NLP自習室

NLP自習室はNLPを自ら学び練習する場です。NLPは行動や心理的な状態を自分にとって望ましいものに変化させる道具です。

第1442回 チェインプロセス

2018-07-11 07:32:33 | NLP
◆日時
2018年7月11(水)7:00から約20分間

◆内容
「NLPの実践手法がわかる本」(山崎 啓支 著)を読んで、
チェインプロセスを行いました。

(手順)
ステップ1 手に入れたい目標を設定する。
ステップ2 タイムラインをイメージし、そして現在の位置に対置「①現在の状況」を体験する(アソシエイト)。
ステップ3 未来に向かって2歩進み、手に入れたい目標を達成した自分になりきって体験する(「⓶目標達成」の位置。)その際、五感をフルに使って(アソシエイト)体験する。
ステップ4 再び現在の位置に戻り、「①現在の状況」にアソシエイトして体験する。
ステップ5 そして、一歩歩き(⓶途中経過の位置)、未来の望ましい状態に向かって進む途中経過(中間地点)を体験する。
ステップ6 そして、さらに一歩進み再び手に入れたい「目標達成した自分」になりきって体験する((アソシエイト)。
ステップ7 今度は、手に入れたい「③目標達成した自分」の位置からさらに一歩進んで「④目標達成後の自分」の位置に進む。そこで、「④目標達成後の自分」について五感をフルに使って(アソシエイト)体験する。
ステップ8 そして、「①現在の状況」→「⓶途中経過」→「③目標達成した自分」→「④目標達成後の自分」を再度体験する。
ステップ9 ①~④のプロセスをスピードを進めながら3~4回体験する。
ステップ10 そして、最初に掲げた目標の印象がどのように変化したのかを感じてみる。

(それに加えて)
未来のイメージの自分を小さく切った画用紙に、
最初は目をつぶり、左手を使ってクレヨンで線を描き、
次に目を開けて、
さらに左手を使ってクレヨンで線や形を書き加え、
その絵を見て浮かんだ言葉を書き加えました。

(やってみて)

描いた絵は

ロウソクに炎が灯り、その周りを黄色の光が丸く広がっていく絵でした。

書き加えた言葉は、

心の灯が
あなたの周りにも
温かさを伝えていることと
覚えていて

でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第1441回 時間軸を使ったリ... | トップ | 第1443回 チェインプロセス2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

NLP」カテゴリの最新記事