ほぼ不定期日記

散歩ばかりしている男の嘘日記

旬を過ぎたホウレン草を玉子とじにして蕎麦にブッかける朝

2018年02月22日 | ほぼ嘘日記

午前7時に起床して可燃ゴミを出す 

小雨が降っている 寒さは変わらず 

雪に変わるかも?と天気予報が教えてくれる 

露地物のホウレン草がひと束198円だったので買ってみたがもう旬は過ぎていて厚みが少ない 

それを下茹でしてから蕎麦つゆで煮て玉子とじにしたのを蕎麦にブッかけ長ねぎを散らす 


霜に当たり柴犬の仔の耳のような厚みのホウレン草はもう無い 

これからはトウが立ち筋っぽくて硬くなる 

それと引き換えに野にはフキノトウが顔を出してくる 

あのほろ苦くて香り高いフキノトウを喰えば胃の調子も良くなって 

居座り続けるインフルエンザの毒素も身体からすっかり吐き出されるのではないか? 

そう思うと多少熱っぽいけれど丹沢の山裾へ出かけたくなってくる 

去年の今頃は多少熱っぽくとも山に分け入って歩きまわっていた 

そういえば冬枯れの渓谷でトラツグミにも会えたり・・・ 

福寿草咲く公園でアトリの群れに出会ったり・・・ 

去年の今日は?といえば河津桜満開の泉の森の民家園でルリビタキに会ったりしている 

ほら!多少熱があっても解熱剤を服んで歩いていたではないか! 

負けて堪るか! 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 新玉ねぎとごてあらぽーで焼... | トップ | 糸三つ葉を刻んでカレー南蛮... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ほぼ嘘日記」カテゴリの最新記事