MONAのフォト・ギャラリー

写楽・・話楽・・・な日々

寒いけれど咲いてます ナデシコの花

2015-10-31 22:41:11 | 


寒さが厳しくなりました 

今日は キーウィの収穫や 柿やスダチを採ったりする戸外作業 

服装も 防寒対策が必要になりました  

といっても まだ 蚊もいますけど・・  


撫し子(なでしこ)の花が まだ咲いています 

街では ハロウィンのディスプレイや仮装した人たちで 盛り上がっているみたいですね  

マメ子も スウィッチの格好で 生後10ヶ月の写真を撮りました 

「 独りで歩くようになった 」と マメ母の電話の声も弾んでいます  

 

コメント (4)

ツリフネソウ(吊舟草)の花をみつけた 

2015-10-30 20:50:40 | 


湿地のやや日陰に咲いている ツリフネソウ 

とっても不思議な形をしているでしょう? 

まるで おもちゃの屋形船を 吊り下げているような・・・ 

花の部分をトリミングしてみました 

筒状の花の後ろの部分(2枚目)が くるんと巻いているでしょう? 

そこに 蜜が溜められています 

その蜜を目当てにやってくるのが トラマルハナバチ 

トラマルハナバチは 花の奥まで潜り込んで蜜を吸うことができます 

そして その時に 背中に おしべの花粉をいっぱいつける事になります(3枚目)  

それが ツリフネソウの狙いです  

 


ツリフネソウは 受粉を手伝ってもらう相手を トラマルハナバチに特化しているのですね  


種に触ろうとすると パチパチッと弾け飛び びっくりしました 

花言葉の一つは「 心を休める 」だそうですよ 


 

コメント (6)

ツリガネニンジン(釣鐘人参)

2015-10-29 22:53:09 | 

 
夏の終わり頃に咲き始めた ツリガネニンジンですが 

いつの間にか消え 

今 また 思い出したように咲いていました 

優しい薄紫の花 リ リ リ・・と 涼やかな音が聴こえるようです 

白花もあります (3枚目の写真)

(キキョウ科 ツリガネニンジン属)
 

 
沖縄の辺野古移設問題のニュースに注目しています 

地元の反対にもかかわらず 工事を強硬に着手!

「 沖縄は 今も昔も変わらず 日本の植民地なのです 」という 

お年寄りの言葉が 胸に刺さりました 

太平洋戦争で 沖縄がどれほど悲惨な状況にあったかを知ると 

今なお 沖縄は日本であるのに差別され 本土と同じ権利を持っていないことに 

やりきれない思いがするのです  

政府は この問題にどう対処するのでしょうか?  

阿部政権の本音が見えると思います 

 

コメント (6)

インディアン・サマー?

2015-10-28 22:08:07 | 自然


昼間の暖かさ・・ 暑さ・・・? 

小春日和というより インディアン・サマーという言葉がぴったり 

「何を着たらいいの?」 

出かけるまで 迷う! 迷う!    

今日の東京の最高気温は 26℃だったそうです 


*****

スー っと 透明な光の線が 目の前を横切りました 

気のせい? 

目を凝らすと イトトンボでした 

近くの公園の湿地でのこと (10/26) 

多分 アオモンイトトンボ(青紋糸蜻蛉)だと思います 

♂と♀が 命を繋ぐため 

キラキラと輝く 秋の光の中を 音もなく飛び回ります 

***** 

コメント (12)

大切な使命を前にした オオカマキリ

2015-10-27 22:48:21 | 自然


枯れかけたオトコエシ(男郎花)の花に オオカマキリ ! 

卵を産む場所を探しているのでしょうか? 

