MONAのフォト・ギャラリー

写楽・・話楽・・・な日々

ヨコハマ ライブラリーカフェ

2014-05-31 16:38:24 | 小さなおはなし


様々なテーマで講師を招き 横浜市の中央図書館で開かれる  

「 ライブラリーカフェ 」 

昨夜で 25回になるそうです    

興味のあるテーマだったので 初めて参加してみました  

「 かけがえのない生物多様性 ~本当に大切なものを次世代へ~ 」 

講師は 岸 和幸さんという方です 

生物多様性は 余りにも大きく深いテーマなので 

「 どういう切り口なんだろ? 」って 思いますよね~ 

子どもなら 身近な生物 例えば「 メダカ 」がどうして少なくなったか・・・ 

というような話から 入っていくそうです 

でも 昨夜は 40名弱の大人ばかりなので ザァーっと概論という形で進みました 

いろいろと考えるきっかけを貰えた気がします 

図書館なので 本もたくさん用意されていて 

フェアトレードの紅茶を飲みながら なかなか楽しい時間でした 


借りてきた本・・・他にも読まなければならない本がいっぱい  

この週末は 読書ですね

コメント (12)

大自然

2014-05-30 22:22:53 | 自然

 
やっぱり 写真を撮るには 

整えられた庭園より 自然の中がいいね 

3年前に行った北海道の写真を見ながら 思いました 


今日は 暑かったですね~  

体調崩さないように 
 

コメント (12)

ハナショウブ (花菖蒲)

2014-05-29 20:23:13 | 自然


まだ 少し 時期が早かったみたい  

皇居東御苑菖蒲園です 

東京の中心地に これだけの緑  

しかも 無料! 

ちょっと 時間がある時の 自分の気分転換にも・・・ 

誰かを案内する時にも・・・ ぜひお薦めです  


ところで 

いま 夜空で ドコドコ太鼓を叩いているような音がするのは 

雷さま? それとも 花火? 

どちらにしても 

夏が近づいている音ですね  

コメント (10)

2014-05-28 22:59:05 | その他


「 鏡よ 鏡 

今朝の私は・・ どお? 」

ちょっとドキドキしながら 鏡をのぞき込みました  

昨日 クローゼットの中の片づけをした時 

柱に 眼の上を したたかにぶつけてしまったからです 

傷口から 血がポトポトと垂れて・・・ 

今朝起きたら お岩さんのようになっているのではと 

とっても 心配でした  


でも 少し腫れているけど 思っていたほど酷くなっていなくて 

良かった~ 

ホッ

 

コメント (8)

もう一度 ヤマボウシ

2014-05-27 21:27:46 | 


ヤマボウシは 漢字で書くと「 山法師 」です 

昨日は 波乗りをして遊ぶ子どもたちにイメージしましたが 

山を登っていく 修験僧のようにも見えるでしょう?  


ここにあるヤマボウシの木は 自然のままなので 

とても高く 四方に大きく枝を広げています 

風が吹くと 枝は緑の波のようにうねり 

白い花たちは その波に乗って 優雅に羽ばたきます 


梅雨に入る前の 静けさ 

濃密に充ちる 樹木が発散する生命力

コメント (12)

心静かに

2014-05-26 19:56:34 | 小さなおはなし


梅雨の足音が 近づいてきます  


季節の花の色は へ 

何処からか 子どもたちの歓声が聴こえてきませんか?  

 



あっ・・ あそこ

深い緑の海で 

大波~ 小波~ 

ヤマボウシの花の子たちが 波乗りをしているのネ  

 

コメント (12)

早苗

2014-05-25 20:21:46 | 自然


山おろし 早苗を撫て 行方かな (蕪村) 


爽やかな風が 植えられたばかりの早苗をなでて 

通り過ぎて行きます 


風に運ばれてくる 花の香に 

ハッとして 辺りを見回します  

 

コメント (12)

さわや香

2014-05-24 20:42:30 | 


スダチの花が 満開です 

爽やかな香りのする花から花へ 蜂が飛び交います 

秋には いっぱい実りそう 

楽しみ~  

 

コメント (4)

昔話

2014-05-23 21:50:57 | その他



子供の頃に 心に残ったおはなしの一つ 

「 八百比丘尼 」 


知らずに 人魚の肉を口にしてしまった娘が 

いつまでも年をとらず 長い歳月を生き続けていくという お話 

夫が死に 子どもが死に 孫が死んでも 自分は死ぬ事が出来ずに  

独り 人間の世の栄枯盛衰を見続けていかなければなりません 

孤独ですよね~  

子どもながらに どんなにツライだろうと 思ったのでしょうね   

今でも このお話は 私の心深く残っています 


娘は尼になり 「八百比丘尼」と呼ばれ 

諸国行脚して 人々の菩提を弔うのですが・・・ 


*** 写真は以前撮ったものです ***

コメント (10)

雷雲

2014-05-22 20:39:36 | 自然


ふと見上げると 不穏な空模様・・  

迫りくる黒雲!  

パラパラと 雨が降り出しました 

暖気と 寒気が にらみ合い 

どろどろと 陣太鼓が轟いたかとおもうと 

ピカッ!   稲妻が走り 

風雲入り乱れての 戦いとなりました 


やがて 空戦場に 明るい光が分け入りました 

一時は退いた雲軍団ですが 

まだ まだ 黒い謀議は続いているようです  

 

コメント (8)