登別温泉へのいざない

支笏洞爺国立公園の登別地区の自然情報や催しものの情報を提供する。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ移行のお知らせ

2009年07月05日 | Weblog
このブログは、(財)自然公園財団のホームページに移行しました。

http://www.bes.or.jp/nobori/
↑スタッフブログを随時更新しています!

地獄谷の紅葉

2007年10月28日 | Weblog
紅葉も散りぎわの絢爛たる美しさをみせており、はらはらと降りそそぐ落ち葉に、そこはかとない無情を感じてしまいます。来年もまたこの美しい紅葉が見られるように、我々も日々努力しなければと思う今日この頃です。

地獄谷の紅葉始まる

2007年10月08日 | Weblog
地獄谷を真っ赤に彩るのはウルシの木です。いよいよ紅葉の季節となりました。夏の暑さが残ったため、例年より10日以上遅れましたが、この色彩のすばらしさは大きな感動です。さて新聞で見たのですが、環境問題に関心を持つ人が始めて90%を超えたことが出ていました。皆さん危機感を持っていらっしゃるのでしょう。さあ、それをどう行動にあらわすかに、この美しい景色を孫子の代まで残せるのかどうかがかかっているのでしょう。ここでまた一句「わかっちゃいるけどいま一歩踏み出せないのは何でだろう」

地獄谷に秋来る

2007年09月23日 | Weblog
ナナカマドの実が紅く色づいて、秋を実感しています。朝夕は肌寒くなり先日までの暑さがうそのようです。今年は全国的に猛暑となり、本州方面ではまだ続いているとのこと、お察しいたします。でもこれって今年だけの特別な気象現象なの、温暖化と関係あるんじゃないの。近年家庭から出るCO2が随分増えていると聞きます、家の中でパソコンやゲームに熱中しているオタクの子供たちよ、そんなに電気を使うと温暖化の原因となり、わが身に跳ね返ってくるのは君たちの時代ですぞ。自然の中に出ておいで

地獄祭りの閻魔大王

2007年08月26日 | Weblog
日和山原生野草園にはエゾリンドウが群れをなして気品高く花をつけ始め、秋の訪れを告げています。8月の最終の週末に、例年通り登別温泉最大のイベント“地獄祭り”が開催されています。夜の温泉街に巨大な閻魔大王のからくり山車が登場すると、祭りは一気に盛り上がります。閻魔大王が怒気を含んだ大きな目をギョロつかせ「地上には様々な生き物が住んでおる、まえたち人間だけのものではない、おごるなかれ」とお叱りの声が聞こえてきそう。そこで一句〝温暖化、命あってのものだねだ、孫・子の為にひとがんばり〟

地獄谷盛夏のアジサイ

2007年08月15日 | Weblog
地獄谷駐車場のあちこちにアジサイが今が盛りと咲いています。外国人がその前でよく写真を撮っています。日本で生まれた品種なので珍しいのでしょう。例年なら25℃を超えたら夏本番と思っていた当地で、30℃を超える日が今日で4日目となり、記録的な猛暑が続いています。これも温暖化の一貫かと疑ってしまいます。
ストップ・ザ・温暖化
身の回りの出来る事からまず一歩、気分はスッキリ、脳内サッパリ

日和山の夏

2007年07月25日 | Weblog
日和山の裾野に広がる草原に立つと、タチギボウシが気品高く紫色の花を一面につけ、ヤナギランもピンクの可憐な花を咲かせております。ここの所、大型台風が各地に被害をもたらし、その傷が癒えぬまに、新潟で大地震が発生しと自然が猛威を振るいました。一方では北海道で大規模な不法森林伐採があり、自然と人間がバトルを繰り返しているように感じ、自然との共生も、一筋縄ではいかないなと感じる今日この頃です。今草原を吹き渡る風が花の香りを運び、草いきれが全身を包み込む。ああ至福の時

大正地獄に見る大地の鼓動

2007年07月12日 | Weblog
5月初旬に実に20数年ぶりに大噴出をした大正地獄がその後小噴出を不定期に繰り返し、その都度登別温泉の貴重な観光資源である天然の足湯に流れ込み、足を入れられない熱さになって、利用客を驚かせていました。7月10日にも8mもの大噴出があり、大地の鼓動を実感させられました。地球上には様々な命が満ち溢れています。この命を子孫に残したい“ストップ・ザ・温暖化”

地獄谷の一寸微笑ましい風景

2007年06月24日 | Weblog
地獄谷遊歩道に大木に寄り添ったツルアジサイが白い花を咲かせています。仲の好い夫婦の様です。が夫婦関係も時には煩わしく、面倒くさくなることもあります。これは危機です。環境問題でもこの面倒くさいがキーワードになっているといわれています。ゴミの分別しかり、こまめに電源を切ることによる節電、車の停車中はエンジンを切る、マイバックを持って買い物に行くなどなど、温暖化を防ぎ、環境を守る為には必要なことだと誰もが判っていながら、面倒くさいがネックになって実行されないことが多い。ここでまた一句、〈「面倒くさい」が「あたりまえ」になってくれろと泣く子かな〉 おそまつ!

新緑の地獄谷

2007年06月04日 | Weblog
一面の新緑の林の中を歩いていると、自然のにおいを感じます。思わず胸一杯に吸い込んで、自然の中に抱かれる幸せを感じています。ヤマツツジが周りの緑に映え美しい!このすばらしい自然を残したい?なぜかここで一句「一寸の工夫と少しの我慢、子供たちの未来の為に今