動きも緩慢です 

最後の大仕事を前にした 孤高の姿にみえます 

卵を産み 使命を果たしたカマキリは 冬を越すことはありません 

厳しい生存競争を生き抜いてきたカマキリは 

冬までの短い余生を きっとホッとした表情で過ごすのでしょうね

コメント (8)

久しぶりの鳥 ウグイス

2015-10-26 21:34:22 | 


秋も深まり 「 キチキチキチ 」というモズの声が 野に響きわたり 

「 キッ キッ キッ 」という ジョウビタキの声が 空を渡っていきます 

藪の中から 聴こえてくるのは 

「 ジャジャジャ 」 という声  

目を凝らすと ウグイスです  

春のさえずりは オペラ歌手のような 惚れ惚れとする歌声だけど 

普段の地鳴きは だみ声です  

その上 警戒心が強いから 滅多に姿を現しません 

こんな画像ですが 久しぶりの鳥撮り 楽しかったです

 

コメント (12)

薄氷を踏むように そろそろと・・

2015-10-25 20:07:10 | その他


一応 パソコンは復旧したけど 

不安材料はいっぱい! 

さっきも 使っていると 突然ダウンした   

おかしいでしょ  


そろそろ買い換えないと いけないのかなぁ・・・  

もう パソコンは必要ないという人もいるけど 

どうでしょうか  

みなさんは どう思います??? 


*** 近所の方から戴いた 大きな柘榴(ザクロ)の実です ***

コメント (10)

白うさちゃん 青うさちゃん

2015-10-24 21:36:12 | その他


パソコンが立ち上がらなくなり メーカーのサポートに電話した結果 

リカバリー以外に途はないということになりました 

気が重い~  

でも するっきゃないよね と 意を決し・・ 

やっと 何とかなりました (ヘトヘト) 


こんな写真や動画をみて 気分を変えましょ! 

マメ子レオ君の 最近の写真です 


*** 娘から送られてきた写真 ***

 

コメント (12)

白昼夢

2015-10-21 21:32:54 | 小さなおはなし

住宅地の 駅へ向かう道を歩いていると 

車が私を追い越して 停まった 

車の窓から ひらひらと手を振っているのは N子さん 

いつもの 明るい張りのある声で 「送ってあげるから乗りなさいよ!」と言う 

こんな晴れやかな雰囲気で誘われたら 誰だって断れない 

でも・・・ と

ちょっと 躊躇った 

「何処に行くの?」と 訊くと  

彼女が向かうのは 駅とは反対の方向だ 

「私は駅なの ありがとう また今度ね!」と 手を振る 

車は ウィンカーを点滅させて信号を右折し 私は左へと曲がった 


N子さんは こんな風に 天真爛漫! 面倒見がいい 

あれこれ深く考えたりせずに 気軽に声をかけてくる 

町内をくるくる回っている彼女の車に よく出逢うし 

お年寄りに声をかけている彼女を よく見かける 


でも・・ と ふと 思い出した 

彼女は1か月前に亡くなった筈だ 

私と同い年 誕生日も3日違いの彼女は その時に留まったまま・・・   

私だけが1つ齢をとった 

まだ 彼女の声が すぐそこに聴こえるような気がする 


ごめんなさい 

私は まだ歩き続けなければならないの 

いつか あなたの車に乗せてもらうわね  


*** 前に撮った ノブドウの実  ***

コメント (8)

ジョロウグモ(女郎蜘蛛)

2015-10-20 20:52:13 | 自然


蜘蛛って 昆虫ではなく エビやサソリのグループ(節足動物)に属します

蜘蛛の仲間で 一番 目につくのは このジョロウグモではないかしら? 

春には 1つの卵のうから 1000匹以上の子グモが這い出すといわれます 

この子グモたち しばらくは 固まって集団生活を送ります(まどい)  

やがて 穏やかな夕暮を待って 糸を繰り出し 

風に吹かれる糸にのって 一匹 また一匹と 新しい世界へと旅立って行きます 

それから様々な試練に遭い 成体になるのは ほんの僅かな数でしょうね 

*** 2枚目の写真 ♀(大きい方)が成熟するのを待つ ♂(小さい方) 9/23撮影 *** 

*** 1枚目の写真 卵を産みつけるのは 10月下旬~11月 ***

卵を産んだ♀は 命を終えます 

ここまで 寿命を全うできるのは 1000匹のうちの4,5匹でしょうか? 

まさに 奇跡です 

 

コメント (10)