Team NoBird

射撃を中心に好きなことを綴ってゆきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平成17年度全日本選手権

2005-10-06 12:41:46 | クレー射撃

クレー射撃ネタが続きますが、嬉しい話でもあるので・・・。またもやアップする時期を逸している気もしますが。

9月22日から25日まで、岡山県クレー射撃場で全日本選手権が開催されました。今年の岡山県は全日本選手権があり、国体も開催し・・・、岡山県クレー射撃協会の方々はさぞかし大変でしょう。
で、今年も何名かの知人が全日本選手権に参加し活躍されました。種目にも拠りますが、全日本選手権は誰でも参加出来る訳ではなく、一定の実績や基準点を超えないと参加出来ません。なので、私など参加すると聞いただけで「すげ~」と思ってしまいます。

まず、お世話になっている浦和銃砲火薬店の小林庸一選手がダブルトラップで優勝しました。ダブルトラップで海外派遣も経験されている実績のある人なので、考えようによっては実力通りという気もします。更にこの成果を弾みに来年以降の海外派遣&QP獲得に頑張って欲しいところです。

トラップでは新SKB工業(NewSKB)の三浦和郎選手が優勝しました。三浦選手は今年の本部公式4試合が全て2位と、好調ではあってもちょっと残念な成績が続いていました。その辺はご本人が一番意識していたでしょうから、そのような状況での全日本選手権優勝は精神的にも強いところを見せて頂いた気がします。このまま国体(クレー射撃は10月24日~26日)でも実力を発揮して頂きたいです。
また、NewSKBの射撃専用銃を使用されている方々が、このところ好調です。これをきっかけに売上増につながれば、射撃業界も少しは潤うでしょうか。

そして私のブログでもコメントを頂くおとうたま。私と同じように家庭の都合に練習時間を削られている身ながら、公式競技の参加など時間のやりくりは立派です。また、自らブログネタを作り出す行動力と好奇心は尊敬に値します。私も見習わなくては。

また、今年の大会にはアテネオリンピックの女子スキート金メダリストのIGALY選手(ハンガリー)が招待されていました。結果から見ると調子はいまひとつの様子ですが、出来ればメダリストの射撃を見てみたかったです。トラップではBRUCE選手(オーストラリア)が招待されていました。BRUCE選手とは一度食事をしたことがあるのですが、もう覚えていらっしゃらないでしょうね。

全日本選手権の結果は、日本クレー射撃協会のサイトをご覧下さい。

また、もうすぐ始まる岡山国体の射群が発表されました。参加される皆さんが納得のいく射撃が出来るといいですね。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Asian Clay Shooting Champio... | トップ | Web Site 立ち上げました »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
気が付きませんでした (おとうたま)
2005-10-07 07:40:44
トラバって頂いていたんですね。

最初気が付いておりませんでした・・・で,せっかくなのでトラバ返し!って微妙に記事ずれてるけど・・・

しかしどうして同じ記事書いてて殿下とこうも文体が違うのだろう・・・

いつも殿下の記事は頷きながら読めるんだよね~。子供の塾で作文道場行こうかな?
全日本って「日本一」を決めるんですか? (SHINDEN)
2005-10-10 20:33:03
すごい初歩的な事かもしれませんが、全日本選手権と公式戦というのは、違いがあるのでしょうか?(お馬鹿なタイトルですみません。)

公式戦で勝ち残った人→全日本選手権の選手という事になるのでしょうか?

本部公式、地方公式、国民体育大会、県民体育大会など、様々な大会があるのは理解できるのですが、それぞれの位置付けみたいなものが理解できません。

よろしければ、どこかで少し説明して頂けると助かります。

コメントを投稿

クレー射撃」カテゴリの最新記事