nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

第65回戸田橋花火大会

2018-08-05 13:40:33 | 東京
先週末の花火大会は、台風で中止やら順延やらで、地元民や見学客をやきもきさせられたようですが
昨夜行われた、荒川を挟んで板橋と戸田が同時開催する 第65回戸田橋花火大会 は、好天の下盛大に開催されました。
私は自宅でビルとビルの隙間から、遠く垣間見える様子を楽しんだだけですが
夫が板橋側の有料席で観てきたので、送って貰った画像を少し記念に乗せておきます。




以前は、夜まつや花火といえば夏の夕涼みのイメージでしたが
今は夜とはいえ過酷な暑さとの戦いとなり、夏のイベント参加も命がけですね。


コメント

新宿御苑 2018・5月

2018-05-18 14:57:13 | 東京
先週末、新宿高島屋にパフェを食べに行った後、久しぶりに 新宿御苑 に立ち寄ってみました。
お天気もよくお散歩日和だったのもあって、券売機に列ができるほど、多くの人が集まっていました。
中に入ってしまえば、都会の真ん中とは思えない豊かな緑に包まれて
広い敷地をお散歩しながら自然に浸るもよし、木陰のベンチで涼んでもよし、老若男女それぞれに楽しめます。
シートを敷いてお弁当を食べている家族や、写生をしている人々も大勢いました。





温室



バラ花壇もまだまだ見頃で、あらゆる種類のバラが咲き誇り
辺り一面バラの香りに包まれていました。






新宿門から入り、千駄ヶ谷門から退出



建設中の新国立競技場を観ながら、信濃町まで歩いてみました。







出来上がるのが楽しみですね。
コメント

自転車で石神井公園へ

2018-05-04 17:13:08 | 東京
例年GW中に、一度は出かけている自転車での遠出。
昨日は雨のち強風、土日は気温がかなり上がるということで
後半の4連休で、一番サイクリング日和だと思われた今日、練馬区は 石神井公園 に向けて出かけてきました。
箱根の記事もうまいもの会の記事も、まだまだ途中ではありますが、本日の記事を先に上げておきます。

行きは幸魂大橋を渡り、そのまま外観自動車道沿いに進んだのですが
坂はともかく陸橋が多くて、自転車を押していくつも陸橋を渡るのは、アラカン夫婦には結構過酷。
膝がガクガクになりながらも、迷うことなく無事目的地に到着。

石神井公園は、三宝寺池と石神井池という二つの池を中心に
武蔵野の自然をしっかり残す、お散歩や憩いにぴったりの公園で
犬を散歩させている人や、写生をする人、散策をするシニア世代、ボートに乗る若者
遊具で遊んだり、ザリガニ釣りをしたり、ピクニック気分の家族連れなどでにぎわっていました。
私たちも二つの池のちょうど中央辺りに自転車を停め、のんびり歩いてみました。



こちらが 三宝寺池
樹林に覆われ木陰がいっぱいの、心地よいお散歩コースになっています。











湧水が湧いている場所があって、水が透き通っていてきれいでした。











大きな水鳥が休んでいました。







こちら側が開放的な 石神井池
ボートや釣りを楽しむ人たちがいっぱい








帰りは笹目通りに出て、そのまま笹目橋を渡るコースを選択。
行きより起伏がなだらかで、走りやすいコースでしたが
サイクリング的には趣がいまいちで、サイクリングの道選びって難しいですね。

日差しはありながらも風も穏やかで、気温もほどほど
日陰に入ればスーッと汗が引いて、実に爽やかなサイクリング日和。
一年中こんな日ばかりだといいのにと思いながら、程よい疲れとともに帰ってきました。
コメント

新荒川大橋から見える河川敷の芝桜

2018-04-13 17:11:54 | 東京
先日都内に自転車で出かけた時、行きは荒川大橋経由で行って、帰りは戸田橋から帰ろうという計画だったのに
私がさっさと先に行ってしまうものだから、河川敷の芝桜の写真を散り損ねた!と夫がうるさく言うので
仕方なく帰りもそちらのコースを辿り、無事芝桜の撮影に成功。
今年は桜もそうでしたが、芝桜も藤も牡丹もいつもの年より早くて、なんだかせかされているようで焦ります。





荒川河川敷の北区側にあり、京浜東北線の車内からも見えますよね。





白抜きで KITA CITY と描かれています。




コメント

赤羽自然観察公園

2018-04-11 16:21:05 | 東京
日曜日、晴れていたので東京方面に向け自転車を走らせ、十条商店街まで出かけてみました。
帰り道、元自衛隊の駐屯地として使用されていた土地の一部を利用して作られたという
赤羽自然観察公園 に立ち寄りました。
周囲を高層住宅に囲まれながらも、広大で奥行きのある緑の園が広がる、自然とのふれあいが楽しめる公園で
散策コースの他、多目的広場やバーベキューを楽しめるスポットもあります。













