nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

茨城県小美玉市 茨城空港

2017-11-17 17:55:55 | 群馬・栃木・茨城
那珂湊のおさかな市場の後は、小美玉市にある 茨城空港 の見学。
自衛隊管理の百里飛行場が、2010年に民間共用化されて 茨城空港 としての営業を開始したものです。
いわゆる地方空港と違って、羽田や成田が近いというハンディもあり
当初運行されていたソウル便が廃止になったりと、紆余曲折のあった空港ですが
現在は、札幌、神戸、福岡、那覇、上海に定期便が飛んでいるようです。
ただアクセスには力を入れていて、広大な駐車場を完備。
また県内JR石岡駅・JR水戸駅・つくばエクスプレスつくば駅と、連絡バスで繋がり
なんと東京駅からも、航空機の利用者は500円、利用しない人も1200円という破格のお値段で、直行バスが運行されています。



ちょうどフライト機がいない時間帯だったため
人も少なく、航空機の姿は見えなかったのですが
お土産物屋さんを物色しながら、施設内を見学させていただきました。























敷地内に、戦闘機と偵察機が展示されています。

 

お土産に買ってきたプリン(ながいのやすらぎぷりん)が
卵たっぷりの濃厚風味でおいしかった!

 </cnter>
コメント

那珂湊おさかな市場

2017-11-16 11:18:10 | 群馬・栃木・茨城
先週、所属ボランティア団体の視察研修で茨城方面へ出かけ 那珂湊おさかな市場 にも立ち寄りました。
那珂湊おさかな市場 は、鮮魚から乾物まで、海産物が所狭しと並ぶ11店舗が軒を連ねる活気あふれる市場。 
品定めしながら二往復くらいして、的を絞りながらお目当てをゲットできる、買い物には程よい規模。





ヤマサ水産 さんでランチ
分厚いお刺身と浅利汁と茶碗蒸しのセット
美味しくいただきました!



その後は店舗を散策して、それぞれにお買い物タイム
海なし県民ですから、歩くだけでハイテンション!















一皿や一パックの量が多いので
少人数家族としては悩むところですが
結局、ヒラメのお刺身、アンコウ、金目鯛の開き
イカの一夜干し、タラコをゲットしすごい荷物に・・・(汗)



その日の夜、さっそくヒラメの刺身をいただきましたが
1500円を1000円にしてくれたパックの、半分量がこれ!(つまりこれで500円)
肉厚で柔らかで大満足、二人でペロッといただきました!
その他のものも食べたのに、写真撮るの忘れました。。。
アンコウはアンコウ鍋にして、週末に息子を呼んで食べました。
金目の開きもびっくりの大きさで、身が厚くておいしかったです。
コメント

栃木 足利学校

2015-10-14 19:12:09 | 群馬・栃木・茨城
所属ボランティア団体の視察研修の途中で、日本で最も古い学校として知られる 足利学校 を訪れました。



入徳門 (内側から)





稲荷社



学校門



旧遺蹟図書館



杏壇門 きょうだんもん



孔子廟 こうしびょう



方丈
こちらの分厚くて見事な茅葺の大きな建物が
こちらがいわゆる校舎的役割を担っていました。



 北庭園 方丈から眺めた中庭



書院
今でいう事務所的役割
手前の部分が台所にあたる 庫裡 くり になっています。





書院の裏側

 







収納庫
コメント (2)

五浦ハムのハム焼&那珂湊でお買い物

2012-04-24 09:21:36 | 群馬・栃木・茨城
ひたち海浜公園 内には、大観覧車やジェットコースターなどのアトラクションも設置されています。





観覧車の白いカゴ(箱?)はシースルー仕立てになっていますよ、怖そう!  


さてみなさんは、茨城名物の人気グルメ、五浦ハムさんの ハム焼 をご存知ですか?
あの カシマスタジアム でもコンコースで実にいい匂いを放ち、長蛇の列ができている人気商品です。
カシマでは余りの人気ぶりに気後れして、買ったことはなかったけれど
この日は人出もそんなになかったせいもあって、お兄さん暇そう・・・・
そこで大口注文を持ちかけ、4人で17本を焼いてもらってお土産に買って帰りました。







ハム焼と言っても、一般的なハムではなく
スパイシーな味付けを施した、豚のバラ肉を串に刺したものを
炭火でじっくりいぶすように焼いたものです。
ものすごくボリュームがあって、1本400円はお買い得!





ハム焼を買って、そろそろこちらとはお別れ。



帰り道 那珂湊おさかな市場 に寄ってお買い物。
このあたりも、昨年の東日本大震災では大きな被害が出た地域ですが
何とか立ち直って、活気のある市場風景が再建されていました。





立ち寄ったのが、閉店間際だったせいもあり
持ってけドロボウ状態で、とてもお得にお買い物が出来
みなさんそれぞれに、いっぱい買って帰ってきました。

お天気も良く、平日だったので公園も道も空いていて
時間も有効に使え、実に楽しい小旅行となりました。

さて、今月は実家に帰る予定もあったので
あまりモニターを受けていなくて、しばらくのんびりしていたのですが
気付いたら、またちょっと溜まってきたので
この後しばらくは、モニターに集中したいと思います。


 ランキングに参加しています
足跡代わりにクリックしていって頂けると嬉しいです
よろしくお願いします

にほんブログ村 主婦日記ブログへ 人気@BlogRanking 日記@BlogRanking
コメント

国営ひたち海浜公園 3 たまごの森フラワーガーデン チューリップ

2012-04-22 13:14:05 | 群馬・栃木・茨城
ひたち海浜公園 の続きです。
たまご型の遊具が点在する たまごの森 に広がる、約170品種27万本のチューリップたち。
赤、白、ピンク、黄色、紫、ミックス・・・・
一重、八重、ツンとしたもの、ふわっと丸いもの、フリフリのもの・・・
カラフルでキュートで華やかなチューリップは、春の花の代表格ですよね。
見ていると、自然と心が弾んできて楽しくなるお花です。



チューリップワールド を開催中



















一緒に植えられているムスカリもかわいい!













