諸行無常なる日々。或いは鬼渡神と神々の源流。

呪われた家系を生きる私の人生観や日常。それに立ち向かう為の神道的な考え。そして因縁の鬼渡神、神々の源流について考えます。

山伏は山に対し伏して拝むのではなく、山を調伏する存在ではないだろうか。

2016年11月26日 11時22分19秒 | 神道

今回の御題はただの疑問符だけです。私は修験道の知識が無いので断言出来ません。ただ、そうじゃないかなぁーと思うだけです。そこのところ宜しくです。

さて、修験道といえば役の行者、役の小角です。以前、「瀬織津姫と吽・阿の狛犬」と題して記事を書きました。詳しくはそちらを読んで頂きたいのですが、瀬織津姫は役の行者に付き従っている後鬼だと考えています。水が入った土瓶持っていますし、女鬼だし、出身地が天河弁財天周辺の地だったりしますので。

それは兎も角、何故上記の御題で書いたかと言うと、今日テレビで出羽三山の修験者の修行風景を見たのですが、山伏は「山に伏す」から山伏と言うと言ってました。

私、違うと思います。「山を伏す」、つまり「山を調伏」するから山伏だと思うのです。

理由はこれも前出の「瀬織津姫と吽・阿の狛犬」で書いたかも知れませんが、役の行者の家系とされる加茂氏の祖神・一言主に橋を造らせようとし、橋を造らなかった一言主を封印した。そして瀬織津姫を従者として従えた点に有ります。

神道と密教、修験道は違います。神道は日本古来、密教・修験道は大陸から渡って来た。大陸から渡って来たのだから、信仰を広めるには地主神が邪魔。神道が邪魔になる。だから神道の神々を貶める必要がある。

それには神道の神々を魑魅魍魎や妖怪に落とす。従者に落として密教、修験道、そして仏教の優位性を示す言が必要だからと思うのです。

山は古来からの霊場。山は神が宿る場所。そしてその姿からトグロを巻いた蛇。日本の神は蛇神。その蛇神を押さえつけ調伏する。調伏する事により神の力を利用する。それが密教であり修験道だと思います。だから山伏ま「山に伏す」ではなくて「山を伏す」だと考えます。

だから厳しい修行を続けて精神力を養うのでしょう。なまじっかの人は山の毒気にやられると聞きます。精神力で山、つまりは山神、蛇神を調伏するのだと思いますね。勿論、今の所はですが。

 急にこんな事書いちゃいましたが、昨日テレビで出羽三山の修験道の特集をしていまして、「山に付して拝むから山伏」と言う旨説明していましたので、それは否ことと思い書いちゃいました。

私は精神力なんて無いし、山神を調伏なんて罰当たりな事したくないので、神道のに従い奉りたいと思います。

 

ではでは。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自動車ディーラーは信用でき... | トップ | 大家の会に出席して来た。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です。 (りひと)
2016-11-27 23:41:02
イオマンテのような感謝だと素敵ですね。
使役するとか利用するのとはかなり意味合いが変わってくる。
お祭りとか神楽やお囃子も感謝からだとおもいますね。
瀬織津は瓶と水持っているのですね、陶器の出来は火や窯次第だとラスター彩の復活を果たした職人さんがおっしゃっているのをテレビで見ました。火と水の制御が出来るのでしょうね。手水社の下に踏ん張っている方や五大みょうおうにつぶされているのはみていても気持ち良くないですね。そういう強さの時代は終わると良いですね。3534

コメントを投稿

神道」カテゴリの最新記事