この池を眺めながら途中で買ったパンでランチ







北区ふるさと農家体験館



江戸時代、北区内の浮間にあった古民家・松沢家を移築したもの
北区有形文化財指定



田んぼもあります。





室内も見学可



玉ねぎが干してあって何ともリアルな風景





コメント

染井霊園の桜と甘露七福神のあんみつ

2018-03-27 12:55:23 | 東京
無量寺の桜を楽しんだ後は、目的のお墓参りへ。
染井霊園もその名の通り、見事にソメイヨシノが咲き誇っていました。
霊園内の公園では、ご近所の方がお弁当を広げてお花見中で霊園とは思えぬにぎやかさ。







この後はとげぬき地蔵にお参りし、商店街を散歩したのですが
この日はたまたま24日ということで、通りには出店が出ていていつも以上に凄い人出でした。
最後に昨年も立ち寄った、マクロビオティック和スイーツのお店 甘露七福神 で休憩。
和の設えにシャンソンが流れる、ゆったり落ち着くお店です。



私が甘露あんみつの抹茶アイス
夫が塩あんみつのバニラアイスで!





かわいい木でできた干支の戌が売られていたので購入。
レジの上の方に酉も置いてあり、私が戌で夫が酉なので
そちらも売っていただけないかと聞いたところ
こちらは少し欠けがあって売り物に出来なかったものなので
差し上げましょう!と言ってくださいました。
小さくてかわいくて場所も取らず、来年以降もまた買い続けたくなりました。
コメント

北区西ヶ原 無量寺の桜

2018-03-26 14:21:02 | 東京
旧古河庭園を出て、霜降り商店街の方向に向かって、右手の坂を下りていると
右方向に鮮やかなピンクの桜が、見え隠れしているのが目に入りました。
どこか個人のお宅の桜かしら?と思っていたら、そばを歩いていたご婦人が
そこを右に折れたところにあるお寺の桜ですよ、と教えてくださいました。
この道は何度も通っているのに、その方向にお寺があることも知らなかったので
偶然に教えていただかなければ、永久に気づかなかったかもしれません。

無量寺 (真言宗豊山派)



地蔵堂



奥行きがあって、緑がこんもりとした境内には
彩り豊かな桜が何本もあり、満開の花を湛えていました。

























狸が出迎えてくれる本堂
また境内には、猫もいっぱい!






数人の方とすれ違いましたが、ほぼ無人の静けさと心地よい風の中で愛でる見事な桜。
素敵な名所を教えていただき、また来年が楽しみになりました。
コメント (2)

旧古河庭園 2018

2018-03-25 21:27:06 | 東京
お彼岸の中日が雨だったので、昨日ようやくお墓参りに出かけてきたのですが
途中、5~6年ぶりくらいに 旧古河庭園 に寄ってみました。
思っていたより桜の木は少なく、バラの時期にはまだまだ遠く、寂しいお庭でしたが
バラの時期に比べて人出は少なかったので、のんびりと散策を楽しんできました。

お天気が良すぎて、逆に暗めの画像ですが、載せておきます。































コメント

浅草寺の桜もほぼ満開!

2018-03-23 20:15:15 | 東京
東京の桜は場所によりバラつきはあるものの、ほぼ満開のお花見日和を迎えています。
今日は先々週から、友達と浅草に出かける約束をしていたのですが
浅草寺では、見事にきれいな青空と桜が、美しいコンビネーションを見せてくれていました。

























浅草寺の桜を愛でた後は、本来の目的地の 浅草東洋館 へ。



3時間ほど落語や漫才などの演芸を楽しんだ後、2015年12月にオープンした
47都道府県の隠れた名産品を集めて並べた まるごとにっぽん
でお買い物をして、半日のんびり楽しんで帰ってきました。
コメント

西新井大師 2018

2018-02-17 21:31:10 | 東京
2013年の息子から始まって、何だかんだ家族の厄年が重なり、毎年のように厄除に出かけている 西新井大師(総持寺) 
今年は私の本厄、夫の後厄で、出かけて来ようと思いながらも
1月半ばの降雪と長引く積雪、その他色々あって夫婦の足並みがなかなか揃わず
ようやく本日出かけてきたのですが、午前中のポカポカ陽気が午後から一転
強い北風が吹きすさぶ中、寒さと戦ってきました。



2月も半ばを過ぎ、さすがに人出もひと段落したようです。



今年も見事だった寒緋桜



紅白の梅もきれいです。





空があまりにも暗いので
色のないところは、寒さが身に沁みる墨絵の世界











野梅



白梅の盆栽

本厄の一年となる今年ですが、健康で、平和で、つつがなく、心穏やかに過ごせますように!

※ お護摩の待ち時間に羽生君金、宇野君銀の朗報を知り帰って来て録画を観ました。
  逆境に負けずひたすら努力の人、素晴らしいです。
コメント