MONAのフォト・ギャラリー

写楽・・話楽・・・な日々

退院

2021-04-17 22:14:14 | 


2週間入院していた夫が やっと退院した 

体調も良くなり 早く家に帰りたくて仕方がない夫は 今 とても幸せそうだ  

私も 病院と行ったり来たりしなくて良くなり ホッとしている 

今は コロナへの警戒で 家族も面会はできないのだが 

私は夫と一緒に覚えなくてはならないことがあって ほぼ毎日通っていた 

 

ある日 道を歩いていて 年配の方の横を通り過ぎると 

「 アッ 」と驚いた声を上げられた 

立ち止まり振り返ると 多分 少し視力にハンディがある方? 

「 すみません 私 ぶつかりましたか? 」と訊くと 

「 いや ぶつかっていません ちょっと驚いただけです 」とおっしゃる 

「 申し訳ありません 」と頭を下げた 

無意識のうちに 歩くスピードがすごく速くなっていたようだ 


夫と言えば・・・ 

「 夜 廊下に出たら『 助けて!助けて!』って お年寄りの声がしてね  

 看護師さんに言ったら『あの方はいつもそうだから大丈夫です』って言われた 」

と ビックリしている 

「 病院って そういうところなのよ  と 私 

様々な苦しみ・・ 様々な人生・・ 

とにかく 退院してよかった

 

コメント (2)

いつもの季節なら・・・ 

2021-04-15 22:09:23 | 


新型コロナが流行る前なら 

今は 立ち話にぴったりの季節  

冬の間 家に籠っていたお年寄りも 散歩に出てくるし 

庭仕事をしている方に 声をかけたり 

寒い時のゴミ出しは 少しでも早く 家に入ろうと思うけれど 

この季節ならば ゆったりした気持ちで 近所の人と立ち話もした 


けれど 今は すっかり変わってしまった 

もうすぐ 引っ越される近所の方・・・ 

今までならば 何処かの家でお別れ会をする筈なのに それが出来ないでいる 

外で食事をしようか・・ 小さなお店を借り切って・・ 

でも 「 今は・・ 」と 店から断られた 

仕方がない 状況が落ち着いてからとなったが 

一体 どれくらい先になるだろう?

コメント (2)

春の嵐

2021-04-14 21:47:09 | その他

今日の横浜の 予想最高気温は 23℃ ! 

服装に 気を遣います 

薄手を重ねて どんな状況にも対応できるように・・・ 

雨なので 最後に薄手のコートを羽織り 出掛けました 

案の定 朝なのに 電車の中は蒸し暑く感じます 

雨は降ったり止んだり 着るものを調節しながらの一日でした 


マメ子(孫)が描いた ジィジとバァバの絵です ↑ 

入院しているジィジが やっと週末に退院できることになりました 

 

 

 

コメント

山吹

2021-04-12 21:46:24 | 


一重のヤマブキは こどもの頃からの友達 ! 


品種改良されて 次から次へと目新しい花が生まれる 

それはそれとして 素晴らしいのだけど・・・ 


昔から ずっと変わらない花って ホッとする 

ヤマブキも その一つ 

 

コメント (4)

この季節が 最高!

2021-04-11 20:49:40 | 


最高気温18℃ 

一番よい季節ではありませんか? 

あっという間に 光が強くなり 汗ばむ季節になってしまうけれど・・  

清々しい 今の空気を いっぱい吸い込んでおきましょう  

 

 

 

 

コメント (2)

動物園に行こう

2021-04-09 18:55:56 | 横浜


春休みが終わり 学校や幼稚園が始まりました 

きっと お父さんお母さんは ホッとしていることでしょうね!? 


春休み マメ子(孫)がお友達と一緒に行った野毛山動物園で インドクジャクを観ている写真に 前 来た時のことを思い出しました 

1歳のお誕生日がもうすぐという頃のこと  

ヨチヨチ歩きのマメ子を 心配そうにエスコートする 真っ白なインドクジャク!!  

その頃は 放し飼いにされていたのです   

 


野毛山動物園は 朝からお昼過ぎ迄は 学校や幼稚園の遠足で訪れる子どもたちで賑わいますが 
午後2時頃になると 急にガランとなります 

この時間帯に来ると のんびり出来て 小さな子に ちょうど手頃な大きさの動物園なのです

 


また別の時 もう少しマメ子が大きくなった頃に行った時のこと・・  

トラ舎のガラス越しに観た2,3歳の雄のトラ 

悠然と ちょうど の絵のように 目の輝きや 1本1本の毛の先までピリピリと電気が通っているような姿に 

もう 圧倒されました   

他に人もいないので トラの前にマメ子を立たせて写真を撮ろうとしたのですが 止めました 

ガラスはありますが ほんの3m程の距離です 

記念写真なんて 感覚が鈍磨し過ぎでしょう? 

