日暮らし通信

その日暮らしの生活でも、感謝しています

日頃、見た事・聞いた事・感じた事・そして言いたい事などを発信します

デジタル化されました

2015年02月25日 16時37分11秒 | 日暮らし通信


写真説明: 7時過ぎの駐車場はガラガラ
●★ 写真の上でクリックすると拡大写真になります ★●

昨日は妻の通院日だった

この日ばかりは携帯電話の目覚まし機能のお世話になって3時半に起床した

今日は9時予約だが道路渋滞を回避するため、6時半に車で家を出たが、この時間帯ではたいした渋滞もなく、7時過ぎにはガラガラの総合医療センターの駐車場に着いた



しかし後一時間もすればこの駐車場も満車状態になってしまう

この医療センターは隣接地にあった都立病院がこの地に全面移転して2010年3月に開設された




写真説明: 総合医療センター
●★ 写真の上でクリックすると拡大写真になります ★●

妻の通院の度に感じるのは建物内部が余裕があり過ぎるほどの空間に満たされていることで、私が通院している街の医院とはだいぶ雰囲気が違う

それといろいろな事務処理もデジタル化されて待ち時間なども短縮されるように配慮されている

まず再診者は 「再来受付機」 にIDカード (診察券) を挿入して確認されると、自動的に 「呼出受信機」 が渡される

以後、再診者はこの 「呼出受信機」 の画面に注視し、 「○○番待合室で待機して下さい」 とか 「○○番診察室へ入室してください」 などの指示がブザー音と共に画面に表示される

勿論、カルテもデジタル化されていて、医師は必要なことをキーボード操作しながら記録するが、妻の担当医も問診しながら驚くほどの早さで文字を入力している

その他、いろいろな検査結果などのデータも全てデジタル化されて、パソコンでそれを見ることが可能だし、薬の処方、次回の予約なども全て医師がパソコン上で処理することができるのでかなりの時間短縮になっている

診察が終わると医師から必要な書類を渡されるが、それを事務スタッフが確認するともう人的な処理はここで終わる

それから間もなくすると 「呼出受信機」 に 「自動支払機で清算してくだい」 のメッセージが表示される

指示されたコーナーへ行くと数台の 「自動支払機」 が並んでいる

 「自動支払機」 には 「呼出受信機」 を入れる場所があり、そこに押し込むと確認行為が始まって金額が画面に表示され、料金を投入すると領収証書・予約券・処方箋 (院外処方のみ) が発行される

これで全ての事務処理は完了したが、最初に 「呼出受信機」 を渡され、最後に 「自動支払機」 にそれを戻すまでは再診者はデジタル化のシステムで管理されていることが判った



写真説明: 小児総合医療センター
●★ 写真の上でクリックすると拡大写真になります ★●

IT機器などに不慣れな高齢者たちは、慣れるまで時間が掛ったと思うのだが、それなりに説明するスタッフも配備されている

しかし、最近はその使い方に戸惑っている姿はあまり見ていないので、日本人は新しい物にすぐに順応する素晴らしいDNAを持っているのだろう

でもこのようなデジタル化で心配するのは ”予期せぬコンピューターのシステムダウン” が起こること

もしそうなったら大変な混乱になるはずだが、それは余計な心配事だと考えないことにしておきましょう

三か月毎の妻の通院、特に異常無しの診察結果で一安心、10時過ぎには無事家に帰りました



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 春 近し | トップ | 大失敗しました »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごい病院ですね (屋根裏人のワイコマです)
2015-02-25 19:50:30
私は近くの大学病院へかかりますが、とてもそこまでは・・
でも受付も人、保険証確認も人 診察窓口も人
呼ばれるのも人 最後の清算機はカード払いで
機械です。
その違いは、言うまでも無く人ですね、手書きカルテが
電子カルテに変わっただけのことで・・後は電子化で
人に代わって機械が・・・人も歳を重ねると労働生産性
が落ちますが機械も必ず壊れたりトラぶったり
停電したり、耐用年数が来たり・・人間と同じ
人間に代わるロボットが処理しているのでしょうね
そのうちに駐車場も入り口で車を渡して後はロボットが・・帰りは出口まて゛持ってきてくれる
そんな日が遠くは無いかもね・・・
それはともかく 奥様よかったですね。
とは言いつつも、季節の変わり目です
油断せずに お体ご自愛下さい
いろいろな設備があります (のぶまつ)
2015-02-25 20:25:16
妻を乗せた救急車を受け入れてくれたのが
この医療センターの前身である病院でしたが
その後隣接地に移転新築、改名して開設しました
開設者は都知事だった石原慎太郎さんです

その他、私が驚くのはこのセンターに付属する設備です

クリーニング店、 レストラン、 カフェ、コーヒーショップ、
ネットカフェ、 コンビニエンスストア、ATM、 銀行、
コインロッカー、散髪店、公衆電話、自動販売機
と何でもあります

そして何よりもセンター内部が綺麗です
こんな病院はあまり見たことがありませんが
いろいろな新しい発想を取り入れているようです
お早うございます (牡丹)
2015-02-26 08:49:17
私も最初は総合病院でしたが、ある程度快復すると
個人病院に紹介されて回されます。

総合病院には主治医の紹介状がないと
受診できないシステムになっています。
救急患者は違いますが・・・

3.11の震災のとき思いました。あの騒動では
病院にも行けず薬も無くなり、苦しんだ人も多かったのです。それを見て私は薬だけは一週間分だけ余裕を
もって保存しています。

奥さん異常なし、でよかったですね。
綺麗な病院に行くと少しですが気分良いですよね。
私も同じです (のぶまつ)
2015-02-26 10:51:57
牡丹さん
私も総合病院から街の医院に転院させられました
私のように薬だけであまり異常が無い人は
街医者に任せるそうです
もうその病院に30年以上もお世話になっているので
嫌だと言ったのですが、結局その通りになってしまいました

街医者は家族的な雰囲気もあるのですが
薬は一カ月しか出しません
今までは三カ月分を貰っていましたので
一か月なんてすぐなので、通院が増えました

薬のストック?
私もそう思います
何か事故があったら薬切れになってしまいます
あの大震災で懲りたのは車のガソリンでしたので
今はメーターが半分になったら
給油することにしています

東村山はまた冬に逆戻りで気温も低くなりました
午後からは雨の予報です
春到来は足踏み状態のようです

コメントを投稿

日暮らし通信」カテゴリの最新記事