NLP自習室

NLP自習室はNLPを自ら学び練習する場です。NLPは行動や心理的な状態を自分にとって望ましいものに変化させる道具です。

第1143回 未来を先取りするアズ・イフ・フレーム

2017-09-19 22:03:28 | NLP
◆日時
2017年9月19(火)21:50から約60分間

◆内容
「願いがかなうNLP」(山崎 啓支 著)の「第4章 未来を先取りするアズ・イフ・フレームの魔法」の中の、
「できて当然と思えたことは実現できる」
「なりたくない状態」をゴールにしてはならない
「願望実現のためには短所克服より長所伸展がよい」
「どのフレームでみるかで、物事も違って見える」
「願望実現の最終兵器―「アズ・イフ・フレーム」」
「アズ・イフ・フレームで見違えるように変わった女性」
「ひとりの思いで会社全体が生き生きと変わった」
「「治ったら何がしたい?」という問いは最高の特効薬」
「どん底から救ってくれたのもアズ・イフ・フレーム」
「ワクワクと未来を体験すればよい結果になる」
「イメージで見たシーンが次々と現実になった」
「強く望み、長く実践することが大事」
「魔法ではない、すべては地道な繰り返し」
「過去の記憶は現在の状態が決めている」
「現在を肯定できれば、未来も過去もしあわせになる」
「だれでも無意識にイメージトレーニングをしている」
「個人の変革は一国の変革ほどに価値がある」
を読みました。

(感想)
今の自分の状態が過去や未来に影響を与えていること、
無意識に良くも悪くもイメージトレーニングをしていた自分なんだなと思いました。
今の自分をどこまでも肯定できる自分創りをまずします
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第1142回 プログラムの変化... | トップ | 第1144回 ニューロロジカル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

NLP」カテゴリの最新記事