらに坂道になるとローラー台の負荷がかかりペダルが重くなるのでギアチェンジをしたりしながら、本当に実際にそのバーチャルなコースの中を走っているような感覚になります。

 

以前、普通のローラー台に乗っていた頃は20分もペダルを回していると飽きてきてしまっていたのですが、これは同じコースを走っている世界中の人に引っ張られるような感じで30分走っていても飽きることはありません。

実に楽しい遊びです。
巷で話題になるのもよくわかります。

しかし、やはり音の問題は結構厳しいものがありました。

ついついパワーを出してペダルを回していると、ブイーーーーン!という感じの重低音が響き渡ります。

騒音を簡易に測定するアプリで測ってみると80db近くの音が出ていて、これは地下鉄の車内程度の騒音となります。
こんな音を家の中で響かせていたら、やがて家人から追い出されてしまいそうです。

そこで、あれこれとネットでローラー台の騒音対策に関する情報を調べて対策を取ることにしました。

まずはローラー台の振動対策用のブロックを調達し、ローラー台の下に置いて、ローラー台のマットの下に防音防振マットを敷きました。
さらに回転音を出すローラーの回りを吸音スポンジを貼り付けた段ボール箱で覆い、少しでも外に出る音を下げるようにしてみました。

これでローラーを回してみると何もしなかった時に比べると60から70dbほどのうるささに低減することができました。

地下鉄の車内から騒々しい事務所内程度まで静か?になり、ローラー台の音よりもギアチェンジする時のディレイラーの音のほうが大きくなりました。

これで夜はできるだけ早い時間までに乗ることにして家人の様子を伺いながら使っていってみることにしました。

 

まだしばらく寒い日が続きますし、週末に天気が悪い日でも、自転車を楽しむことができるようになったのは大きいなと思います。

暖かくなって実際に外を走ることができるようになるまで、そして平日でも天気の悪い週末でも自転車を楽しむためのツールとしてZWIFTを楽しんでいきたいと思います。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 明けましておめでとうござい... | トップ |   
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぐり)
2018-02-04 08:10:45
Zwift いいですね(^^)d
確かに飽きない仕組みがあって、続けられそうです。
のんびりコースを走るのもいいですが、パワートレーニングもスマートローラーだと効果的かも。脚を緩めてもローラー側で勝手に負荷をかけてくるので休めない(^_^;)
とりあえずいいトレーニングにはなっています。
ぐりさん、こんにちは。 (nobsun3)
2018-02-04 09:16:01
はい。とても楽しいですね。これまでは天気が悪いときなどに自転車に乗れないと気分がモヤモヤしていたのが、これのおかげで十分に発散することができます。今は海外の人を煽ったり煽られたりしながらノンビリと楽しんでますが、パワートレーニングもそのうち取り入れてみようかなと思ってます。年々衰えていく脚を少しでも維持できればと思います。
もし、コースのどこかでスライドしたら煽ったりしないでくださいね。(^_^)
Unknown (kuro)
2018-02-04 09:47:14
おぉ~(^^♪

楽しそう!

苦しいとか、飽きやすいとか、
単なるトレーニングとかに、
楽しさがプラスされているようですね。

導入には困難なハードルが沢山なることもわかりましたが・・・(-_-;)

超、羨ましいです(^^♪
kuroさん、こんにちは。 (nobsun3)
2018-02-04 10:33:03
はい。とても楽しいですよ。一緒にやりませんか?(^_^)
ケイデンスとスピードを測るセンサーとローラー台があればとりあえずバーチャルコースを走ることはできるようです。それらのセンサーからの信号を受ける装置が必要になりますが、よろしければ自分の不要となった装置を差し上げますよ。(^_^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ポタリング、自転車」カテゴリの最新記事