遥か遠い昔 まだ人間が大型の肉食獣の餌食になっていた頃の記憶が 私のDNAに微かに残っているのかもしれません 

 

 

さて マメ子「 トラは 居た? 」と 訊くと 

「 トラは上野動物園に行って 代わりにライオンが野毛山に来た  」のだそうです 


先日の「 トラと いっしょに 」の絵本の記事を書きながら その時のトラの事を思い出していました 

コメント (2)

新年度始まる

2021-04-06 21:03:33 | 


ゴミ出しをしようと外に出ると 幼稚園の制服を着た子の手を引くお母さんと出逢った 

少し前まで マメ子(孫)の幼稚園の送り迎えでよく顔を合わせていた方だ 

「 今日が 幼稚園の始業式なんです 」 と お母さん  

「 マメ子ちゃんは 明日が小学校の入学式でしょう? 」 

「 ええ そうです 」 

お姉ちゃんが小学生なので いろいろ教えていただかなければならない 

「 これからも よろしくお願いいたします」


マメ子からは 朝早く LINEで 

「 これから Nちゃんと一緒に 小学校まで歩きます(登校の練習)と ビデオメッセージが入っていた 


朝一番で 区役所に行き いろいろな手続きを済ませ 

保育園の前を通りかかると 小さな園庭を囲む金網にしがみつき 2歳くらいの子が この世の終わりとばかりに泣いていた 

まだ 保育園に入ったばかりなのね!? 

周りにいる子たちも それにつられて泣きだしそう    

まだ 慣れない様子の若い男の保育士さんも オロオロ・・・  


自分の用事も済ませ 午後には 夫と共に病院へ 

大きな病院なので 担当医もたくさんいます 

初めて顔を合わせる若い女医さん 

「 4月から こちらに来ました Aです  

その前は○○に 神奈川は初めてです・・・ 」と 自己紹介 


みんな 大変  

みんな 頑張って

 

コメント (2)

トラと いっしょに

2021-04-05 21:28:15 | 小さなおはなし


最近 マメ子(孫)と読んだ絵本です 

「 とらと いっしょに  」 

ジェシー・ホジスン 絵 / ダイアン・ホフマイアー 文 


トムは美術館で ジャングルの中から こちらを見つめているトラの絵に心を惹かれ いつまでも眺めていました 

家に帰ると 直ぐにトラの絵を描き始めました 

その夜 トラが絵の中から現れました 


「 さあ 出掛けよう! 」トラが言います 

「 エエッ・・ 夜だよ! 」 



ためらい 怖がるトムを連れて 

トラは 深い森へ 水の中へ 空へと 駆けめぐります  

 


「 僕には 出来ない!!」と 尻込みしていたトムも 

トラに励まされ 見守られ 

次第に 新しい世界に踏み出せるようになりました 



仲間と踊り続け 疲れ果てたトム 

家に帰り着いて トラにもたれかかり眠ってしまいました 

「 もう 何も怖くない・・・  」  



マメ子は 直ぐに トラの絵を描き始めました 

「  トムが美術館でみた絵を描いた人は  アンリ・ルソーというフランスの人 

ルソーは フランスから出たことはなかったの

植物園や動物園に通って 夢の中のような不思議な絵を描いたのね 」


コメント (2)

芽吹きの雨

2021-04-04 21:27:00 | 自然


雨音は 優しい子守唄 

降り注ぐ雨の中で すくすくと若葉が育ちます 


昨日の 近くの山の画像 ↑ 

芽吹きの時のパステルカラーから かなり濃い緑へと進んでいます 

今年は 例年よりも気温が高いからですね!? 


今朝方 夢を見ました 

「 終わりたくない 」と 自分がおんおん泣いているのです 

きっと若い頃・・ 周りにいるのも知っている人たち・・ 

目が覚めた時は とてもリアルでしたが 

今は もう記憶があやふや 

それが 夢なのですね  

何が終わりたくなかったのだろう??? 


気になります

コメント (2)

花道

2021-04-03 21:44:32 | 


散り際も 心に残ります 

 

今年も ありがとう 

コメント (4)