経堂こども将棋教室

将棋が好きなみんな、集まれ!

待つのも、『将棋』

2018-12-03 21:49:42 | 日記
先生も走るという「師走」。
今年は暖かく、全く実感がありませんが、
本当に1年早いものですね。
「忘年会」ではなく、「仕事」で
くたくたになりたい、経堂こども将棋教室の高野です。

遅くなりましたが、11月2回目の教室の報告を。
この日は11月17日。
そうです、みんな知ってる?
「将棋の日」。
元気なみんながいっぱい将棋を指せるかなと
思っていると、あれれ

す、少ない

この日は小学校の多くが「登校日」でお休みや
後半Bコースへの振替が多く。
Aコースは「少数精鋭」。
Bコースは「もう、手合付けがおいつかないようぉ」と
2つの違った教室があるような1日となりました。




みんな一生懸命だね

そして恒例、本日の昇級者の皆さんです。








おめでとうございました

秋ごろから教室の目標としている、
「触った駒は必ず動かす。手は膝の上」
がかなり浸透して来たように思います。
とても良いことなのですが、変わって
目立って来たのが
「早く指してよ」という言葉。

みんな慎重になるので、指し手のスピードが
落ち、待つ時間が長くなっているのです。

でも、これはとても良い傾向。
盤面をきちんと把握して、考え、そして指し手を
決める。
将棋が強くなるうえで、もっとも大切なルーティーン
です。

確かに待っているのは、つらいかもしれません。
でも「待つもの、『将棋』」
これは、卒業した生徒さんが、低学年の生徒さんを
諭した時に発した言葉で、とても印象に残った
フレーズです。

考える時間が長くなるということが、一局を大切に
している証です。
「待つのも、『将棋』」
心に留めて、将棋盤に向いましょう。

次回の教室は12月8日となります。
第2土曜の変則開催となりますが、間違えないで
くださいね。

そして15日は毎年恒例の
「クリスマス大会
先生も、今から楽しみにしています。
みんな、頑張ろうね

経堂こども将棋教室 高野秀行





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 出版のお知らせ | トップ | 次回は「クリスマス大会!」 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事