靴下にはそっとオレンジを忍ばせて

南米出身の夫とアラスカで二男三女を育てる日々、書き留めておきたいこと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハヌカの独楽、五つのエレメント

2012-12-22 23:59:00 | 思うに
八日間続くユダヤの年末行事「ハヌカ」では、毎晩キャンドルを灯し祈り歌った後、独楽ゲームをします。独楽には四面ありそれぞれヘブライ語の文字が記され、回した独楽が止まった時点に上を向いている文字によって、手持ちのチョコレートコインが減ったり増えたりするというとてもシンプルなゲームです。ユダヤ教徒ではないのですが、毎年ハヌカとクリスマスの両方を祝う我が家、今年は三歳の次男も参加してこの独楽ゲームを楽しみました。

ユダヤ神秘主義カバラでは、人は五つのエレメントによって成り立っているとされます。ハヌカの独楽「ドレイドル」に記された四つの文字は、その内の四つのエレメントを象徴しています。

一.エゴ 二.肉体的欲求、三.理性、四.破壊的衝動

そして独楽には記されていない五つ目のエレメントが神性です。この五つ目のエレメントが、他の四つを司どり導くとされます。神性により、エゴは真我に、肉体的欲求は生き生きとした生命エネルギーへ、理性は持続可能な技術の発達へと、破壊的衝動は新たな創造へと方向付けられると。五つ目のエレメントが弱くなるほど、他の四つのエレメントは好き放題を始めます。

四つのエレメントを抑え失くそうとするのでなく、五つ目のエレメントを強めることにより、他の四つの互いに異なるエネルギーの持ち味を生かしていくという考え方、とても興味深く思っています。
コメント   この記事についてブログを書く
« 整理、一つ一つの「できた!... | トップ | 子供に伝えたい教え »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

思うに」カテゴリの最新記事