 ランキングに参加しています
足跡代わりにクリックしていって頂けると嬉しいです
よろしくお願いします

にほんブログ村 主婦日記ブログへ 人気@BlogRanking 日記@BlogRanking





コメント (6)

国営ひたち海浜公園 2 見晴らしの丘に咲くネモフィラ

2012-04-20 12:20:49 | 群馬・栃木・茨城
ひたち海浜公園 part2です。
スイセンガーデン を超えた先に迫ってくるのは みはらしの丘 と呼ばれる高台で
4月下旬から5月中旬は、ネモフィラの季節。
450万本のネモフィラが咲き誇り、一面真っ青な世界が広がっています。
まだ咲き始めということでしたが、もう十分真っ青で素敵な眺めでした。





空の青とお花の青で、どこまでも青が続く世界。







みはらしの丘 の麓に位置する みはらしの里
350年前の茅葺古民家を復元し、農村風景を再現しています。



丘を登って行くと、さらにどんどん青くなっていきます・・・
まるで天国へ繋がる道のよう(変な意味じゃなくてね)











上の方からは海も見渡せ、こちらもブルーの世界。



標高58mのこの先の地点は、ひたちなか市最高地点だそうです。

お天気がよかったからこそ体感できた、この青一色の景色。
今日だったら曇っていて、この光景は見られなかったと思うと
ちょっと風はあったけど、青空の広がる日に出掛けられたことは幸運でした。


 ランキングに参加しています
足跡代わりにクリックしていって頂けると嬉しいです
よろしくお願いします

にほんブログ村 主婦日記ブログへ 人気@BlogRanking 日記@BlogRanking
コメント (2)

国営ひたち海浜公園 1 西口~スイセンガーデン

2012-04-20 09:25:44 | 群馬・栃木・茨城
昨日は、ご近所のお友達と 国営ひたち海浜公園 までドライブ。
お花見の計画があったのですが、それぞれの都合が合わず時機を逸したので
ちょっと遠出をして、春の花を楽しんできました。



マスコットキャラクター 花ちゃん 海くん



西口 翼のゲート から入園
広い園内には、いくつかのエリアがあり
それぞれ違う種類の花のスポットに分かれています。



西口ゲートより臨む 水のステージ



まず現れるのが スイセンガーデン





黄色と白のコントラストが春らしいスポット



桜との3色コラボも美しい!











これはスズランかしら?





こちらは菜の花







桜もまだまだ頑張っています!





これもチューリップ??


この後は上の画像の先に見えている、一面真っ青なエリアへ突入  
 ・・・・つづく


 ランキングに参加しています
足跡代わりにクリックしていって頂けると嬉しいです
よろしくお願いします

にほんブログ村 主婦日記ブログへ 人気@BlogRanking 日記@BlogRanking
コメント

ココ・ファーム・ワイナリー

2008-02-18 23:01:24 | 群馬・栃木・茨城

鼎を出て、向かったのは栃木県足利市にある ココ・ファーム・ワイナリー  です。

急な坂道を上っていくと、そこはまるでフランスの農村のような、青空と急斜面の畑が広がる素敵な風景。
残念ながら、今はオフシーズンなどで枯れた山肌ですが
たわわに実ったブドウ畑の様子を想像しながら、ワイナリーに向かいます。



知的障害のある少年たちの、住む場所と労働の確保のために
1950年代、当時特殊学級の教師だった園長の川田氏が
私財をなげうって得た土地に施設を建て、山を開墾してブドウ作りを目指しました。
平均斜度38度の急勾配の南西斜面を切り開き、600本ばかりのブドウの苗木を植えたのが
この農場の始まりだそうです。

その生徒たちの暮らす学園が こころみ学園 で
こころみ学園のワイン農場だから ココ・ファーム・ワイナリー
現在、こころみ学園には90名の利用者がいます。
そのうち85歳を筆頭に50歳をこえた人は56名で
ここに働き暮らす人たちのうち、約2分の1が高齢の知的障害者です。



ワイナリーの入口風景 素朴なカントリー風の建物です。









ワインをはじめ、お菓子やジャム、オイル、お茶なども並んでいます。



 ぽんこさんがワインのテイスティングに挑戦
有料ですが、ドライフルーツやチーズのおつまみ付き 


工場内の様子などの写真も撮りましたが不鮮明なのでカットです。

しばし買い物を楽しんだあとは、併設のカフェでお茶をすることに・・・・・





コーヒーよりもオリジナルのジュースを楽しもうと言うことになり
左から ブドウジュース ブルーベリージュース スパークリングジュース ロゼ 



 夏場には外のデッキで、畑を眺めながらのお茶も楽しめます。   


最後にお土産のご紹介  



オリジナルの 白ワイン と ヨーグルトレーズンレーズンサンド
レーズンサンドは日持ちするタイプなので
六花亭のレーズンバターサンドとは味わいが異なりますが
採れたてのブドウで作られた、もちもちのレーズンが実においしい。



オリジナルの カマンベールチーズ ワインと合いそう!



かわいいエイキンドラムのポストカード 
どれもかわいいので、しばらく悩んでこの2枚を選びました。 


日記@BlogRanking    いつも応援ありがとうございます
コメント (10)