そんなに食うなら走らんと

食道楽(ラーメン中心)とカロリー消費(ランニング中心)の葛藤の日々

大むら食堂@新潟県燕市 「ラーメン」

2018-11-12 09:30:54 | ラーメン 信越地方
寿司屋にイキながら
酢飯を入れずに帰ってくるような

そういうのを果たして
スノッブというのか分からんけど




燕にイキながら
背脂を入れずに帰ってくる

そういうのは間違いなく
スノッブと言い切れるワケでして




お昼の部の
ラスト駆け込みに
子連れで一杯をシェアという




ラーメン屋にとっては
ただメンドウなはずの
それも一見客ですよ




おねいさん
めっちゃ優しいのよね




東京ではレアなハートフルに
来てヨカッタな!!感が
加速するのよね




いやしかし
イタリアンを含めて
本日まだ4つ目だというのに

かーちゃんも車の中でひっくり返ってるし
オレもぶっちゃけギリだったけど

一緒に行く?

うん!!行く!!

なんて即答の
キミの存在が
既に助けになってるパパですよ




さあ
思う存分食べなさい

パパは横から
目を細くして眺めているから




どうだ?
美味いか!!





うん!!
今日の中でイチバン美味しいかも!!
でもお腹いっぱい!!
あとパパ食べて!!





キミの存在は
全く助けにならないと
再認識のパパでした




いわゆる
豚骨煮干背脂の燕なやーつ
紛うことなきソレなやーつだけど

脂でヌラーではなくて
固茹でのバツバツ!!っての




この歯ごたえと
小気味よい喉ごしは

はち切れんばかりの胃袋を
ほんのちょっとだけ
アゲさせてくれて

大食いのおねいさんたちの
「いったいソレどこに入ってるの!?」
なんて小宇宙理論が
今のワタクシにも適用されそうに




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

すわ
モンスターにも映らんとするセアブランが
驚くほどスムースに
退治されてしまったのです


とはいえ
コレから一度も
お腹が空くことのない5日間

その初日を
まるで最終日のマインドで
噛み締めていた我が家です







ヤマダイ ニュータッチ 凄麺 新潟背脂醤油ラーメン 124g×12個
ヤマダイ


FOOD DICTIONARY ラーメン
エイ出版社


『食べ歩き』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
« 幸楽苑@六本木 「五目うま... | TOP | 葉月@雪が谷大塚 「フルモ... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | ラーメン 信越地方