nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

W杯アジア2次予選 日本まさかのスコアレスドロースタート

2015-06-16 22:20:09 | サッカー
先週の親善試合の対イラク戦に、4-0で勝利した日本代表。
でもあの日のイラクチームは、日本に来たのは観光目的だったか?買い物目的だったか?と言う程度のチーム。
あんな、サッカーは闘いだということすら忘れたようなチーム相手では
全く参考にならない内容だと、素人でも感じたというのに
縦への速さだとか、スピードに乗った攻撃だとか、手数をかけない素早いパス回しだとか
目指す攻撃の形が出来ていたとか、これでもかと持ち上げて騒いだマスコミ・・・

86位のイラクに4点取れたんだから、154位のシンガポールなんて楽勝だと構えていたでしょうけど
たとえ弱くても、国の名誉を背負って本気になったチームには、日本と戦えるってまぶしかったと思います。
ありったけの気合いとか、意地とか、執念とかのオーラにガードされて
めちゃくちゃ神掛かってしまったチーム相手に、そうそう簡単に点が取れるものでもないというのが、よくわかった試合でした。
スピードもなく、工夫もなく、ひたすら縦へ縦へのワンパターン。
シュート数からいえば、得点できなかった方がおかしいくらい、全く運に見放された試合だったとも言えるけれど
いつかは点が入ると余裕かましてばかりで、ミスも多く、本気度にも欠け、最後に慌てて、結局スコアレスドロー。
だから、余裕で勝って勘違いするような壮行試合は、組むべきではなかったと改めて言いたいです。
コメント

重松清 カシオペアの丘で(上)(下)

2015-06-16 17:23:42 | 本・雑誌・ドラマ

重松清さんの長編 カシオペアの丘で(上)(下) を読みました。

あらすじ(上)・・・・(「BOOK」データベースより)
丘の上の遊園地は、俺たちの夢だったー。
肺の悪性腫瘍を告知された三十九歳の秋、俊介は二度と帰らないと決めていたふるさとへ向かう。
そこには、かつて傷つけてしまった友がいる。
初恋の人がいる。
「王」と呼ばれた祖父がいる。
満天の星がまたたくカシオペアの丘で、再会と贖罪の物語が、静かに始まる。

あらすじ(下)・・・・(「BOOK」データベースより)
二十九年ぶりに帰ったふるさとで、病魔は突然暴れ始めた。
幼なじみたち、妻と息子、そして新たに出会った人々に支えられて、俊介は封印していた過去の痛みと少しずつ向きあい始める。
消えてゆく命、断ち切られた命、生まれなかった命、さらにこれからも生きてゆく命が織りなす、あたたかい涙があふれる交響楽。

北海道の雪深い昔炭鉱があった町北都市で育った、幼なじみの4人。
無邪気に遊んだ小学生時代から、訳合って離れ離れになって、39歳で再会します。
そのうちのひとりシュンには、すでに命の期限が迫っていて
その迫りくる死を前に、過去と向き合うため、初めて家族と故郷を訪れます。
幼なじみそれぞれが、背負ってきたもの、恐れて来たもの
秘密にして来たもの、心の痛みの感じ方、相手の痛みの受け止め方
許されるためになすべきこと、許すためになすべきこと
去りゆく者の懺悔と、残される者の後悔
そんなに自分を責めなくても、そこまであけすけにさらけ出さなくても、と
苦しくなるくらい、登場人物たちがみんな正直すぎて
とにかく重たいもの、暗いものが、どんどん押し寄せてきて
シュンの身体の中で増殖する癌が、読み手の心さえも重く蝕ばんでいくような錯覚が起こります。
そして最後は涙が止まりませんが、それとともにすっきりと浄化されたような温かい気持ちにもなります。
本を読んでこんなに泣いたのは、久し振り。
途中まで電車の中だったりしましたが、最後は家に帰ってからで本当によかった。
北都市と言う架空の街は、芦別市がモデルだそうです。



コメント

博多料亭 稚加榮 明太子

2015-06-16 12:07:10 | つまみ・珍味・スナック
画像を撮ったっきりすっかりとアップを忘れていた、博多土産の明太子のご紹介です。
博多の明太子って、こじんまりした個人店から全国区のチェーン店まで様々お店がありますし
見た目も、色も、味も、浸かり具合も、風味も、もちろんお値段も、千差万別。
それぞれにオリジナリティ溢れる特徴があって、十人十色に個々人のお気に入りがあると思います。
私もいくつか好きなお店があって、お味優先ならここ!量を食べたい時はここ!と、使い分けて買っていました。
そんな中で、ちょっと味に特徴があって、少量でも満足できるのが、こちら 稚加榮 さんの明太子。
稚加榮 さんは、大きな生簀のある有名な高級料亭ですが、ランチはリーズナブルなので、昔よく利用していました。
こちらの明太子は、水分控えめでプチプチと弾力があり、お酒の風味が強いのが特徴。
ご飯にのせて食べるというより、噛みしめながらしっとりと味わう、お酒の肴に合う味と言った感じかな。
お値段は他店に比べ少々お高めですが、根強いファンの多いお店です。
直営店以外にも、空港、主要デパートでも買えますよ。



お徳用辛子明太子切子 110g 1080円
コメント